相模屋の豆腐はまずい?おいしい?とうふグラタン|おすすめアレンジは?

スポンサーリンク

相模屋 豆腐 おいしい まずい 口コミ

相模屋【たんぱく質のとれるとうふグラタン】2種類を実食いたしました!

私が相模屋さんに注目をし始めたのは、何年も前のこと。

【おだしがしみたきざみあげ】を買ってからになります。

味のついた油揚げが常温で保存できるという画期的な油揚げだったので、母にも紹介したほどでした。

その当時、ビッグ・エー八王子みなみ野店(←すでに閉店)しか取扱店が見つからず、買うのに苦労したものです。

今は、いろんなスーパーでよく見かけるようになったので、嬉しく思っています。

相模屋 たんぱく質のとれる スンドゥブ 辛さ

相模屋の代表商品スンドゥブ

そんな相模屋さん、今ではかなり商品数が増え、スンドゥブだけでも6種類ものラインナップがあるほど。

私も一人ご飯の時にお世話になることがあるのですが

相模屋 豆腐 まずい 美味しい

「相模屋 豆腐」で検索した結果

相模屋のお豆腐は、「まずい」と「美味しい」で、口コミがわかれることがわかりました。

そこで【たんぱく質がとれるとうふグラタン】を2種類食べてみたので、正直レビューしてみたいと思います。

スポンサーリンク

相模屋【たんぱく質がとれるとうふグラタン】トマトソース&海老クリーミィソースを実食レビュー

相模屋 たんぱく質のとれる とうふグラタン 口コミ

左【トマトソース】右【海老クリーミィソース】

今回ためすのは【たんぱく質がとれるとうふグラタン】の、トマトソースと海老クリーミィソースになります。

相模屋がつくる豆腐グラタンがどんな感じなのか、食べるのが楽しみです。

相模屋 豆腐グラタン トマトソース エビクリーミィソース

開封してみると、紙トレーの中に、お豆腐とソースがワンセットになって入っています。

スンドゥブと内容的には変わらないんですね。

相模屋 豆腐グラタン 口コミ

相模屋のとうふグラタンは、真空になったパッケージの中に豆乳も入っているようです。

相模屋 豆腐グラタン 口コミ

相模屋の豆腐グラタンはふわふわ豆腐

紙トレーにお豆腐を出してみると、まるでおぼろ豆腐。

豆腐グラタンというと、しっかり水切りしたお豆腐で作るイメージだったので、これは意外です。

相模屋のとうふグラタンはチーズの用意が必須!アレンジもおすすめ

相模屋 豆腐グラタン アレンジ チーズ

相模屋のとうふグラタンには、チーズがついていないので、自分で別に用意することになります。

スンドゥブなどを購入したことがある方は、他に何も用意しなくても食べられるので、忘れがちかも。

相模屋 とうふグラタン アレンジ おすすめ

おすすめトッピング:上【トマトソース】下【海老クリーミィソース】

今回は2種類に共通しているおすすめトッピング、ブロッコリーをのせていきます。

スンドゥブの時も思いましたが、何らかの具材を用意しアレンジするのがおすすめ。

最低でもチーズだけは必須!ないとソースをかけたおぼろ豆腐になるので注意☝

相模屋 豆腐グラタン おすすめ トッピング

冷凍してあったブロッコリーを解凍してトッピングしました。

それぞれのソースをまわしかけ、チーズをのせてから、トースターで焼いていきます。

相模屋 豆腐グラタン トマトソース 海老クリーミィソース 口コミ

相模屋のパッケージには8分と書いてありましたが、焦げ目がつかず、そこの部分が冷めていたので12分ほど焼きました。

トッピングをした場合、加熱時間の調整が必要☝

相模屋【たんぱく質のとれるとうふグラタン・トマトソース】

相模屋 たんぱく質のとれる とうふグラタン 口コミ

まずは、トマトソースからいただきます。

相模屋 たんぱく質のとれる 豆腐グラタン トマトソース 口コミ

めちゃふわ食感。

ブロッコリーにトマトソースとお豆腐がからみついて

野菜も美味しく食べられます。

トマト・ジャガイモ・ブロッコリーがおすすめされていましたが、面倒でなかったらジャガイモでアレンジしたい!

茹でたジャガイモをコロコロに切って、混ぜたらボリュームもアップするし、食感も楽しめそう。

水分が多いお豆腐なので、トマトを使うならミニトマトを使った方が、びしゃびしゃしなくて良いと思いますよ。

相模屋【たんぱく質のとれるとうふグラタン・海老クリーミィソース】

相模屋 たんぱく質のとれる とうふグラタン 口コミ

お次は、海老クリーミィソースです。

相模屋 豆腐グラタン 海老クリーミィソース アレンジ おすすめ

魚介の風味が強い!

それと、思ったよりスパイシーです。

海老っぽさは、そんなにないかな~。

トマトソースは定番の味だったので、私は海老クリーミィソースの方が気に入りました。

ただ、よくある海老グラタンのマイルドな味を想像すると「全然違う!」となる気がします。

「好みは分かれるかな?」という印象でした。

相模屋 豆腐グラタン|おすすめアレンジは?

  • 炒めた玉ねぎ
  • ゆで卵
  • 茹でホウレンソウ(しっかり水切り)
  • シーフードミックス
  • コーン

相模屋の豆腐グラタンをアレンジするんだったら、上記のような具材をプラスするのがおすすめ。

お豆腐でタンパク質は摂取できるので、野菜類を足すと栄養バランスが整いますね。

カロリーを気にしないのであれば、ちょっぴりマヨネーズをかけるとコクが出ます。

試してみて下さい。

ダイエット中必見|相模屋のお豆腐チーズでアレンジ!

