スーパーで買える博多ラーメン!ご当地ラーメン伝説byアイランド食品

スポンサーリンク

アイランド食品 博多ラーメン ご当地ラーメン伝説

アイランド食品と言えば、赤をベースにしたパッケージの銘店伝説が有名ですが、こんなチルドラーメンを見つけました。

ご当地ラーメン伝説 博多」です。

スーパーで安売りしていたのを見て買ってきた時は、アイランド食品のラーメンだと気がつきませんでした。

しっかりパッケージの左上にはアイランド食品のロゴマークが👀

銘店伝説は、その名の通り、全国で美味しいと有名なラーメン店の味を、家庭でも再現できるというコンセプトで販売されているチルドラーメン。

ですが「ご当地ラーメン伝説」というラインナップを新たに登場させていたようです。

チルド麺のコーナーはお買い物のたびにチェックしているのに、全然気がつきませんでした。

ご当地ラーメン伝説のラインナップは4種類(2018年12月末現在)

  • 御当地ラーメン伝説 博多
  • 御当地ラーメン伝説 札幌
  • 御当地ラーメン伝説 京都(西日本限定)
  • 御当地ラーメン伝説 横浜

希望小売価格は380円(税抜)ですが、大抵の場合、スーパーだとチルドラーメン2食入りは大体298円くらいで販売されてますね。

今回はその中から、198円という格安で買うことが出来た【博多】をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ご当地ラーメン伝説 博多(アイランド食品)はこんなラーメンでした

ご当地ラーメン伝説 博多の中身はこんな感じ。

銘店伝説と同じく、麺とスープが各2食分入っています。

具材は自分で用意系です。

麺は「半生極細」ということで、そうめんのように細いストレート麺です。

そもそも博多ラーメンは、細麺が特徴。

パッケージにも「多忙な市場関係者に素早く提供するために生まれた極細麺」と解説がされていました。

「さがみはらぁ麺グランプリ」受賞店である【博多長浜ラーメン六角堂】を訪れた時も、めちゃくちゃ細い麺で、提供も驚くほどのスピードだったことを思い出しました。

六角堂堀之内店で長浜ラーメン|学生替玉無料!メニュー・駐車場あり
六角堂堀之内店で長浜ラーメンを食べてきました。 六角堂は淵野辺に本店があり「さがみはらぁ麺グランプリ」受賞店でもあります。 「持ち歩ける相模原本」”食べておくべき16杯”の中の1店舗としてもピックアップされています。 ...

ご当地ラーメン伝説 博多を作ってみよう

ご当地ラーメン伝説 博多 の作り方

作り方も掟も銘店伝説と一緒。

<作り方>

  1. 沸騰したたっぷりのお湯に麺をほぐし入れ、45秒~1分ゆでる
  2. ゆでている間に、スープを器に入れて250㏄のお湯で希釈しておく
  3. 麺が茹で上がったら、お湯を良く切って2のスープに入れる

<掟>

  1. 丼とスープ袋をあたためておく
  2. スープは袋から全てしぼりだす
  3. 麺はほぐしながらお湯にいれる

では、実際にラーメンを作っていきますよ~

下準備その1:トッピングの用意

 

「トッピングの下準備はラーメンをゆでる前にするのがおすすめ」と書く事が多いのですが、博多ラーメンの茹で時間は、いつも以上に短いので、今回はおすすめではなく必須で。

自家製のチャーシューをスライスし、長ネギを小口切りにしておきました。

大勝軒のレシピで自作チャーシュー|作り方簡単でプロの味!アレンジ方法も紹介
つけ麺で有名な【東池袋 大勝軒】のレシピを参考に、自家製チャーシューを作ってみました。大勝軒は八王子にもあるラーメン店です。少ない材料で、簡単においしく出来ちゃいます!ぜひお試しを♪

左上にチラッとうつっているのは、たまたまあった生姜の甘酢漬けです。

紅ショウガの代用になるか試してみようと思います。

下準備その2:お湯を沸かし丼とスープを温めておく

お湯をたっぷりと沸かしたら、丼にスープの袋を入れて、熱湯を注ぎ、温めます。

こうすることで、丼とスープどちらも温まるので一石二鳥です。

ポットにお湯があったら、それを使ってもOK。

麺をゆでるのとは別にスープを希釈するお湯の準備を忘れずに☝

温まった丼にスープをしぼりだしたところです。

茹で時間が短い麺の場合は、慌ただしいので希釈する手前まで下準備しておいた方が楽ですね。

1:麺を45秒~1分半程度茹でる

沸騰したお湯で麺を45秒~1分半ほど茹でます。

はちこは45秒にしておきました。

2:丼にスープを準備

下準備しておいた器に250㏄のお湯を注ぎ、スープを希釈します。

3:スープのどんぶりに麺を移す

麺のお湯をよく切って、スープの入った器に盛り付けたら完成!

