みなみ野グリーンゲイブルズクリニック|口コミにドキリ…実際に行った感想は?

スポンサーリンク

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック

みなみ野グリーンゲイブルズクリニックで子宮がんの検査&診察をしてもらいました。

八王子市の子宮頸がん検診を右田健診クリニックでやってもらったら、2次検査(精密検査)になってしまった…というお話の続きになります。

右田健診クリニック|子宮頸がん検診・乳がん検診(マンモグラフィー)を受けた結果…
右田健診クリニックで、乳がん検診と子宮頸がん検診(マンモグラフィー)を受けてきました。 まず先に言っておくと、ここ最近、ブログの更新頻度が特に落ちていたのは、この健診結果が原因となっています。 はちこの周囲には ...

今回、記事を書くにあたって、検索をしてみたところ…

みなみ野グリーンゲイブルズクリニックの口コミの低さに驚いてしまいました。

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック 口コミ 評判

まだ開院して間もないというのに、Googleの口コミ評価が2.8とは…。

病院の口コミは、あまり高いものにならない傾向が強いものの、その内容を読んでみると、かなり具体的だったりして、気になる部分もありました。

みなみ野グリーンゲイブルズクリニックはお産が出来る病院と言うのが、最も大きな特徴と言えるので、妊婦さんにとって、このような口コミは不安な気持ちになってしまう原因にもなりそうです。

はちこが来院したのは、先ほど書いたようにお産ではなく、子宮がんの精密検査のためなので、妊婦さんには参考にならないかもしれません。

また、病院(あるいは医師)の相性は、個人個人でかなり異なります。

今回の記事は「みなみ野グリーンゲイブルズクリニックって、こんな感じだったんだなぁ」という雰囲気をつかむくらいの気持ちで読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

みなみ野グリーンゲイブルズクリニックはこんな病院でした

最初にみなみ野グリーンゲイブルズクリニックを訪れたのは、午後。

右田健診クリニックで結果を聞いた後、すぐに予約をとるために来院しました。

第一印象は「とにかくキレイ!」

新しいので当たり前ですが、清潔感があふれていました。

受付の方も笑顔で迎えてくださり、予約もスムーズに。

『受付の対応が悪い』という口コミがありましたが、そういった印象はありませんでした。

ただ『私語がうるさい』という口コミについては、受付ではなく、別の場所から笑い声が響いていたので、それを「うるさい」と思ってしまう方がいる可能性はあるでしょう。

赤ちゃんを産んだばかりだとナーバスにもなっているかもしれませんし、寝不足の方もいますよね。

大きな病院と違って、入院する病棟が別にあるわけではないので、音に敏感な方はストレスを感じるかもしれないです。

はちこ自身は、特にうるさいとは思わず「赤ちゃんが生まれる場所だし、楽しく賑やかなんだろうなぁ」くらいにしか感じませんでした。

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック 院内

病院内は患者さんなどがいると撮影できないので、待合室の画像1枚だけです。

内部の様子はみなみ野グリーンゲイブルズクリニックのサイトでご確認ください。

院内の柱には、院長先生が、これまで取り上げられてきた記事の数々が貼りだされており、注目されている医師ということがわかりましたよ。

院長先生のかなり若い頃のお写真も見せていただきました。

子宮がんの2次検査(精密検査)子宮体がんの検査も…本当に痛い??

実際に検査をすることになり、再びみなみ野グリーンゲイブルズクリニックへ。

診察&精密検査は院長の桑江千鶴子先生にしていただきました。

やはり院長先生にみていただけるのは、安心感があります。

精密検査の前に、子宮頸がん検診の結果についてお話を聞くことに。

まず「びっくりされたでしょう?」と優しい声掛けをいただきました。

がんは、いまなお『死』を連想する病気です。

「患者さんの気持ちに寄り添うような言葉をもらえると、ホッとするな」と感じました。

院長先生の対応についても、あまり良くない口コミがありますが、ちょっと意外な感じです。

市の子宮頸がん検診の結果は「がん」と診断される、1個前の状態。

つまり、あとちょっと進んだら「がん」という結果になるという説明でした。
※手元に市の子宮頸がん検診の結果がないのは、みなみ野レディースクリニックに渡していたからのようですね

しかし、その後「毎年がん検診は受けてましたか?」と聞かれ「欠かさず受けてました」と答えると、通常は段階を経て細胞の異常が進むらしいようなお話です。

その時は「昨年子宮頸がん検診を受けた、みなみ野レディースクリニックで見落とされちゃった??」と、ついつい思ってしまいました。

また、異常が出た細胞は、子宮の中から出てきたものだとか。

細胞の種類が子宮頸がんと子宮体がんとは、違うんだそうです。

そこで、子宮体がんの検査もすることになりました。

普通の子宮頸がん検診は細胞をこするだけだけど、今度はバチンと細胞を切り取るとのこと。

また、子宮体がんの検査って、痛いって有名じゃないですか?

どちらも、めちゃくちゃ痛そうです…。

覚悟はしていたものの、かなりの恐怖でした。

が、そんなことを言ってはいられません。

気持ちを落ち着けて、内診台へ。

精密検査中は「痛くないですか?」と声をかけていただいているうちに、あっという間に終了しました。

多少チクりとした痛みはありましたが、想像していたより、ずっと痛くありませんでした!

