吹部!赤澤竜也著|読書感想文におすすめ!内容・ネタバレ|片倉高校がモデル

スポンサーリンク

赤澤竜也著【吹部!】小説

赤澤竜也著【吹部!】 を読んでみました。

【吹部!】という小説が、都立片倉高校(八王子市片倉町)をモデルにしているとの情報をもらったからです。

赤澤竜也著【吹部!】片倉高校

吹部!には片倉高校の先生の名前が明記

調べたところ【吹部!】は学校の読書感想文の推薦図書になっているとのこと。

全国の中高入試問題に使われている小説になります。

ライターの梅津有希子さんも公式サイトで「一気に読んだ。いろいろリアルで驚いた」と書いていました。

さっそく手に入れて読み始めてみたら、本当に一気読みしてしまいました。

難しい表現もなく読みやすいので、読書の習慣がない方でも、1日あれば完読可能な本だと思います。

今回の記事は赤澤竜也著【吹部!】の登場人物~内容紹介+感想になります。

スポンサーリンク

【吹部!】赤澤竜也

【吹部!】登場人物

三田村明典 みたむらあきのり(ミタセン)・吹奏楽部顧問

【吹部!】 登場人物 ミタセン
都立浅川高校へ突然あらわれた、謎の教師。
非常に変わり者だけれど、音楽的なセンスは天才的。

鏑木沙耶 かぶらぎさや・2年生・チューバ

【吹部!】 登場人物 鏑木沙耶
退屈で平凡な毎日を送っていたが、ミタセンにより吹奏楽部の部長にさせられる。
フルートをやっていたが、チューバをやることに。
お父さんはどこにいるかはわからず母子家庭で、お母さんとは仲よしだけれど、理由は聞けないでいる。
そんなある日、ミタセンからお父さんの情報を耳にするが。

西大寺宏敦 さいだいじひろあつ・2年生・オーボエ

【吹部!】 登場人物 西大寺宏敦
鏑木沙耶の幼馴染。
元野球部のエースだったが、ケガによって野球を断念。
プロのオーボエ奏者である父に反発し、音楽を避けていたが、ミタセンの押しによって吹奏楽部へ入部。

副島奏 そえじまかなで・2年生・フルート

【吹部!】 登場人物 副島奏
鏑木沙耶の友人。両親が関西人なので、関西弁をつかっている。明るくておしゃべりな性格。
黄色いカチューシャがトレードマーク。

大磯渚 おおいそなぎさ・2年生・アルトサックス

【吹部!】 登場人物 大磯渚
ツインテールが特徴の、美人隠れコスプレイヤー(アニオタ)
アルトサックスを吹く時に、とんでもなく体を揺らす癖がある。

清水真帆 しみずまほ・2年生・トランペット

【吹部!】 登場人物 清水真帆
鏑木沙耶にとって最も馬の合う友人。
成績は学年1位の秀才だが、おっとりとした性格な上にあがり症なので、目立つことは嫌い。

恵那凛 えなりん・1年生・クラリネット

【吹部!】 登場人物 恵那凛
心臓に病気を持つ、色白美少女。
野球部のエースにぞっこんだが・・・。

八幡太一 はちまんたいち・2年生・トランペット

【吹部!】 登場人物 八幡太一
中途半端な不良で、つっぱった振りをしている。
恵那凛に一目ぼれした結果、さぼってばかりいた吹奏楽に打ちこみはじめる。

榊甚太郎 さかきじんたろう・2年生・パーカッション

【吹部!】 登場人物 榊甚太郎
軽音部に所属するも、バンドを組む仲間が見つからず一人でいたところを、鏑木沙耶が吹奏楽部へ引き抜き、パーカッションをやることになった。
楽器に「健太」と名前をつけて呼ぶ、変わり者。

北川真紀 きたがわまき・1年生・パーカッション

【吹部!】 登場人物 北川真紀
子どもの頃からマリンバを習っている、音大進学を考えている大人しい雰囲気の新入生。
演奏をする時には髪をポニーテールにまとめ、鬼のような顔になる。
なぜか榊甚太郎が気になっている。

