カゴメ野菜生活100【ご当地果実のとろけるスムージー】お中元に缶で登場!飲み比べてみた

スポンサーリンク

カゴメ 野菜生活100 スムージー 缶

カゴメ野菜生活100から、またまた新しいスムージーが新発売されました!

紙パックタイプ・パウチタイプに引き続き、今度のスムージーは缶入りになります。

種類は左から

  • トキ(青森県産)スムージーMIX
  • とちおとめ(栃木県産)スムージーMIX
  • シナノスイート(長野県産)スムージーMIX
  • 二十世紀梨(鳥取県産)スムージーMIX
  • シークヮーサー(沖縄県産)スムージーMIX

の5種類になりますよ。

価格は1本158円(税抜)ですが、2本買うと割引になるので、りんごのスムージー トキとシナノスイートを飲み比べてみることにしました!

スポンサーリンク

カゴメ野菜生活100 スムージーMIX(缶入り)はこんなスムージー

カゴメ野菜生活100 スムージーMIX ギフト

調べたところ、今回新発売された、缶入りのスムージーMIX…本来は【ご当地果実のとろけるスムージー】として、ギフト限定で販売されているはずの商品でした。

スーパーでバラ売りされているものをゲットできたのは、ラッキーでしたね。

「飲んでみた」レビューがないのも納得です。

カゴメの公式サイトによると、正式な名前は「野菜生活100 Smoothieギフトご当地果実のとろけるスムージー YSG-30」になります。

カゴメが選び抜いた日本各地のご当地果物を使った、ギフトでしか買えない「野菜生活100 Smoothie」の詰合せセットです。砂糖・甘味料・増粘剤無添加。

ひょっとするとバラで販売されるのは、今回限りかもしれません。

お中元に合わせての新発売なので、ギフトで送る前に、自分で味見ができるチャンスかも?

全種類買うと、家計を圧迫しますし、どのスムージーもご当地果物を使っているとはいえ、まずくはなりようがない素材ばかりです。

ということで、2種類あったりんごのスムージー、青森県産トキと長野県産シナノスイートだけをピックアップして飲み比べしてみたいと思います。

「同じリンゴをつかったスムージーが、品種の違いで、どれだけ味にも違いがでるのか?」

を確かめてみましょう!

【ご当地果実のとろけるスムージー】シナノスイート・トキ 飲み比べ

ご当地果実のとろけるスムージー シナノスイート トキ

野菜生活100シリーズのスムージー全体に言えることですが、パッと見た感じは容量がすごく少なく見えます。

【ご当地果実のとろけるスムージー】も、缶のサイズはかなりミニ。

容量は160gになります。

シナノスイートとトキでは入っている〇〇が違う

ご当地果実のとろけるスムージー りんご

シナノスイート(左)トキ(右)

ご当地果実のとろけるスムージー
原材料
シナノスイートトキ
野菜にんじん、ケール、ほうれん草、アスパラガス、クレソン、パセリ、かぼちゃ、レタス、キャベツ、ビート、だいこん、はくさい、たまねぎ、セロリにんじん、ケール、ほうれん草、アスパラガス、クレソン、パセリ、かぼちゃ、レタス、キャベツ、ビート、だいこん、はくさい、たまねぎ、セロリ
果実ぶどう、パインアップル、りんご(長野産シナノスイート100%)、バナナ、レモンぶどう、りんご(青森産トキ100%)、バナナ、レモン
その他寒天、香料、ビタミンC、クエン酸寒天、香料、ビタミンC、クエン酸

原材料を比較してみると、りんごの品種と産地が違う他に、シナノスイートだけにパインアップルが入っています。

パインアップルはトロピカルで、濃厚な甘みがあるので、味に違いが出そうですね。

シナノスイートとトキ|りんごの特徴を比較すると?

シナノスイート

シナノスイートの特徴は、甘みが非常に強いということ。

長野県の代表的なりんごですが、山形県などでも栽培されています。

そして、【ご当地果実のとろけるスムージー】の缶を見てもわかるように、シナノスイートは、りんごといってパッと思い浮かべるような赤いりんご。

シナノスイートの親は「ふじ」と「つがる」で、酸味が少なく、ジューシーで濃厚な甘みが、幅広い世代に愛されるりんごです。

トキ

トキの特徴は、さわやかでありながら、コクのある甘みと香り。

食べた時の食感はシャキシャキとしています。

青森県を代表するりんごで、色は黄色りんご。

トキの親は「王林」と「ふじ」で、2004年に品種登録された、比較的新しいりんごになります。

シナノスイートとトキ、見た目は赤りんごと黄色りんごで違うけれど

どちらも片方の親は「ふじ」

異母兄弟みたいな感じなんですね。

見た目で違いは分からない!お味は違う?

