ドラマ悪女(わる)8話|あらすじネタバレ感想|桜井ユキがワーキングマザーの苦悩を演じ

スポンサーリンク

悪女 わる ドラマ ロケ地

ドラマ悪女8話のあらすじネタバレ感想です。

8話では、桜井ユキさんが2児の母役を演じました。

テーマはワーキングマザーの苦悩…備品管理課に戻されてしまった麻理鈴は、この問題にどう立ち向かって行くのでしょうか!

7話のあらすじネタバレはこちら↓

ドラマ悪女(わる)7話|ロケ地&ネタバレ感想|伝弥の自宅はどこ?
悪女(わる)7話を見ました。 今回は悪女(わる)7話のあらすじネタバレ感想を書きたいと思います。 あらすじネタバレの中にはロケ地情報も盛り込んでいきますよ。 悪女8話のあらすじネタバレはこちら↓ 悪女(わ...
スポンサーリンク

ドラマ悪女8話|あらすじネタバレ

備品管理課に戻された麻理鈴は…

7話で社内政治を学んだ麻理鈴(今田美桜)は、峰岸(江口のりこ)から教育されたような悪女へとなっていきます。

しかし、次期社長に決まった島田(小木茂光)は、そのことに怒り、峰岸に対し「麻理鈴を切れ」と指示。

麻理鈴は、最初に配属された 備品管理課 へと戻されてしまいました。

小野(鈴木伸之)山瀬(高橋文哉)は、麻理鈴のことを気遣います。

麻理鈴は、頑張って明るく振舞いますが、内心は落ち込み気味。

先輩社員も早期退職で、勤務は今日までと言います。

その上、備品管理課 の仕事は減るばかりで暇を持て余す麻理鈴は、居眠りをするほどです。

結局、備品管理課 に残ったのは、課長の竹内(佐戸井けん太)と2人だけに。

そんなところに、企画開発部からマミコ(桜井ユキ)が異動してきたのでした。

連続して2人の子どもの育休と産休をとったマミコは、企画開発部に復帰したものの、時短勤務をせざるを得ません。

企画開発部に居づらくなったマミコは、自ら企画開発部から備品管理課 へと異動を願い出たという経緯がありました。

育児に追われ、仕事に専念できないマミコは、心苦しさのあまり「すみません」が口癖になっています。

しかし、マミコはひそかに企画を書き溜めていたのでした。

そのことを知った麻理鈴は、備品管理課 でも、新しい仕事を始めよう!と決意します。

備品管理課を出世させようとするも

手始めに麻理鈴は、備品管理課の整理をはじめ、備品のリストを作成し、必要と思われる部署に配ることに。

そのことは社内で評判となり、備品管理課にたくさんの部署から依頼がくるようになりました。

麻理鈴とマミコは大喜びします。

計画は大成功したものの、その反面、忙しくなってしまったマミコは、育児や家庭の仕事に支障をきたし始めてしまいます。

峰岸からもらった「お助け券」の力を借り、マミコは現状を乗り切ります。

無事に仕事を終え、麻理鈴のアパートで峰岸も含め晩酌をしながら、マミコの話を聞きます。

なりたくてなったはずの母親なのに、自分の人生を生きてないような気がするとマミコはこぼします。

麻理鈴はワーキングマザーがかかえる厳しい現実を思い知るのでした。

そんな中、社内政治の影響で、オウミの13階の1室に空室が出ることが判明します。

麻理鈴は、備品管理課を備品開発課に改名、13階に備品管理課を移動させようと企みます。

個人が出世するのではなく、課そのものを出世させてしまおうという試みでした。

しかしそれらのことは、社内規定違反なので、やめるように指摘されてしまいます。

その上、麻理鈴とのかかわりの中で、仕事にやりがいを求め始めるものの、家事や子育てに支障が出てきてしまうマミコ。

少しずつ疲れがたまってきているマミコをみた麻理鈴は「自分が追い詰めているのでは?」と悩むのでした。

麻理鈴は13階を勝ち取れるのか?

