ファミマ スイーツ ザッハトルテ(2019年)まずい?美味しい?実食レビュー

スポンサーリンク

セブンイレブンスイーツ ザッハトルテ

ファミマのスイーツ【ザッハトルテ】を息子ちゃんが買ってきてくれました。

家でちょっとショックなことがありまして…「元気だせ」のプレゼントです( ;∀;)

ブログのコンセプトとずれまくるので、記事にはしませんが「悩みブログを新規に立ち上げようかな」と思った程。

家庭での悩みは、家族からやってくることが多いですが、救いや心のよりどころになるのも家族。

難しいですね。

さて、気を取り直して…息子ちゃんからの気持ちのこもったザッハトルテですが、味については妥協せずレビューしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ファミマ【ザッハトルテ】はこんなスイーツ

ファミマのザッハトルテが「まずい」なぜ?

当然のことながら、この記事を書く時には、すでにザッハトルテはお腹の中。

大体のものを美味しく食べられるはちこですが、他のみなさんがどう感じたのか、実は毎回気になります。

自分の記事をアップする前に、ざっと他の方の記事に目を通すのですが、こんな検索結果を発見👀

「美味しさなんて、結局は好みさ!」と、さんざん言ってきましたが、ザッハトルテはチョコレートケーキの1種。

そこまでまずく出来るものなんでしょうか?

「まずい」と言われていたのは過去のザッハトルテだった

記事内容を読んでみたところ、この方がザッハトルテを食べたのは2016年12月。

今回食べたザッハトルテは2019年1月15日に発売されたリニューアル後のものですし、過去にファミマで販売されていたザッハトルテはかなり柔らかくねっとりしていたので、それを苦手と感じた方が評価をぐんと下げたようです。

これもまた好みのようで、大絶賛している方も多く、本場のザッハトルテを知っている方が食べた場合「こんなのザッハトルテじゃない!」となってしまうのでしょう。

実際、ウィキペディアにおけるザッハトルテの解説には

近年は多数のカフェや洋菓子店により、ザッハートルテと称したチョコレートケーキが提供されているが、それらは単にチョコレートのトルテの一種とするのが正しい。

とも書かれています。

ファミマの【ザッハトルテ】はフランス産クーベールチュールチョコレート使用

ファミマのザッハトルテは、フランス産クーベールチュールチョコレートを使用しているのが売り。

製品中のチョコレートの約37%がフランス産チョコレートだとか。

日本で有名なのはフランスとベルギーのチョコレートですが、その違いは

  • フランス産チョコレート→小さい、薄いものが多い、おしゃれ
  • ベルギー産チョコレート→全体的に大きめ

と、味には全く関係がないことが書かれてました💦

結局のところチョコレートの味の違いは原料となるカカオの産地による部分も多いようです。

はちこのような素人は

「フランス…クーベールチュールチョコレート…なんかイメージ的に高級感あるし、美味しいに違いない」

と思っちゃいますね。

イメージ戦略に引っかかるのも悪いものではありません。

では、実際にザッハトルテのお味を確認してみましょう。

ファミマ【ザッハトルテ】お味はいかに?

開封~♪

何の飾り気もなく、実にシンプルな装い。

パッケージの金色が、高級感を象徴するようです。

ちなみに、セブンイレブンで販売されているザッハトルテは、上に「chocolete」と書かれた、赤い紙製と思われる飾りが施されています。

差し色に赤があると、間違いなく引き立ちますね。

ただ、個人的にあの手のは「食べられるやつにして」と思っちゃいます(庶民派主婦なんですよ~)

※ブロ友の鳥天さんがコメントで「あの手のヤツを食べられるものと思って食べてしまい、胃カメラで取り出してもらった人知ってる」と教えてくれました😲思いがけない事故…注意が必要ですね!

