相模屋 肉肉しいがんもの食べ方紹介|イノセントミートって何?

スポンサーリンク

相模屋 イノセントミート 肉肉しいがんも 口コミ

相模屋の【肉肉しいがんも】を買って食べてみました!

豆腐チーズを食べて以来、大ファンになってしまい

「相模屋の新商品はないかなぁ」

と、お豆腐コーナー見回り隊と化しているはちこです@infohachiouji

美味しい!相模屋の豆腐チーズが奇跡すぎ!ビヨンドとうふ2種を実食!
相模屋の豆腐チーズ、探して買ってきました! 購入したのは 相模屋 奇跡の豆腐【BEYOND TOFU シュレッド】 相模屋【BEYOND TOFU ナチュラル豆腐】 の2種類。 「相模屋 豆腐 まず...

といっても、正直この【肉肉しいがんも】については

さすがにお豆腐だけで肉を再現するのは無理っぽい

と思っていたんですね。

これが、食べてビックリ!

さっぱりとしたハンバーグという感じで、私がつくるそれより、むしろ美味しいという結果に。

【肉肉しいがんも】という名にふさわしいクオリティでした。

今回はオーソドックスな食べ方+みんなのアレンジ方法などもご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ところでイノセントミートって何?

相模屋 イノセントミート 意味

イノセントミートの説明

さて、そんな【肉肉しいがんも】ですが、パッケージに”イノセントミート”という横文字が。

”ビヨンドとうふ”の次は”イノセントミート”…直訳したら「純粋な肉」かぁ。

でも、むしろ肉じゃないですから、意味がちょっとわからない。

調べてみたら、相模屋の社長さんがインタビューで

「イノセント」は罪のないという意味で、ヘルシーで罪悪感なく食べられ、原料の大豆は地球環境への負荷が少なく罪のないミートだと訴求していきたい(食品産業新聞社ニュースより)

と答えているのを見つけました。

なるほど、そっちのイノセントでしたか。

ということで【イノセントミート】というのは、相模屋さんがつくった造語でした。

イノセントミート 肉肉しいがんものカロリーは?タンパク質はどのくらい?

相模屋 イノセントミート たんぱく質量 比較

罪なきお肉 イノセントミートは、本当に罪がないのかを検証してみましょう。

まずたんぱく質は17gということで、納豆に換算すると2パック半弱になります(納豆1パック=たんぱく質およそ7g)

ちなみにですが、普通のがんもも100gあたりのたんぱく質は15gていどなので、イノセントミートでなくてもがんもを食べれば、そこそこのたんぱく質を摂取することができます。

相模屋 イノセントミート がんも カロリー

【栄養成分表示(1袋140g当たり)】
エネルギー:336キロカロリー/たんぱく質:17.5g/脂質: 26.0g/炭水化物:8.4g(糖 質:7.3g、食物繊維:1.1g)/ 食塩相当量: 1.2g

イノセントミートは1個336キロカロリー。

ハンバーグとして見た場合、ごく普通のカロリーです。

市販の安いハンバーグは意外とカロリーが低く

本格的なハンバーグ程カロリーは高くなります。

安いハンバーグは、植物性たんぱくを大量に混ぜてお肉の量を減らしているので、いがいとカロリーは低く200~300キロカロリーのものが多くなっています。

ただ、くにゃくにゃしていて、あんまりおいしくはありません。

かといって、肉汁たっぷりのハンバーグは、挽き肉の量が多いので、カロリーはもちろん、脂質もすごいことに。

ファミレスのハンバーグなどは、700~1000キロカロリーを超えるものもあります。

それと比較すると、イノセントミートはかなり低カロリーなハンバーグと言って良さそうです。

ハンバーグのカロリー表

相模屋 イノセントミート 肉肉しいがんも 口コミ

【原材料名】豆腐(大豆を含む: 分別生産流通管理済み) (国内製造) 、植物油脂、酵母エキス調味料、ローストオニオンペースト調味料、たん白加水分解物調味料、たん白加水分解物/加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、 凝固剤、糊料 (キサンタンガム)、酸味料、乳化剤●内容量: 140g

原材料を見ると一番はしっかりお豆腐。

たしかに罪悪感を感じずに食べていいかもしれませんね!