そんな折、アパートに帰った麻理鈴は、天井からの水漏れを発見、小野に助けを求めます。

小野は「あんまり無理するなよ」と麻理鈴を心配し、頭に手をのせるのでした。

時短勤務に恐縮し、謝ってばかりのマミコ…帰りのバスでスマホを見ていると、乗っていた女性に「スマホばかり見ていると子どもが可愛そうよ」と指摘されてしまいます。

一方、麻理鈴と山瀬は、竹内課長の自宅へ誘われ、カニをご馳走になることに。

奥さんから、課長が自分のために出世することはなかったという話を聞きます。

竹内は、奥さんとの生活が第一で、会社では平和に暮らせればそれで良いと言うのでした。

帰り道、T.Oさんが女性とハグする姿を見かけてしまう麻理鈴。

一緒にいた山瀬は、ショックを受けている麻理鈴を心配しアパートまでついて行きますが、慰め方がわからず峰岸にSOSを頼むのでした。

愚痴をこぼす麻理鈴に、峰岸は「つまらなくなった」と言いながら、結局のところ励まします。

そして「ルールを熟知すれば勝てる」と出世100か条を麻理鈴に教えるのでした。

オウミの社内規定をはりきって勉強し始める麻理鈴に、マミコは「備品管理課はいまのままでいいと思う」と諦めたようなことを言い出す。

しかし麻理鈴は、子育てしているだけなのに、どうしていろいろなことを諦めなければならないのかと疑問をぶつけ、マミコと竹内に協力を求めます。

が、竹内は「自分は体調が悪いから、これからは麻理鈴が備品管理課 課長代理」だと言って、麻理鈴に権限を与えることに。

必死で社内規定を覚えた麻理鈴は、総務部会議に出席。

13階への移動を見事勝ち取ったのでした。

落としても這い上がってくる麻理鈴に、島田(木茂光) は「使い道があるかもしれない」と峰岸に言います。

そして、謝ってばかりいたマミコも、企画開発部にもどるべく、図々しく交渉に挑むのでした。

峰岸からJK5のメンバーに誘われた麻理鈴。

また一歩出世の階段を上ることになるのか…(悪女9話につづく)

ドラマ悪女(わる)9話|あらすじネタバレ感想|峰岸&T.OさんVS麻理鈴の結末は?10話あらすじもチェック
ドラマ悪女9話のあらすじネタバレです。 2022年6月8日(水)放送されるのは『9th STAGE 女性の管理職5割計画(JK5)』 8話では、峰岸さんが麻理鈴をJK5にスカウトしていましたね。 8.5話のサイドス...

本編より面白い?悪男のネタバレ感想はこちら↓

悪女(わる)8.5話【コクハラ】あらすじネタバレ感想|小野忠(鈴木伸之)がコクハクハラスメント?!その意味は?
悪女(わる)のサイドストーリー 悪男『コクハラ』をみました。 悪女の中で、実に良い味を出している小野忠(鈴木伸之)と、麻理鈴(今田美桜)大好き人間の山瀬修(高橋文哉)の二人が主役のサイドストーリーになります。 コクハ...

ドラマ悪女(わる)8話|感想

悪女8話をみての感想は

やっぱり麻理鈴みたいな人と働いてみたい!

毎回毎回こう思います。

私は、会社員をしていた頃、働くことにやりがいを覚えてことも、求めたこともありません。

ちょうどマミコのように、結婚し母親になることが夢でした。

が、マミコが8話の中で言った言葉

なりたくてなったはずの母親なのに、自分の人生を生きてないような気がする

これと似たようなことを、私も感じたことがあります。

マミコは自分が子供が欲しいと望んだからと、夫の手伝いは期待しないようにしています(8話の中で夫の姿はチラリとも出てきませんでしたね)

もともと積極的に家事育児に関わってくれる夫ではない場合、女性は多かれ少なかれ「こうして欲しいけど…」という夫への期待を封印しながら過ごすのではないでしょうか。

中には、体力が持たず、結局一度は仕事を辞めるという選択をする人も少なからずいると思います。

でも、麻理鈴のような人が近くにいたら、自分も正当に図々しくなってもいいんじゃないか?という勇気をもらえるような気がするんです。

が、峰岸がラストで「なぜ図々しくならなくてはならないのか」と言ってましたね。

図々しくならなくても、女性が子供を育てながら働ける環境をつくるということは、とても大切なことです。

長引く不況の中、経済的な理由で子どもが持てない夫婦もたくさんいます。

少子化を問題とするならば、もっと女性が働きやすい環境になることは必須です。

悪女は、コメディのように見えながら、実は社会問題を描いているドラマ。

きっと麻理鈴は、痛快な最終回を私たちにみせてくれるでしょう。

9話の放送が楽しみですね!

タイトルとURLをコピーしました