45秒の茹で時間って、実にあっという間です。

下準備って本当に大事だなと実感するプチ出来事が、この後発生しました(笑)

ご当地ラーメン伝説 博多を食べてみよう

息子ちゃんが風邪で寝込んでるので、今回は息子くんが登場いたします。

ふんわり長男くんは、ちゃんとレビューしてくれるかな?

まずはスープから、いただきます。

ご当地ラーメン伝説 博多は、豚骨スープですが、さほどコッテリした感じはありません。

ここで、息子くんが一言。

このラーメン、美味いけど、どっかで食べた気がするなぁ。

銘店伝説と同じアイランド食品ってメーカーなんだけど、銘店伝説シリーズではないんだよねー。

新しくご当地ラーメン伝説って言うのを出したみたいだよ。

麺は銘店伝説のやつと同じみたいだけど?

いつもは煮え切らないコメントか、謎の発言ばかりする息子くんですが、珍しく麺について語ってくれました。

自家製チャーシューもう~ま~!

大勝軒のレシピが使えすぎて、我が家にチャーシューのない日が、ほとんどありません。

ここで、生姜の甘酢漬けをトッピング。

最初からのせて、まずくなっちゃうといけないので、後のせにしました。

博多ラーメンにはやっぱり紅ショウガの方が美味しい💦

まずくはないけど、甘酢漬けだと、甘すぎ!

そりゃ、そうだろうね。

甘酢漬けだから。

ここで、ふと何か忘れていることに…

あ、メンマ買ってあったの忘れてた

パッケージにメンマの画像がなかったから、すっかり忘れてました。

後のせメンマ。

絵的に微妙だったので、ドアップ撮影でごまかしてます。

そんなこんな、ぐずぐずしていたら…

麺が伸びちゃって、途中から腰がなに一つなくなっちゃいました( ;∀;)

博多ラーメンは、市場の人たちのように、ズルズルーっと豪快に、そして一気に食べるのがおすすめですね~。

伸びにくいつけ麺が、女性に人気なのが分かった気がしました。

世の男性方は、いくら美味しくても、付き合いたての女性を博多ラーメン店に誘うのはNGかもしれません。

ご当地ラーメン伝説 博多|気になるカロリーは?原材料もチェック

ご当地ラーメン伝説 博多 1食分のカロリーは417.1キロカロリーです。

豚骨ラーメンと言うと、コッテリしていてカロリーが高いイメージですが、チルド麺の中ではカロリー低めで、ホッとしました。

ご当地ラーメン伝説 博多|栄養成分

エネルギー(カロリー)417.1キロカロリー
たんぱく質12.7g
脂質12.7g
炭水化物(≒糖質)63.1g
食塩相当量7.0g

名称:半生ラーメン

<原材料名>
麺:小麦粉、小麦たん白、還元水飴、食塩/酒精、加工デンプン、かんすい
添付調味料(スープ):ラード、ポークペースト、醤油、ポークエキス、食塩、還元水飴、砂糖、ポークエキスパウダー、にんにく、風味油/酒精、調味料(アミノ酸など)、増粘剤(加工デンプン)、乳化剤、香料

内容量:326g(めん:100g×2、添付調味料:63g×2)

保存方法:要冷蔵(10℃以下)

製造者:株式会社 アイランド食品

アイランド食品 ご当地ラーメン伝説 博多感想まとめ

一応、糖質に気をつけてるつもりなので、少しラーメンから遠ざかっておりました。

アイランド食品の銘店伝説については「まずい」というキーワードも実はあるのですが、はちこは「そりゃ、お店の味には叶わないけど、家庭で作る分にはじゅうぶん美味しい」と思っています。

家庭で作る場合、「茹で時間を守ったか?」「素ラーメンで食べたのか?」など、まずくなる要因はたくさんありますしね。

細麺なんて、茹で過ぎたら…間違いのないまずさ決定ですw

楽天やAmazonなどのレビューを見る場合、つい悪い口コミを鵜呑みにしがちですが、辛辣すぎるレビューの場合は、その人のしているレビュー全体をチェックするといいです。

基本的に文句を言っている方も結構いるので。

何でも「美味しい~!」ってレビューも当てにならないんですけどね。

博多ラーメンと一緒に、銘店伝説『北海道旭川 鉢屋』も買ってあるので、近いうちにレビューしたいと思います。

ではでは、ごちそうさまでした~♪

その他のラーメンの記事はこちらから

タイトルとURLをコピーしました