痛みに対する感度は、個人差があると言います。

はちこが、痛みに対して鈍いのか、院長先生の腕が良かったのかは、実際のところわかりません。

でも、今までずっと子宮頸がん検診を受けてきて「うわぁ、この先生、下手なのかな?今日はえらく痛いんだけど」と思った事もあるので、腕の違いというのはあるような気もします。

子宮体がんの検査している間は、さほど痛くなかったのですが、その後、数日の間は出血と生理痛のような痛みはありました。

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック 子宮体がん検査

けれど、このような注意書きをいただいていたので、安心することができました。

子宮がんの精密検査|費用はどのくらい?

子宮がん 精密検査 費用 価格

こちらが子宮頸がん検診の結果うけることになった精密検査の費用になります。

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック 精密検査 費用

検査内容の内訳はこんな感じ。

正直、費用の高さにはびっくりしました。

その時は「精密検査って、高いものなんだなぁ」くらいの気持ちだったのですが

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック 費用 口コミ

Googleの口コミに、他の産院より血液検査が6千円も高いという書き込みを見つけてしまい、ちょっと疑問がわいたりもしました。

ただ、右田健診クリニックでもらってきた検診費用のリストを見返してみると

右田健診クリニック 検診 費用

子宮体がんの検診は、けっこうお高いので、お薬代や初診料がのっていることも考えると、普通なのかもしれません。

口コミの内容に書かれている「過剰な血液検査」については、慎重な姿勢ともとれなくはないですし、このあたりは「どういう方向性で診療や治療をして欲しいか」という、個人の考え方の違いによっても変わりそうですね。

私自身も、今回改めて口コミを見直したことで、いろいろと勉強になりました。

精密検査|結果が出るまでの時間は?

クリニックでは「1週間くらいあれば検査結果が出ていると思います」と言われ、ちょうど1週間後に電話をしたのですが、その時は検査結果が出ていませんでした。

「検査の結果が届いたら、こちらからご連絡します」と言っていただいたので、待っていたのですが、その日を含めて3日過ぎても連絡がありませんでした。

結局、もう一度こちらから電話をしてみたところ「検査結果出てますね」とのこと。

はちこが聞き間違えたか、あるいはもう少し待っていたら電話が来たのかも?とも思ったのですが

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック 口コミ 評判

電話連絡については、スタッフ間の連携がうまくとれてないのかも?

「折り返します」と言われて、なかなか電話が来なかったら、自分からかけなおしちゃった方が良さそうです。

精密検査の結果は??今後はどうなる?

検査結果が出るまでの間、両親は気が気でなかったようですが、私自身は「最悪、がんで死ぬことになったら?」というところまで考えるきっかけになり、家族や平凡な毎日に感謝する日々を送っていました。

「痛かったり、怖い思いをするのが、子どもたちじゃなくて良かった」とまで思い、妙に落ち着いてしまったりして。

それでもやはり結果は気になります。

結果が出ていると聞いて、すぐに予約をとってクリニックへ向かいました。

その結果は【陰性/悪性ではない】【異形細胞を認めません】

結果も院長先生からお聞きしたのですが「やっぱり異常はありませんでしたね」とのお言葉。

超音波検査と内診をした際、異常な部分が全く見られなかったので「やっぱり」ということだったようです。

「ただ、子宮頸がんの検査を受けた時に、何らかのトラブル…例えば炎症を起こしていた…といったものがあったから、結果に出てきたと思われるので、3か月に1度くらい検査をしていきましょうしていきましょう」

とも言われました。

先生のお話によると、検査結果と実際のところがかけ離れてしまうということはあるんだそうです。

これを聞くと「なんだ、がん検診ってやらなくていいんじゃない?」と思う方がいるかもしれませんが、はちこは「やっぱりがん検診は受けた方が良いな」と実感しました。

子宮頸がん検診を1万人が受診すると、150人が「異常あり」と判定され、精密検査(二次検診)を受けるように勧められます。
精密検査を受けた人は125人でした。
そして、125人の中から1人に子宮頸がんが発見されたという割合になります。

子宮体がん検診を1万人が受診すると、100人が「異常あり」と判定され、精密検査(二次検診)を受けるように勧められます。
精密検査を受けた人は87人でした。
そして87人の中から16人に子宮体がんが発見されたという割合になります。

日本対がん協会より

これを読んでどう思われますか?

以前、京王産婦人科で検診を受けた際、お隣で結果を聞いている方の話が聞こえてきてしまった事がありました。

その方ははちこと同じように、精密検査の必要があるとの結果が出てしまい、先生に「今月は仕事が忙しくて」と言っていたのですが、先生からちょっときつめの口調で説得されてました。

検診を受けた結果、2次検査と言われたにも関わらず、精密検査へ行かないのは、何の意味もありません(怖いのはわかりますが、行かない方が絶対怖いですよ!)

