日々良野高原 服部牧場( 愛川町半原)お花見しながら動物ともふれあえる!

スポンサーリンク

こんにちは、雑記ブロガーのはちこ  @infohachiouji です。

愛川町半原にある服部牧場でお花見をしながら、動物とのふれあいを楽しんできました!

服部牧場へは以前行った事があるのですが、かなり前のことだったので「めっちゃ楽しい牧場になってる~!」と驚いてしまいましたよ。

お弁当は車で5分ほどの場所にあるオギノパンのパン(←おすすめ)をどっさり買ってからむかいました。

スポンサーリンク

服部牧場の場所はどこ?

服部牧場は、神奈川県の田舎といった場所にあります。

服部牧場の場所はここです↓

住所:〒243-0307 神奈川県愛甲郡愛川町半原6087
電話:046-281-0917
営業時間:10:00~17:00
服部牧場

車だったら、ちかくに宮ケ瀬ダムもあるので、ちょっとした観光スポットめぐりができますよ。

服部牧場は1969年(昭和44年)に開かれた、歴史ある牧場になります。

縄文土器まで発見されたということ。

最初に書いたように、この辺りは神奈川の田舎ですから、現代人が住むには不便です。

でも、服部牧場の近くには中津川が流れていますし、昔の人にとっては、水や食料が豊富で、暮らしやすかったのかもしれませんね。

こちらが服部牧場の案内図。

駐車場(無料)に停めてすぐのパドックに放牧された牛さんたち

駐車場につくなり、こんなに近くで、牛さんたちを見ることができますよ。

お花見シーズンにも最適の服部牧場

服部牧場は、お花見シーズンにはとてもにぎわいます。

桜がきれいですね。

子ども向けの遊び場も設置されていました。

オギノパンでパンを買ってから、服部牧場に来ている方、写真にも写っていますね。

オギノパン工場見学・直売店へ|あげぱん&カレードーナツの行列にも並んでみた!
オギノパンの工場見学&揚げたてのあげぱん・カレードーナツを買いに行ってきました! オギノパンで有名なのは『丹沢あんぱん』 ただのあんぱんだけではなく、色々なフレーバーがあるのがウリのあんぱんです。 ちょっと小ぶりの...

はちこ達もオギノパンを食べて、腹ごしらえ。

そのあとは、少し離れたところで咲いていた、満開の桜をながめました。

写真素人でも、きれいに撮影できた気がします(電線は見なかったことにしてね)

私たちは、オギノパンでお昼を用意しましたが、お弁当を持って行かなくても大丈夫です。

服部牧場にはアイス工房やソーセージ工房なども完備されています。

買って持って行った方が安いですけど、牧場だけにソーセージはおいしいはず!

服部牧場なら手ぶらでバーベキュー(予約制)

お弁当は作りたくないし、どこかで調達するのも面倒という場合には、バーベキューもおすすめ。

完全に手ぶらでバーベキュー出来るプランもありますし、屋根付きになっているので、日焼けが気になるママも安心ですよ。

バーベキュー以外にも、磯沼牧場では『牧場で宿泊キャンプ』という、アウトドア初心者には安心して取り組むことができそうなプランも用意されています。

予約は全てじゃらん経由で行っています。

じゃらんで服部牧場を確認してみる

服部牧場で動物とふれあおう!

牧場内には、使わなくなったトラクターなどが遊具になっています。

これには、自由に乗って遊べますよ。

しっかりペイントしてあるので、きれいだし、かっこいいです。

やぎの餌やりをすると、もっと近くで観察できます。

子ヤギもいて、ほんとうに可愛いんですよ。

お次は、アヒル小屋へ。

手前の真ん中にいるアヒルが可愛い

(確かに美人…)

めんくいか!

服部牧場のオウム

狂暴注意なオウム

ただ、小さいお子さんを連れている場合は、ちゃんと見ていてあげてくださいね。

小動物に噛まれる事故って、けっこう多いので(実は経験者)

写真のオウムさんは、かなり狂暴なお方のようで、注意書きも用意されていました。

撮影した時もいきなりバサ~っつっと近寄ってきて、かごにガシガシ食いついてましたよ(怖い!)

ベイブのような子豚がいました!

かわいい🐷

うちでも子ブタ飼おうぜ~

ミニブタでも大人になったら、こんなに大きくなるから無理(笑)

服部牧場の豚

これでもミニブタです

ど~ん!

うまそう。

食うw

おいっ!

ミニサイズのままのマイクロ豚なら飼ってみたいけどなぁ。

子牛…天使でしょ

抱きしめたくなる可愛さです。

尊い(←言いたかっただけ)

ふもふもふも…黒い羊って、ショーンみたいで好き。

通路に顔を出して草を食べるお馬さん。

迫力の牛さん。

写真がありすぎて、紹介しきれないです。

トラとか、熊とか、パンダさんとかはいませんが、ばっちり動物園気分が味わえました。

これだけ見学出来て無料だなんて、お得すぎますよね。

服部牧場でしか手に入らないお土産も

アイスクリームを売っている建物内にはお野菜も販売してました。

アイスクリームの価格はシングル380円、ダブル650円。

人気のアイスクリームなので、行列ができてましたよ。

「数量限定!あったらラッキー」と書かれたうみたて卵コーナー。

「われるのでさわらない」と書いてあるので、小さい子は注意ですね。

アヒルの卵も売ってます。

どんな味なんだろう?

服部牧場限定販売のさくさくキャンディーもありました。

日持ちしそうなので、お土産にもなりそうですね。

動物たちに餌やりをしたい場合は、アイスクリーム工房で餌を売っていました(たしか100円)

この後、宮ケ瀬ダムによろうとしたのですが、駐車場が満車で、停められませんでした。

お花見シーズンに宮ケ瀬ダムへ行って、車が停められなかったら、帰らずに、ぜひ服部牧場へ行ってみて下さい。

もしかすると「ダムより牧場の方が楽しい」と、お子さんは喜ぶかも?

おすすめ観光スポットです!

ぜひ足を運んでみて下さいね♪

ツイートしたら、服部牧場の公式からコメントまでもらっちゃいました!

タイトルとURLをコピーしました