小早川聡美 こばやかわさとみ・1年生・クラリネット

【吹部!】 登場人物 小早川聡美
恵那凛の友だち。恵那凛が持病で倒れた後のクラリネットを取り仕切る。

加藤蘭 かとうらん・3年生・ホルン

【吹部!】 登場人物 加藤蘭
茶髪で短いスカートをはいている、ヤンキー風の3年生。
部長になった鏑木沙耶の言うことも全く聞かず、怯えさせる。

奥谷遥 おくたにはるか・3年生・フルート

【吹部!】 登場人物 奥谷遥
フルートのパートリーダーで、木管を仕切っている。

真面目過ぎる性格のせいで、融通がきかないため、しょっちゅうパニック状態に陥っている。

長渕詩織 ながぶちしおり・3年生・トロンボーン

【吹部!】 登場人物 長渕詩織
吹奏楽部の前部長。頭もよく、大学進学のため引退していたが、ミタセンの説得により復帰。
受験があるので、部長職は辞退した。

【吹部!】内容と感想

吹部|1~2

【吹部!】 登場人物 鏑木沙耶

「この際、はっきり言っておくけど吹部は体育会系だ」

女子側の主人公である、鏑木沙耶(かぶらぎさや)のこんな一言から、【吹部!】は始まります。

音楽関係の部活をしていたので、わかるのですが、これは本当。

吹奏楽部を含めて、音楽に関連する部活は本気でやろうと思ったら、基礎体力づくりは欠かせません。

はちこ
はちこ

リアリティ、確かにあります

鏑木沙耶は東京都立浅川高校の2年生で、八王子生まれの八王子育ち。

退屈で平凡な毎日を送っています。

所属している吹奏楽部は、楽器をボーリングのピンにするほどの堕落ぶりのため、体育会系とは程遠い状況でした。

が、そこへ変わり者の先生”三田村明典(ミタセン) ”がやってきて、吹奏楽部の立て直しをはじめます。

なぜかミタセンに白羽の矢を立てられた鏑木沙耶は、やりたくもないのに「部長」にされてしまいます。

ミタセンの強引な勧誘によって、集められていく吹奏楽部の部員たち。

鏑木沙耶の幼馴染、西大寺宏敦も、ミタセンから狙われることになります。

吹部!イラスト (2)

ヘッドロックで音楽室へ連れていかれる西大寺

吹部|3

【吹部!】 登場人物 西大寺宏敦

ここから視点が鏑木沙耶から西大寺宏敦に変わります。

音楽への挫折感をミタセンに言い当てられた西大寺宏敦は、条件付きで吹奏楽部に入部。

時を同じくして、鏑木沙耶も半強制的に今までやってきたクラリネットから、チューバへと転向させられてしまいます。

学校の規則も平気で破り、勝手に下校時間を延ばし、吹部の練習をするミタセン。

いよいよ吹奏楽部の特訓がはじまります。

吹部|4

【吹部!】 登場人物 鏑木沙耶

鏑木沙耶に視点が戻ります。

チューバ転向にショックを受けている鏑木沙耶。

仲よしの母親に相談した結果、フルートに戻してもらうことを決意します。

しかし、ミタセンの知り合いであり、チューバ奏者(楽器屋さん)の辰吉の演奏と話を聴き、チューバを続けることにしました。

はちこ
はちこ

お母さんと辰吉さんが大人な対応で素晴らしいです

ミタセンの暴走ぶりは加速し、翻弄される鏑木沙耶ですが、もっとダメージを受けてしまう部員があらわれます。

大人しく目立つことが苦手な清水真帆に、トランペットのファースト(吹奏楽部の花形)をやるように指示するのです。

集中的にきつく指導された真帆は、心が折れてしまい、学校へも来なくなってしまいます。

真帆が「登校拒否になった」と知ったミタセンは、いきなりショックを受けた様子になります。

それまで全く人の意見を聞かない態度だったミタセンでしたが、真帆をセカンドへと戻すのでした。

辰吉さんとの練習で、すっかりチューバが好きになった鏑木沙耶。

チューバに「ドンちゃん」と呼び名もつけるほど、楽器への愛情が芽生えます。

そんな折、野球部の応援演奏を頼まれる吹奏楽部。

最初は「いかない」と言っていた西大寺ですが、ミタセンの言葉に挑発され参加することにしました。

最後には真帆のトランペットを奪ってまで応援演奏をします。

吹部!イラスト (3)

