仲本工事さんが事故にあった横浜の交差点の場所はどこ?重症と重体どっち

スポンサーリンク

仲本工事さん 交通事故 横浜 交差点 場所

ドリフターズの仲本工事さんが、横浜の交差点で事故にあわれたとのこと(2022年10月18日)

ネットでは「重症」「重体」と両方の情報が混ざっていますが、ニュースをみたところ「重症」が正確な情報だとわかりました。

  • 重体=命にかかわる状態
  • 重症=命にはかかわらない状態

というのが、簡単な定義となっています。

ただし、事故で負傷した場合、全治1ヶ月以上の入院治療を必要とする見込みの傷害を負っている時に「重症」と書くことが多いという事実もあります。

また、仲本工事さんは、事故の際に頭を打っていると報道もされていることから、後遺症がのこる可能性も否定できないので、早く元気な姿を見せてくれるように祈りたいです。

ところで、仲本工事さんが事故にあってしまった横浜の交差点ふきんは、大変に運転しにくい道路だったりします。

横浜に両親の実家がまだあった頃、車で何度か通ったことがある場所のため、あの辺りの雰囲気は知っていました。

しかも仲本工事さんは、歩行者横断禁止の場所を渡ってしまったとのこと。

また、仲本工事さんをひいてしまった車の運転手が横浜市の男性(73)いうことで、高齢者ドライバーにたいする風当たりが強くなっているようですが、横浜は坂が多いので、便利そうに思えても、買い物などはかなり大変だったりします。

ゆえに、「高齢者は運転するな」とは簡単に言えない環境にあると、個人的には感じております。

いずれにせよ、同じような事故が繰り返されないためにも、場所を特定しておいた方が良いのではないかと思い、地図を確認し、記録としてとっておくこととしました。

スポンサーリンク

仲本工事さんが事故にあった横浜の交差点の場所

仲本工事さんが事故にあった交差点の場所は、横浜市西区浅間町5丁目にあります。

横浜市西区浅間町5丁目の場所↓

Googleマップ上でグレーの矢印は、一方通行を表していますが、横浜の中心部周辺は、道が狭く一方通行が大変多くなっています。

横浜市は神奈川の中心都市として栄えており、当然人も多いため、運転手にとっても歩行者にとっても、あまり道は優しくできていません。

仲本工事さんが事故にあった時間帯も午前9時10分ということで、それなりに交通量はあったと思われます。

ニュースに映し出されたお店などから、仲本工事さんが事故にあってしまった交差点は、この場所の可能性が高いです↓

少しの距離の場所に、信号機のある交差点があるのですが、急いでいたか何かで、つい渡ってしまったのかもしれませんね。

仲本工事 事故 交差点 場所

日テレ速報よりキャプチャー

私も信号のない道路を横切って渡ってしまう事があるので、気をつけなくてはならないなと感じました。

子どもの頃から、ドリフターズのコントをみてきた私にとって、親世代の仲本さん達にはできるだけ元気でいて欲しいと思っています。

少し前、仲本さんの家がすっかり荒れてしまっていると話題になり、ちょっぴりショックを受けていた矢先の交通事故。

仲本さんが飼っている犬猫ちゃんたちも心配なので、良い方向での続報を待ちたいと思います。

仲本工事さんのご冥福をお祈りいたします

とても残念ですが、19日の夜、仲本工事さんはお亡くなりになってしまいました。

重症ということで、回復すると信じていたので、とても残念です。

私が子供の頃、ドリフターズを知らない人はいなかったし、お笑いの代名詞のようなグループでした。

いかりや長介さんや、志村けんさんと、天国でゆっくりしてほしいです。

ご冥福をお祈りいたします。

タイトルとURLをコピーしました