相模屋のとうふグラタンのカロリーは

  • トマトソース=201キロカロリー
  • 海老クリーミィソース=201キロカロリー

と、かなりの低カロリー。

ダイエット時の1食の目安は、500キロカロリーなので、多少のアレンジを加えても、ヘルシーな食事をとることができます。

が、必須トッピングであるチーズは高カロリーなのも事実。

ダイエット中であれば、相模屋からお豆腐から出来たチーズが販売されているのはご存知でしょうか?

相模屋 とうふグラタン アレンジ チーズ

とうふグラタンの作り方にも「BEYOND TOFU シュレッド に変えるとさらにヘルシー」と書いてあります。

そのBEYOND TOFU シュレッドがこちら↓

  • 一般的なシュレッドチーズのカロリー(100gあたり)=356.1キロカロリー
  • 相模屋 奇跡の豆腐『BEYOND TOFU シュレッド』(100gあたり)=271キロカロリー

100gあたりのカロリーの差が、85.1キロカロリーなので、使い続けているうちには、かなりの差になってきますよね。

相模屋 おすすめ ランキング

相模屋楽天市場店の人気ランキング

実はこの『BEYOND TOFU シュレッド』、相模屋 楽天市場店で、今最も人気の商品となっています。

取り扱い店が限られているようで、私は見たことがありません。

もっと普及して欲しいですね!

相模屋の豆腐がまずいと言われる理由は?

最後に、相模屋のお豆腐がなぜまずいと言われるのかを考えてみました。

まず相模屋のお豆腐は大豆の味が濃いんですね。

一時期、男前豆腐が流行しましたが、食べた時に「本当にお豆腐?」という衝撃がありました。

大豆臭さがなく、ミルキーなので、スイーツ的な使い方もできるお豆腐が男前豆腐なら

相模屋のお豆腐は、どこまでもしっかりお豆腐の味がします。

大豆特有の青臭さが苦手な人が食べると、相模屋のお豆腐は「まずい」と感じる可能性があります。

相模屋【BEYOND TOFU ナチュラル豆腐】←まずいと言う人も

相模屋 ビヨンド豆腐 口コミ
相模屋で注目されているお豆腐に【BEYOND TOFU ナチュラル豆腐】があります。

こちらは、クリーム感の強いお豆腐で、オリーブオイルをかけて食べたり、メープルシロップや黒みつをかけてデザートにすることもおすすめされています。

大豆の味のするお豆腐を好む方は「こんなのお豆腐じゃない」と思うので、まずいと感じるよう。

めっちゃ美味しそうだけどね!

男前豆腐好きな方は好きになるんじゃないかな。

また、以前は同梱されていたオリーブオイルが、合わなかった方もいました(現在はオリーブオイルはついてきません)

オリーブオイルは好き嫌いのわかれるオイルなので、評価が分かれてしまったと思われます。

こうして考えると、相模屋のお豆腐は好みのタイプのものを選べば「おいしい」と思えるはず。

私は相模屋さんのお豆腐は美味しいと思いますよ♪

相模屋さんのお豆腐は、日持ちもするので、すごく重宝します。

ダイエット時に、たんぱく質の摂取は必須。

毎朝チーズトーストを食べているので 奇跡の豆腐『BEYOND TOFU』はめちゃくちゃ気になります。

さっそく探して豆腐チーズ買ってきました↓

美味しい!相模屋の豆腐チーズが奇跡すぎ!ビヨンドとうふ2種を実食!
相模屋の豆腐チーズ、探して買ってきました! 購入したのは 相模屋 奇跡の豆腐【BEYOND TOFU シュレッド】 相模屋【BEYOND TOFU ナチュラル豆腐】 の2種類。 「相模屋 豆腐 まず...

これからも相模屋さんには、面白い豆腐商品を出して行って欲しいですね。

それでは、ごちそうさまでした!

たんぱく質のとれるとうふグラタン|情報まとめ

【たんぱく質のとれるとうふグラタン・トマトソース】

【主な原材料】豆腐(大豆(分別生産流通管理済み)、豆乳クリーム、豆乳加工品 /凝固剤〔粗製海水塩化マグネシウム(にがり)〕、消泡剤(グリセリン 脂肪酸エステル)〕、ソース 〔水飴、砂糖、食塩、おろしにんにく、えびエキス(豚肉を含む)、たまねぎエキス、チキンエキス(乳成分・ 小麦・大豆を含む)、 エビ粉末、コショウ末、バター、ローレル、 セロリパウダー、乳加工品/増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸等)、pH調整剤、香料〕
【栄養成分 製品1食 (豆腐250g、 ソース25g)あたり】
エネルギー 201キロカロリー、たんぱく質 13.8g、脂質 10.2g、炭水化物 14.0g(糖質 12.9g、食物繊維 1.1g)、食塩相当量 1.7g

【たんぱく質のとれるとうふグラタン・海老クリーミィソース】

【主な原材料】豆腐 〔大豆 (分別生産流通管理済み)、豆乳クリーム、 豆乳加工品/ 凝固剤 〔粗製海水塩化マグネシウム(にがり)〕、消泡剤(グリセリン 脂肪酸エステル))、ソース(トマトケチャップ、トマトペースト、水飴、 材料名 砂糖、食塩、ビーフエキス(小麦・大豆・ゼラチンを含む)、たまねぎエキス、植物油 (香味油)、酵母エキス、コショウ末、 ローレル、タイム /増粘剤(加工デンプン)、調味料(アミノ酸)、pH調整剤〕
【栄養成分 製品1食 (豆腐250g、 ソース25g)あたり】
エネルギー 201キロカロリー 、たんぱく質 13.5g、脂質 10.5g、炭水化物 13.8g(糖質 12.4g、食物繊維 1.4g)、食塩相当量 1.4g
タイトルとURLをコピーしました