お金も時間も、そして仕事も大切なものですが、命あって、はじめて活かせるものですからね。

そういえば、次の予約をとってから帰ってこようと思ったのですが、3か月も先の予約はとれないとのことでした。

みなみ野グリーンゲイブルズクリニックの駐車場|午前中は満車の可能性も!!!

みなみ野グリーンゲイブルズクリニックの駐車場は建物の裏手側に、かなりの台数が停められるようになっています。

にも関わらず、午前中に検査結果を聞きに行ったら満車でした。

診察を受けている方も、午前中はめちゃくちゃ多かったです。

それでも、予約制なので診察そのものを待たされることはないのですが、みなみ野グリーンゲイブルズクリニックって、交通の便は良くないので、ほとんどの方が車で来ると思うんですね。

どうしてもクリニックの駐車場に停めたい方は、午後の方が空いている可能性が高いかなと思います。

大きな声じゃ言えませんが、すぐ近くにあのスーパーがあるので、はちこは「帰りにお買い物をします」と呟きつつ、停めさせてもらいました。
※ちゃんとお買い物しましたよ!

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック|後記

「子宮頸がん検診に引っかかって精密検査をしたんだよ」

と、友だちにしたところ、なんと同じ日に彼女もみなみ野グリーンゲイブルズクリニックに来ていたんだそう。

うちの車を駐車場で見かけ、心配してくれていたようです。

彼女もはちこも「長生き願望」は少なく、一緒にぽっくり寺へ行ったりして「死ぬならぽっくり逝きたいね」なんて話をする仲だったりします。

痛いところや不調な部分が増えてきて「もっと年取ったらどうなっちゃうんだろう…怖いね」なんて話すこともしばしば。

今でも「ぽっくり願望」は変わりません(だって痛くて苦しいのは嫌です!)

が、今回の一件を経て「まだ死ねないなぁ」と思いました。

私自身がというより、家族が耐えられなそうなので。

よく『人は基本的に孤独だ』と言いますが、「死」というものに直面するような出来事があると、いかに自分が周囲の人に支えられているか実感します。

子どもたちが大きくなってからは「私が死んでも、実質的に困る人はいない」と思っていましたが、悲しむ人がいるということは「困る人がいる」につながっている気がしました。

そして、そのことが生きる意味になるし、感謝すべきことなんだろうと思います。

子宮がんについては、このような良い結末になりましたが、相変わらず肩から腕が痛く、少しずつ悪化している状態です(本当はパソコンなどはやらない方が良いと思われます…なのにブログを書くはちこ)

しんどいことに違いはないのですが、以前より明るく楽しい気持ちを手にしたような気がします。

みなみ野グリーンゲイブルズクリニックとは全然関係ないのですが「死」に関するお話をしたところで、ぜひご紹介をしたい動画があります。

きほどお話した彼女が教えてくれたのですが、お坊さんなのに本当に色々なことについて的確なアドバイスをしてくださる大愚和尚様の動画です。

はちこは宗教という物が嫌いだったのですが(信仰はあります)、大愚和尚さんの動画を見て「スピリチュアルや宗教、心理学など、よりよく生きるための考え方は全部同じところにつながっているのかもしれない」と思うようになりました。

もし、何か悩みがある方は、参考になる動画があるかもしれませんよ。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

2次検査(精密検査)になっている方が多数!

今回の記事を読んで、「がん検診に行かないと」というコメントをくれた読者さんが多数いらっしゃいました。

女性だけでなく男性からもいただき、少しでもお役に立てているのがわかり嬉しいです!

さて、その際にけっこう多かったのが

私も精密検査になったことあります

というコメント。

子宮頸がん検診よりも、乳がん検診で精密検査になった方が、多くいらっしゃいました。

実は、はちこも乳がん検診で「乳腺炎のようですが、必ず毎年乳がん検診を受けてね」といった警告的なものを受けたことがあります。

はちこは精密検査まではいかなかったのですが、乳がん検診で2次検査になった場合は、胸に針をさす『針生検』を受けるんですね。

友だちもそれをしたことがあり「すごく怖かったから、気持ちわかるよ」と言ってくれました。

みなみ野グリーンゲイブルズクリニックの記事を読んでくれる方が多いので、参考までに書いておくと、友だちの場合はブラジャーのワイヤーがよく当たる場所が硬化したことが原因だったと言ってました。

以来、ワイヤーなしのブラジャーをしているそうです。

さきほどご紹介した大愚和尚様は、整体師もやっておられたので、人の身体についても詳しいのですが、動画の中で「人の身体に関することの9割はまだ解明されていない」といったお話もしていたことがあります。

「まさか、こんなことで?」というようなことが原因で、検診結果に影響したりすることもあるので「精密検査になった=がん=怖い=行きたくない」ではなく、安心するためにも検査を受けに行った方が良いですよ!

医療・病院関連の記事はこちらからどうぞ

みなみ野グリーンゲイブルズクリニック|基本情報

住所〒193-0935
東京都八王子市大船町1001
電話042-663-1101
営業時間午前:9時00分~12時00分
午後:13時30分~17時00分
定休日日曜日
サイトみなみ野グリーンゲイブルズクリニック

※情報は変更している場合があります。来店する際は事前のチェックをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました