ウエルシア脂肪ゼロヨーグルトは安いだけじゃない!おすすめな理由とは?比較してみた!

スポンサーリンク

ウエルシア 脂肪0ヨーグルト

ウエルシアではたくさんのPBブランド商品を開発していますが、中でも健康に関わる商品には特に力を入れています。

ウエルシアPB商品【糖質を抑えたクロワッサン】食べ比べ!カンブリア宮殿でも紹介!!
ウエルシアがPB商品に力を入れて始めているのは、ご存知でしょうか? カンブリア宮殿(2018年5月31日放送)でも取り上げられたウエルシアですが、スーパーやコンビニと争うべく、「健康」に着目したPBブランド商品を開発。 ...

先日は、カンブリア宮殿で紹介された、ウエルシアとヤマザキがコラボした低糖質パンを試してみました。

ウエルシアの脂肪ゼロヨーグルトも、PB商品で注目されているものの一つ。

人気のためか、たったの1つしか残っていなかったものをゲットしてきました。

しかも400g98円(税抜)って

安い!

でも、安いヨーグルトって、有名なビヒダスなどに比べて、水っぽくて微妙なヨーグルトもあるんですよね。

なので、自宅に買い置きしてあった、ビヒダスの脂肪ゼロヨーグルト(400g128円(税抜))と比較してみることにしました。

スポンサーリンク

ウエルシア脂肪ゼロヨーグルトとビヒダス脂肪ゼロを比較してみた

ヨーグルトには、整腸作用はもちろんのこと、最近では「免疫力が高まる」「アレルギーに効く」「花粉症が軽減される」という説もあり、健康維持には欠かせない食品になっていますね。

ヨーグルトは、基本的に牛乳+菌なので、使っている菌の種類が気になるところです。

ウエルシア脂肪ゼロヨーグルトビヒダス脂肪ゼロヨーグルト
菌の種類プロバイオティクスBB12ビフィズス菌BB536
菌の特徴BB12はプロバイオティクスとして1985年から世界的に利用されているビフィズス菌。
酸に耐える力は一般的なビフィズス菌よりも高い。
そのためヨーグルト中の菌数が保たれ、生きたまま腸に届く。
また、苦手な人も多い酢酸臭のないヨーグルトになることも特徴。
ビフィズス菌BB536は、健康な乳児から発見された菌。
もともと人の腸内に住んでいた菌なので、腸内環境に適しており、酸や酸素に強く、生きたまま大腸に到達しやすいのが大きな特徴。

こうやって比較してみると、説明の言葉は違いますが、どちらも生きたまま大腸に届く優秀な菌だということが書かれています。

BB536とBB12の優劣を、客観的に判断した情報は見つかりませんでした。

ですから、どちらも菌も「生きたまま大腸に届く」と思ってOKだと考えます。

カロリーは?ダイエットに向いているのは?栄養成分を比較

100gあたりの栄養成分表示比較

ウエルシア脂肪ゼロヨーグルトビヒダス脂肪ゼロヨーグルト
エネルギー(カロリー)47キロカロリー46キロカロリー
たんぱく質4.7g4.2g
脂質0.3g0g
炭水化物(≒糖質)6.4g6.5g
ナトリウム58mg51mg
カルシウム165mg150mg

100gあたりのカロリーの違いは1キロカロリー。

脂肪ゼロのヨーグルトではあるものの、ウエルシアのヨーグルトには0.3gと書かれています。

ただし、ビヒダスヨーグルトの0gは、100g当たりの脂質が0.5g未満だった場合「脂肪0」と表示しても良いとされる食品表示基準に基づいているため、厳密には0でない可能性もあります。

ほとんどの数値が変わらない中で、ウエルシアのカルシウムの量が、100g当たり15g多くなっているのは魅力的ですね。

無脂乳固形分の量は?

ヨーグルトを選ぶ時に、気にしたいのが無脂乳固形分の量。

無脂乳固形分とは、牛乳中の乳脂肪分以外の固形分(水分と乳脂肪分を除いた成分)のことです。

牛乳でも、無脂乳固形分の量は8.0%以上と定められています。

無脂乳固形分=たんぱく質、炭水化物、ミネラル、ビタミンなど、牛乳中の栄養なので、この数値が高いほど栄養分があると言ってよいわけです。

そして、その無脂乳固形分の量は

  • ウエルシア脂肪ゼロヨーグルト…12.0%
  • ビヒダス脂肪ゼロヨーグルト…11.3%

もったり濃厚なギリシャヨーグルト(日本ギリシャヨーグルト)の無脂乳固形分は13.6%、ダノンオイコスカカオ&ベリー味は12.5%ですから、12.0%が高い数値だとわかってもらえるかと思います。

ちなみにですが、ダノンビオボタニカルズシリーズは9.0%になっています。

ウエルシア脂肪ゼロヨーグルトを実食レビュー

残るところはお味。

蓋の内側が密閉シールされているのは、どのヨーグルトも一緒ですね。

見た目では、普通のヨーグルトです。

水分の分離などは見られません。

スプーンですくってみると、ビヒダスと同じ程度のもったり感。

両方をお皿に出してみました。

見た目じゃ、よくわからないですよね(笑)

が、味は比較してみるとはっきり違いました。

ウエルシアの脂肪ゼロヨーグルトの方が酸っぱくないです!

ヨーグルトと言えば酸っぱい食べ物というのが普通でしたが、ビヒダス脂肪ゼロヨーグルト『すっぱくない』ことを売りにしています。

が、酸っぱさについては何も書いていないウエルシアのヨーグルトの方が酸っぱくありませんでした。

これがBB12の特徴が生きている証拠かもしれません。

最近では『ウエル活』という言葉があり、毎月20日のウエルシアお客様感謝デーにTポイントカードを使ってお得にお買い物をすることが流行中。

それを利用して、脂肪ゼロヨーグルトを買ったら、実質98円以下の価格でゲット出来ちゃいますよね。

近ごろ、はちこはしょっちゅうお腹を壊すので、ヨーグルトは気になるアイテムの一つ。

さすがに買いだめは出来ませんが、ウエルシアに行った際は「脂肪ゼロヨーグルト」を忘れずにチェックしようと思います。

ではでは、ごちそうさまでした~♪

特典付き【送料無料】クビンス『ヨーグルト(ギリシャ)メーカー&チーズメーカー』Greek yogurt&Cheese maker【ギリシャヨーグルト、チーズ、甘酒、納豆、酢、酵素、ピクルス、漬物、果実酒】
タイトルとURLをコピーしました