ナイフで半分にカット。

キレイな層になったチョコレートケーキですね。

表面のチョコレートは、手を触れただけで跡がつくほどの柔らかさ。

ねっとりした感じは、食べなくても伝わってきます。

ウィキペディアの説明を読むと、ザッハトルテは

「チョコレート味のバターケーキを作り、アンズのジャムを塗った後に、表面全体を溶かしチョコレート入りのフォンダン(糖衣)でコーティングする」

と書かれています。

 

本来、ザッハトルテは食べた時にザクザク感があるようなのですが、ファミリーマートのザッハトルテにザクザク感はないです。

バターケーキっぽさもないかな。

 

やはり、ザッハトルテ風チョコレートケーキと言うのが正解なのかもしれません。

が、ザッハトルテの概念を一度捨てた上で食べるなら「濃厚なチョコレートケーキ、美味しい!」ってなりますね。

甘さはしっかりある中に、チョコレートのビターな風味が残っていて、大人デザートに感じました。

 

スポンジもパサパサしておらず、食べやすかったです。

ただ、口コミでは「スポンジパサパサ」と書いている方がいたので、賞味期限はチェックして買った方が良いかもしれないですね。

 

そして、⇒でしめした部分のあんずジャム…きわめて存在感が薄いです。

口コミでも「あんずジャム、もっと欲しい」と書いている方がいましたが、甘さを増すことなくあんずらしさを感じられる程度の主張が欲しいかな。

今回も、息子ちゃんと半分こして食べましたが「スイーツ食べた~」という満足感はバッチリでした。

逆に言うと、丸ごと1個食べちゃうと、満足感を通り越して、胸やけを起こす可能性も否定できません。

ファミマのザッハトルテ|気になるカロリーや原材料をチェック

ファミマのザッハトルテ1個分のカロリーは296キロカロリーです。

一日の間食の目安である200キロカロリーを完全にオーバー。

味的にもできればシェアして食べることをおすすめしたいです。

ファミリーマート ザッハトルテ(ロピア)栄養成分

エネルギー(カロリー)296キロカロリー
たんぱく質5.2g
脂質17.9g
炭水化物(≒糖質)28.3g
食塩相当量80.0mg

名称:洋菓子

原材料名:チョコレート、卵、砂糖、乳等を主要原料とする食品、小麦粉、卵黄、卵白、ココアパウダー、還元水飴、あんずジャム、牛乳、植物油脂、油脂加工食品、水飴、でん粉、寒天、トレハロース、乳化剤、糊料(増粘多糖類、加工デンプン)、膨張剤、ソルビット、酸味料、メタリン酸Na、pH調整剤、香料、カゼインNa、乳酸Ca、クエン酸Ca、着色料(クチナシ、アントシアニン、カロチン)

製造者:株式会社ロピア

ファミマのザッハトルテ|後記

ファミマの公式サイトにおけるザッハトルテの説明には、その特徴について

・メレンゲと合わせふんわりとしたショコラ生地

・スポンジにシロップを染み込ませ、あんずソースを使用した本格的な仕立て

と書かれています。

スポンジにシロップと言うと、先日食べたセブンイレブンのスイーツ【苺モンブランプリンパフェ】を思い出すのですが、あれほどにはシロップがしみこんだ感じはありませんでした。

セブンイレブンスイーツ【苺モンブランプリンパフェ】美味しい!でもカロリーに注意!!!
セブンイレブンの新発売スイーツ【苺モンブランプリンパフェ】を、息子ちゃんが買ってきてくれました。 この他にもにももう一つ、苺がまるごと一粒入った、ヤマザキの【雪苺娘】も買ってきてくれたので、いつものようにシェアしようと思ったら...

実ははちこ、チョコレートは決して嫌いではないのですが、ケーキとなるとチョコケーキは選ばない傾向が強いです。

準チョコってやつが、さほど好きではないんでしょう。

しかし、今回のザッハトルテについては、原材料を見てもわかるように、しっかりチョコレートしてました。

そのうち、セブンイレブンのザクザクしたザッハトルテも食べてみたいですね。

ではでは、ごちそうさまでした~♪

ブロ友のビー玉さんもファミマのザッハトルテの記事を書いてますよ☝