野球部のためにファンファーレを鳴らす西大寺

結局、浅川高校野球部は負けてしまいますが、吹奏楽部のメンバーの気持ちが一体となるきっかけになりました。

はちこ
はちこ

西大寺がイケメンに見えるよね

吹部|6

【吹部!】 登場人物 西大寺宏敦

西大寺の視点へ。

音楽で家族を養っているのが誇りだった父でしたが、所属している「関東フィル」への都からの補助金が年々減ってしまい、給料も激減しています。

母親もパートへ出ることになり、酔っぱらって愚痴を言う父を、西大寺は情けなく思います。

そんな中、心臓の悪い恵那凛が倒れ、意識不明に。

しかし「病院が怖い」とミタセンはお見舞いにも行こうともしません。

何とか説得して連れて行ったところ、ミタセンは病室で倒れてしまいます。

その代わりに恵那凛の意識が戻るのでした。

はちこ
はちこ

6の最後のあたりは、漫画っぽいかな
ただ、漫画っぽさ=読みやすさでもあります

吹部|7

【吹部!】 登場人物 鏑木沙耶

鏑木沙耶の視点。

音楽準備室にいるとミタセンから「鏑木純一郎っていうひと知ってる?」と聞かれます。

鏑木純一郎は沙耶の父で、ミタセンの友人でした。

そのことを母に伝えると、きつい口調で怒ったような態度をします。

そのことに沙耶は動揺し、ミタセンと関わるとろくなことがないと呪います。

また、過酷な練習に疲労困憊した部員たちの間に広がる不穏な空気。

ミタセンへの不信感がついに爆発した結果、喧嘩が勃発。

部員は練習に集まらなくなるし、ミタセンも学校を欠勤するようになってしまいます。

吹部!イラスト (4)

チューバを好きになっていた鏑木沙耶は「ドンちゃん」を思いながら涙するのでした。

吹部|8

【吹部!】 登場人物 西大寺宏敦

西大寺目線。

吹部の部員たちに腹を立てながら校門へ向かって歩いていくと、音楽室から鏑木沙耶の奏でる悲し気なチューバの音が聞こえてきます。

気になった西大寺は沙耶と話をすることに。

泣いている沙耶を見て、急に沙耶を女性として意識する気持ちが芽生えます。

「必ずみんなを部に呼び戻す」と、沙耶に約束する西園寺。

はちこ
はちこ

恋愛要素来た♡

結局、翌日にはミタセン以外の全員が戻ってきました。

事件以来ずっと「腸ねん転・脳梗塞・肺結核」との診断書を出して病欠しているミタセン。

西大寺と沙耶は二人で、八王子市内にあるミタセンの自宅(豪邸)を訪れます。

迎えてくれたミタセンの母は「また登校拒否になっちゃったの」と笑います。

しかし、そこで2人は、ミタセンが部員一人一人について書いた膨大な冊数のノートを見せてもらい、驚きと感動を覚えるのでした。

吹部|9

【吹部!】 登場人物 鏑木沙耶

鏑木沙耶目線。

ミタセンのノートを見た部員たちも、西大寺や沙耶と同じく驚き「吹部にはやはりミタセンが必要」という結論にいたります。

ミタセンに戻ってきてもらうために計画したのは、ミタセンの自宅の庭で演奏をすること。

辰吉さんとミタセン母の協力を得て実現した計画は成功し、ミタセンは引きこもり生活にピリオドを打つのでした。

吹部!イラスト (5)

吹部|10

【吹部!】 登場人物 西大寺宏敦

西大寺目線。

翌日から何事もなかったかのように復帰したミタセン。

どんなに厳しい練習でも、もう不満に思う部員は誰もいません。

それどころか、一人一人が自ら努力するように変わっていきます。

そんな時、西大寺は「吹部でオーボエを吹いている」ということを父に知られてしまいます(バラしたのはミタセンです)

