高尾駒木野庭園|入園料無料!駐車場完備|カフェもあります

スポンサーリンク

こんにちは、雑記ブロガーのはちこ  @infohachiouji です。

裏高尾にある【高尾駒木野庭園】を見学してきました。

高尾駒木野庭園は入園料無料の庭園。

無料とあれば、絶対見学した方がお得ですよね。

比較的こじんまりとした庭園でしたが、お庭だけでなく、古民家の見学などもできるんです。

はちことしてはツボな施設だったので、写真を撮りすぎて、どれを紹介するか迷っています。

どのようにアクセスするか迷う方が多いので、行く前にはアクセスも要チェックですよ。

スポンサーリンク

【高尾駒木野庭園】へのアクセス|駐車場完備

高尾駒木野庭園の場所はここです↓

高尾駒木野庭園は高尾駅と高尾山口駅の中間地点辺りを、少し西へ入ったところにあります。

徒歩で訪れる場合、どちらの駅からも15分程度。

すこしだけ、高尾山口駅からの方が近いかな。

車で行く場合、甲州街道(国道20号)にある「西浅川」という交差点を西へと入っていきます

入ったところの道は都道516号線になります。

都道516号線はすこしだけ道が狭いのですが、バスも通っているので、車で行くことは可能です。

私たちは徒歩で向かったのですが、「西浅川」交差点の分岐で少し迷いました。

車にナビがない場合は、事前に地図を確認しておいた方が安心です。

都道516号線を進んで行くと、左手側に高尾駒木野庭園が見えてきます。

516号線へ無事に入ることが出来れば、あとは1本道なので安心してください。

道路に看板が設置されているので、左折して、すこし奥へ進むと駐車場があります。

高尾駒木野庭園は駐車場が閉まる時間に注意!

駐車場はとても広々しているように見えます。

ただ、公式サイトによると8台+思いやり・障害者用各1台と書かれていました。

今回は、がら空き状態でしたが、行事があったり、お花見のシーズンは満車になることもあるようです。

また、駐車場の開いている時間が季節によって違っており、冬場はかなり早い時間に閉まってしまいます。

<駒木野庭園 駐車場 開場時間>

  • 4月~8月:9:00~18:00
  • 9月~10月:9:00~17:00
  • 11月~3月:9:00~16:00

すぐ近くには遊歩道梅林があり、散歩にもおすすめのコースです。

高尾駒木野庭園を見学がてら、近所を散策する場合、駐車場の閉場時間には気をつけてください。

高尾駒木野庭園には古民家(カフェ付き)もある

高尾駒木野庭園の中には、住居兼病院として使われてきた古民家が残っています。

古民家は、すぐお隣にある駒木野病院が改名するまえの小林病院だったと説明されていました。

元病院の古民家…なんか別の意味でもドキドキする

平屋部分の母屋が建てられたのは大正ということなので、まさに古民家です。

古民家は車いすでも見学可能

古民家の外には車いすの方でも見学ができるように昇降機が設置されていました。

昔ながらの家は段差が多いですが、しっかり対策がされていました。

古民家カフェも入館無料

古民家の中には、ちょっとしたカフェもあります。

ただし、ラストオーダーは閉園時間の1時間前(午後3時)と、かなり早いので、カフェを目当てに来園する場合は、この点にも注意が必要です。

カフェでお茶をする場合は、入り口の受付で注文する形になります。

日当たりの良い席でお庭を眺めながら、カフェタイムを満喫したり…

和室でゆっくりすることも出来ます。

そして気になったのが…

床下収納?!

畳の和室に突如として現れたのですが、特に説明は見当たりませんでした。

一体何なのか、受付の方に聞いてみれば良かったなぁ…。

カフェですが、注文しなくても見学は無料でできるようになっていました。

高尾駒木野庭園はアンティーク好きにおすすめ!

そして、こんな古い家電も展示されていました。

さすがに動いてはいないと思うのですが…電気冷房機と書かれています。

エアコンって最初はこんな感じだったんですね。

さすが病院、輸入して設置したんでしょうか?

電気冷房機の下には、これまたレトロな金庫が。

インテリアとしておいておいたら、かっこいいかも。

このガラス窓も、かわいいなぁ。

次に家を建てるとしたら、和の雰囲気もとりいれてみたい。

下半分だけをすりガラスにしている昔の人の知恵が素敵です。

カーテンがなくても、光を入れて、外からも見えにくいし、すごい!

玄関のたたきも良い感じ。

うちはピンク系のタイルをいれたのですが、汚れが目立つ上に、いくらお掃除しても落ちないんです。

リフォームするんだったら、こんな感じにしてみたい。

欄間(らんま)には、山の彫刻が施されています。

お寺みたいですね…高尾山かな?

これは何のため?からくり忍者屋敷?

からくりと言えば…

途中で「高尾駒木野庭園 建物地下室の様子」という説明を見つけました。

和室に地下室への入り口があると書いてあったので、探してみることに。

楽しい!