野菜生活100スムージー 飲み比べ

それでは、いよいよ飲んでみることに。

缶からコップに出してみると、見た目での違いはほとんどありません。

缶は小さく見えましたが、コップ1杯分程度にはしっかりなるので、適量だなと感じました。

野菜生活100 ご当地果実のとろけるスムージー

シナノスイート(左)トキ(右)

一見すると普通のカゴメ 野菜生活100や、伊藤園の充実野菜と同じように見えますが、飲んでみるとどちらも、しっかりスムージー。

とろ~り濃厚な口当たりで、おいしいです!

では、味の違いはどうかというと

普通の舌の持ち主だった場合、並べてじっくり味わって比較しないとわからないかもしれません。

多分、はちこはバラバラに飲んだらわからないだろうなぁ。

どちらもお味としては、普通のカゴメ 野菜生活100 がベースになっていて、スムージーらしいとろみのついた口当たり。

けれど、あえて言うなら、シナノスイートの方が飲みやすいですね。

シナノスイートは、ストレートなリンゴの味に近く、野菜っぽさはほとんど感じられません。

スッキリとした味わいです。

トキも飲みにくさなどはありませんが、よく味わって比較してみると、特有の香りがある感じがします。

この感想はりんごの品種について調べる前に、【ご当地果実のとろけるスムージー】を飲んでメモしたものなので、トキが香りが強いりんごだというのは正解のようですね。

そして、小さくて満足度が低そうに見えますが、1本分飲むと、それなりにお腹にたまりました。

【ご当地果実のとろけるスムージー】の賞味期限は?

【ご当地果実のとろけるスムージー】は、ギフト用に作られているだけあり、パッケージは上質感を出すように、デザインされています。

はちこが、【ご当地果実のとろけるスムージー】をお中元でもらったら、洗剤や石けんのセットより喜びます(笑)

洗剤は自分で買いたいし、石けんはたくさんもらっても、消費するのが大変ですからね。

【ご当地果実のとろけるスムージー】は、賞味期限は1年ですが、保存も常温でOK。

非常時の備えとしても役立ちますし、食欲がない時や、栄養バランスが悪い時にも利用できるので、すごく助かります(←誰へのおねだり?)

カゴメ野菜生活100 スムージーMIX【ご当地果実のとろけるスムージー】を安く買えるのは?

今回は、企画として面白いと思ったので、りんごのスムージー2種類を比較してみましたが、実はシークヮーサーや二十世紀梨のスムージーも気になって仕方ありません。

ギフトでないと手に入らなくなるであれば、全種類買っておけば良かったかなぁ…。

カゴメの公式サイトによると、ギフト用の【ご当地果実のとろけるスムージー】は18本入りで、希望小売価格が3000円(税抜)

楽天で価格を比較してみたところ、送料も入れて最も安かったのはこちらでした↓

amazonでも【ご当地果実のとろけるスムージー】見てみる

スムージーは、美味しさと健康への気遣い、どちらも満たすことが出来る飲み物です。

だからと言って、ミキサーを出してきて、毎日自分で作るのは、それなりに大変なので、人気が続くのもわかりますよね。

これからも、気になるスムージーを見つけたら、レポートしてみたいと思います。

ではでは、ごちそうさまでした~♪

スムージーネタで人気の記事はこちら↓

カゴメ野菜生活100スムージー【ソイポタージュ】飲み比べてみた!
カゴメ野菜生活100スムージーから、ソイポタージュが2種類登場しました! とうもろこしのソイポタージュとかぼちゃとにんじんのソイポタージュの2種類になります。 はちこ ポタージュと言うと、やはり牛乳...

八王子市民のために、最後にこっそり明かしておくと、【ご当地果実のとろけるスムージー】をバラ売りしていたのは、みなみ野のスーパー三和です!

タイトルとURLをコピーしました