しかしプロのオーボエ奏者である父のアドバイスにより、スランプを抜け出すきっかけをつかむのでした。

演奏力が飛躍的に伸び、予選まで3日と迫ったある日、トランペットの八幡にトラブルが起きてしまいます。

予選には間に合わない状態の八幡の代わりに、誰がファースト担当をするのか。

結局、あの清水真帆がファーストを引き受けることになったのでした。

吹部|11

【吹部!】 登場人物 鏑木沙耶

鏑木沙耶目線。

予選の日がやってきました。

奇しくも同じ日の午後、恵那凛が心臓の手術をすることになったと八幡がみんなに伝えます。

みんなで最高の演奏をしたものを録音し、届けようと決める吹部のメンバー。

会場である府中の森芸術劇場につくと、そこには何と沙耶の父の姿がありました。

緊張しながらも無事に演奏を終えた、浅川高校の吹部でしたが、演奏終了後にソロパートを奏でた真帆は白目をむいて失神してしまいました。

※ここから先はラストのネタバレと感想のまとめになります

吹部|ネタバレ

結局、浅川高校の吹部は「ゴールド金賞」を受賞します。

さらには「東京都大会への推薦校」にも選ばれるのです。

恵那凛の手術も無事に成功し、ハッピーエンド。

ですが、都大会出場へ向けて、翌日からさらに厳しい練習に明け暮れる吹部。

今まではミタセンに指導されるだけだった部員たちが、しだいに”自分の出したい音”を模索しはじめます。

吹部全体の仲が良くなった結果、恋も芽生えるようになりました。

恵那凛も復帰を果たし、八幡と付き合いだすという展開に。

パーカッション1年の2人、榊甚太郎と北川真紀もカップルになります。

西大寺は、父親との関係も良好になり、音大へ進むことを決めます。

また鏑木沙耶は母親に「おとうさんと会った」と伝えることができ、いつの日か一緒にお父さんに会いに行く約束をするのでした。

物語の最初で「好きじゃない」と言っていた八王子の街を「なんだかんだ言っても、やっぱりこの街が好きみたい」と語る鏑木沙耶。

他の部員たちもそれぞれ成長し、爽やかに「吹部!」は幕を閉じました。

吹部!を読んだ感想

一言で言うと『アニメ感覚でサクッと読めて、感動もあり』

そんな本でした。

口コミではアニメ化された【ハルチカ】を思い出すと書いている方がいましたが、どちらかと言えば【響けユーフォニアム】寄りだったような気がします。

ハルチカのようなミステリー要素はなく、王道の青春物語になります。

吹部!の冒頭に『感動とは人間の中にではなく、人と人の間にあるものだ』という、ドイツの指揮者の言葉が書かれているのですが、まさにそれを表現した小説ですね。

吹奏楽部の専門的なことを描くというよりは、人と人とのつながりや、成長に重きを置いているように感じました。

ただ、恋愛要素は無理に入れなくても良かったのでは?という印象があります。

描くのであれば、心の動きなどもしっかり描き切って欲しかったですね。

実は、モデルとなった片倉高校で吹奏楽部の演奏を目の前で聴いたことがあるのですが、素人ながらに感動した記憶がよみがえりました。

小説には小説の良さがあるのですが、アニオタとしては、アニメ化+片倉高校の吹部の演奏で作品を見ることが出来たら最高だなと思ったりします。

さて、冒頭にも書いたように【吹部!】は全国の中高入試問題に使われている小説です。

中学生は夏の読書感想文に選んでおくと、高校入試で有利になる可能性もありますね。

学生さんだけでなく、親御さんも一緒に読んで、感想を語り合ってみるというのも良いと思いますよ。

八王子が舞台になったミステリーもあります

八王子が舞台!東川篤哉ミステリーシリーズ【さらば愛しき魔法使い】感想とあらすじ
八王子市が舞台となったミステリー【さらば愛しき魔法使い】のあらすじと感想をご紹介。著者は、櫻井翔くん主演でドラマ化された【謎解きはディナーのあとで】と同じ東川篤哉さん。シリーズ3作目ですが、前作を読んでいなくても楽しめる内容です。八王子市の実在する場所が満載!