悪女(わる)8.5話【コクハラ】あらすじネタバレ感想|小野忠(鈴木伸之)がコクハクハラスメント?!その意味は?

スポンサーリンク

悪男 ドラマ ネタバレ 感想 あらすじ

悪女(わる)のサイドストーリー 悪男『コクハラ』をみました。

悪女の中で、実に良い味を出している小野忠(鈴木伸之)と、麻理鈴(今田美桜)大好き人間の山瀬修(高橋文哉)の二人が主役のサイドストーリーになります。

ドラマ悪男(わる)2話ネタバレ感想|悪女より面白いかも!鈴木伸之と高橋文哉のかけあいは必見!
ドラマ悪女(わる)のサイドストーリー 悪男2話をみました! こちらも読み方は「わる」なんですね~。 悪男1話では山瀬修(高橋文哉)が小野忠(鈴木伸之)にコクハラ(告白ハラスメント)についてレクチャー。 告白シミュレ...
スポンサーリンク

コクハラとは?

コクハラとは「コクハクハラスメント」の略。

意味はと言うと

脈がないのに異性に身勝手な告白をすること

だとか。

ん?ちょっと意味不明です(・・?

脈がなくても告白したら心が動くぜ!くらいに思っている、昭和な私。

過去にコクハラしたことがあります(。+・`ω・´)キリッ

いやぁ、世の中ハラスメントだらけですね~。

少子化になるのは当たり前ってものです。

ただし、これはいじめと同じで「相手が不快になったらアウト」ということらしいですよ。

さてさて、麻理鈴(今田美桜)が好きなのはT.Oさんですが、小野&山瀬が告白したら、それは「コクハラ」になるのでしょうか?

ドラマ悪女(わる)8話|あらすじネタバレ感想|桜井ユキがワーキングマザーの苦悩を演じ
ドラマ悪女8話のあらすじネタバレ感想です。 8話では、桜井ユキさんが2児の母役を演じました。 テーマはワーキングマザーの苦悩…備品管理課に戻されてしまった麻理鈴は、この問題にどう立ち向かって行くのでしょうか! 7話...

悪女(わる)8.5話【コクハラ】あらすじネタバレ

麻理鈴(今田美桜)の悪女ぶりのおかげで、備品管理課は無事に13階へ出世し、お引越しすることに。

小野忠(鈴木伸之)は、誰もいない半地下の備品管理課跡を訪れ「(麻理鈴)はいないか」と呟きます。

つまらなそうに仏頂面をしながら、スマホを取り出し、麻理鈴へどんなメールを送ろうか迷います。

そこへ山瀬(高橋文哉)がやってきて、驚く小野。

麻理鈴への気持ちについて、2人は話し始めます。

「告白しなきゃ何も始まらない」という小野に対し、山瀬は「知らないんですか?コクハラ」と切り出します。

「小野さんってコクハラで訴えられそうですね」と言われた小野は「俺が?コクハラって何?」と言うのでした。

~悪女オープニングテーマ~

ここで、ナウシカ&クラリス役でおなじみ島本須美さんのナレーションが入るのですが、小野に対する表現がひどくて笑っちゃいました。

「恋人としては論外のアラサー男子が登場した」と言われてますw

仕事はできる、だがモテない、彼の名は小野忠…ってかわいそうすぎる

コクハラをしらない小野に、山瀬がその内容を講義。

「ドラマみたいな告白は時に暴力なんです」と言われ、小野はコクハラについて妄想をします。

「脈がなかったら告白は出来ないのか」と落ち込む小野に、「脈がなかったら作るんです」と山瀬の妄想タイム。

脈ありの状態なんてわからないという小野に対し「なら試してみます?」と山瀬。

女の子の役を演じる山瀬に、小野はすぐ「山瀬、好きだ」と一言。

↑ここで、リアルに拭きました(ぶほっ)↑

この後、 YouTube動画のサムネになっている「キス直前シーン」へとうつります。

私、BLにはあまり興味がないのですが、変に胸キュンしちゃったやないか~い(笑)

山瀬&小野、かわいい過ぎます。

悪女(わる)8.5話悪男【コクハラ】は、TVerで無料配信されています。

10分足らずでみれるので、悪女本編を見ていない方も一度ご覧になってみて下さいね!

TVerを見てみる

タイトルとURLをコピーしました