これでお肉の味がしっかりするなら、罪悪感なく肉を食べたと言えそうですよ。

相模屋 肉肉しいがんもの食べ方

相模屋 イノセントミート 食べ方

では、【肉肉しいがんも】の食べ方の紹介です。

食べ方なんておおげさなものではなく、実は焼けばOK。

おすすめのトッピングは

  • おろし ぽん酢
  • 青ねぎ
  • 大葉
  • 白ごま
  • ガーリック チップ
  • わさび
  • ゆずこしょう

となっています。

まさに和風ハンバーグという感じです。

相模屋 イノセントミート がんも 食べ方

パッケージをあけると、白い油脂のかたまりが目立ちます。

ちょっと舐めてみると、まさに油の味でした。

相模屋 肉肉しいがんも 食べ方 イノセントミート

大さじ1/2の油を熱し、肉肉しいがんもを入れ、フタをして焼いていきます。

相模屋の説明では中火と書いてありますが、冷蔵庫から出したてだったら、弱火で中まで温める方がいいですね。

肉肉しいがんもは、高さがあるので、一気に焦げ目をつけてしまうと、中心部分がまだ冷たいということになってしまいます。

相模屋 イノセントミート がんも 食べ方

『フライパンのふちにそわせるように返すと、上手に裏返せます』

と書かれていましたが、菜箸でもころんとひっくり返せました。

フライパンを熱する際にいれた油は、ほとんどそのまま残っています。

テフロンのフライパンだったら油は大さじ1/2もいらないかもしれません。

相模屋 イノセントミート【肉肉しいがんも】を実食

相模屋 肉肉しいがんも イノセントミート 口コミ

半分に切ってみると、具なしがんもどきというよりは、巨大肉団子のよう。

見た目はちょっぴりパサパサしてそう。

鶏ひき肉とおからで作ったハンバーグみたいです。

相模屋 イノセントミート 食べ方

今回は小口切りにしたネギと、わさびでいただくことにしました。

醤油をかけるといったことは書いていないので、そのままパクリ。

見た目よりジューシー♪

味もしっかりついているから、醤油は全然いりません!

相模屋 イノセントミート 食べ方

息子くんには「がんも」とは教えずに、食べてもらってみたのですが

お、これはうまいね。

何肉?

実は息子くんは、がんもはパサパサしているので、あんまり好きじゃないんですね。

この後「肉じゃなくて、がんもなんだよ~」と話が盛り上がりました。

肉肉しいがんもの食べ方|みんなのアレンジ編

いくら肉肉しいと言っても、味付けは和風なので、洋風のハンバーグとはほどとおいお味。

調べてみたら、洋風にアレンジして食べている方がいらっしゃいました。

トマトソース×肉肉しいがんも

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@bnr3286g)がシェアした投稿


洋食屋さんの煮込みハンバーグみたいで、おしゃれです!

インスタには材料も書いてくださっていたので、とても参考になります。

チーズ×明太子×肉肉しいがんも


とろけるチーズをのせて焼いた後、明太子をトッピング。

サラダのいろどりもよく、見た目だけでなく、バランスの取れた一品に。

ベーグル×肉肉しいがんも


ベーグルに、肉しいがんも×アボカドやトマトなどの野菜たち。

売って欲しいほどの美しいハンバーガーです。

「最高においしかった!」との投稿。

お客さんに出しても、喜ばれること間違いなしのクオリティです。

そのまま食べてもおいしい肉肉しいがんもですが、アレンジ次第で食べ方広がるなぁと感心してしまいました(笑)

相模屋 イノセントミート 食べ方

また、肉肉しいがんもは賞味期限が30日と、生ものなのに長期間保存が可能です。

冷凍などをする必要もないので、とりあえず冷蔵庫に放り込んでおくと、いざと言う時に助かりますね。

相模屋 イノセントミート【肉肉しいがんも】売ってない?どこで売ってる?

【肉肉しいがんも】ですが、私はイオンで購入しました(税抜価格198円)

他のスーパーでは、今のところ見たことがありません。

SNSでもイオンで買っている方がほとんどですね。

それでも売ってなかったら、相模屋さんは楽天市場に出店しています。

相模屋 楽天市場 お試しセット

送料無料のお試しセットなどもありましたよ。

楽天で相模屋お試しセットを見てみる

その他の相模屋の記事はこちら↓

美味しい!相模屋の豆腐チーズが奇跡すぎ!ビヨンドとうふ2種を実食!
相模屋の豆腐チーズ、探して買ってきました! 購入したのは 相模屋 奇跡の豆腐【BEYOND TOFU シュレッド】 相模屋【BEYOND TOFU ナチュラル豆腐】 の2種類。 「相模屋 豆腐 まず...
相模屋の豆腐はまずい?おいしい?とうふグラタン|おすすめアレンジは?
相模屋の【たんぱく質のとれるとうふグラタン】2種類を実食いたしました! 私が相模屋さんに注目をし始めたのは、何年も前のこと。 【おだしがしみたきざみあげ】を買ってからになります。 味のついた油揚げが常温で保...

相模屋 肉肉しいがんも|感想まとめ

相模屋 イノセントミート 肉肉しいがんも 口コミ

私がハンバーグを作ると、ついつい少しでもダイエットしたくて、おからなどを混ぜ込んでしまいます。

ひき肉って、すごい脂があるから、普通にハンバーグを作ると、まさに罪悪感のかたまりなんですよね。

で、おからをまぜたりした結果、あんまり美味しくなくて、作ったことを後悔するということを繰り返してきました。

しかも、ハンバーグって家で作ると、そこそこ材料費がかかりますよね。

最近は挽き肉もそんなに安く売ってないですし。

なので、私の中でハンバーグは「別にもう作って食べる必要のないもの」となっていたんです。

肉肉しいがんも=ハンバーグ とまでは言いません。

でも、少なくとも私が作る中途半端にヘルシーをめざしたそれより、ずっと美味しいのは間違いなく…これからは、ハンバーグが食べたくなったら、肉肉しいがんもを食べます(笑)

相模屋さんには、これからも面白いお豆腐製品をどんどん出して行って欲しいです♪

それでは、ごちそうさまでした!

タイトルとURLをコピーしました