地下室への入り口はここかな?

防空壕ではないか?という説が濃厚のようですが、作られた目的ははっきりしていないんだそうです。

出口はお庭に通じているのですが、現在は封鎖してあると書いてありました。

怖いけど、見てみたい…。

残念ながら、2階の見学もできません。

他にも写真が残っていますが、この辺りで庭園に出てみますよ。

駒木野庭園の枯山水

高尾駒木野庭園 枯山水

高尾駒木野庭園の見どころの一つが、この枯山水。

風情があって、京都に来たような気分になりませんか。

癒しの音色|水琴窟

こちらは庭園内にある水琴窟です。

お水は流れていないので、備えつけの柄杓でたまっているお水を流します。

大きめのじゃり石が敷いてあるところにかけると、中できれいな音色がしてきますよ。

癒される~

ずっと聞いていたい

水琴鈴を買おうか迷っているほど、こういう音色が大好きなんです。

水琴鈴は、音色を楽しむだけではなく、厄除けの効果もありお守り代わりにもなるんですよね。

ひとしきり音色を楽しんだ後、ぐるりと庭園をめぐりました。

わらぼっち(左) 雪吊り(右)

植物たちは、雪に備えて、冬支度をしてもらっています。

雪と言えば八王子駅前での撮影が有名ですが、高尾はさらに積もると聞きました。

ハートの模様が彫刻された灯篭は、ころんと可愛い形です。

大きな池にいる鯉は、寒いからか、みんなじ~っとしてました。

パンでもちぎってあげたくなりますが、鯉に餌はあげちゃだめって書いてありましたよ。

とっても小さい金魚みたいな赤ちゃん鯉もいて、可愛かったですよ。

撮影しようと頑張ったのですが、池に落ちそうなのでやめときました

冬なので枯れてますが、蓮池もあります。

蓮の花は夏に咲くので、その頃にくるときれいでしょうね。

蓮の花は午後には閉じてしまうので、来館するなら朝一番で訪れるのがおすすめですよ。

池の真ん中には、一番大きい雪吊りがありました。

この日は、雲がかかっていて見えませんが、晴れていたら山々を背景にして、もっと絵になるはず。

雪が降った後の光景も見てみたいです。

高尾駒木野庭園には高尾山でも見ることが出来る”シモバシラ(霜柱)”という植物も育成されているとパンフレットに書いてありました。

虫の卵みたいですが、氷柱なんだそう。

植物大好きなので、見てみたかったです。

他にも、春にはニリンソウ、夏にはさきほどご紹介した蓮、秋にはセキヤノアキチョウジといった植物を鑑賞することも楽しめます。

高尾駒木野庭園の感想まとめ

高尾駒木野庭園のレポート、いかがでしたでしょうか?

さて、最後になりますが

この丸い石って何だかわかりますか?

お庭の踏み石のところに置いてあった謎の石です。

紐が巻いてあるので、何かに使う石ですよね。

スタッフの方が見当たらなかったので、謎のまま帰ってきてしまったのですが、友だちは「なんだか怖い~」と真剣にふるえてました。

「何これ、おもしろ~!何に使うのか知りたい!」と思った私と、繊細さに差がありすぎ!

ブロ友の鳥天さんが「石、もしかしたら止め石かなぁ?進入禁止の意味で置く石」とコメントをくれました!
風情のある場所にいきなり「進入禁止」って看板があったら、雰囲気が台無し
石をおくことで「入らないでね」って意味をこめているんだとしたら、素敵だなぁと思いました。

それにしても、裏高尾って面白いです。

実はこのあと、すぐ近くにあるお蕎麦屋さん「蕎麦と杜々」へ行ったんですが、その道すがら

「ここは東京?」

というような謎なものを見つけたりしました。

甲州街道も、高尾の方へ向かうほどに、雰囲気が変わっていきますし、道沿いにあるお店も街中のそれとは全然違うんですよね。

よければ、蕎麦と杜々の食レポもご覧ください↓

蕎麦と杜々(とと)八王子市高尾|まさに隠れ家!アクセスのチェックは必須w
高尾にあるお蕎麦屋さん【蕎麦と杜々(とと)】へ行ってきました! インスタ映えするお蕎麦を見て以来、1年以上「行ってみたい」と思っていたお蕎麦屋さんだったんですよ~。 高尾駒木野庭園が本来の目的だったのですが、友だちが「蕎麦と杜々...

いつか、高尾駒木野庭園のイベントも行ってみたいです。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

高尾駒木野庭園|基本情報

住所〒193-0841
東京都八王子市裏高尾町268−1
電話042-663-3611
営業時間春夏 4月~8月:9:00~18:00
秋 9月~10月:9:00~17:00
冬 11月~3月:9:00~16:00
入園料無料
定休日なし(年末年始を除く)
サイト高尾駒木野庭園

※情報は変更している場合がありますので、事前のチェックをお願いします。

タイトルとURLをコピーしました