ウエルシアPB商品【糖質を抑えたクロワッサン】食べ比べ!カンブリア宮殿でも紹介!!

スポンサーリンク

ウェルシア ヤマザキ 糖質を抑えたクロワッサン

ウエルシアがPB商品に力を入れて始めているのは、ご存知でしょうか?

カンブリア宮殿(2018年5月31日放送)でも取り上げられたウエルシアですが、スーパーやコンビニと争うべく、「健康」に着目したPBブランド商品を開発。

かなりの人気商品になっているそう。

はちこが住んでいる八王子でも「またウエルシアが出来るの?」というくらい、店舗数が拡大しています。

そこで、ご近所のウエルシアへ偵察に行ってみたところ、店内は『カンブリア宮殿で紹介されました』がいっぱい。

その中から数点ピックアップして購入してみました。

中でも特に気になったのは、ウエルシアが、あのヤマザキパンとコラボして作った低糖質シリーズ。

今では糖質を制限する「ロカボダイエット」は、広く知られているダイエット法で、低糖質の商品がスーパーでもたくさん見られるようになりました。

ウエルシアの店舗内では、特別に低糖質パンのコーナーが設けられていましたよ。

そのすぐ近くには

低糖質のお菓子も!

全部食べてみたい!

しかし、いくら低糖質でも食べ過ぎは禁物なので、まずは【糖質を抑えたクロワッサン】2種類を食べ比べてしてみようと思います。

スポンサーリンク

ウエルシアPB商品【糖質を抑えたクロワッサン】

ロカボとは?

【糖質を抑えたクロワッサン】のパッケージにはロカボについての説明が書いてあります。

糖質を制限するということは知っていましたが、どの程度の量に抑えるかもきちんと決まっているんですね。

ロカボ=一日の糖質を70~130gに糖質を制限する考え方

角砂糖20個分くらいで糖質70gとのことなのですが、実はこれ、あっという間に摂取してしまうほど少ない量なんだそう。

その昔、流行した地中海ダイエットでは「パスタは太りにくい」とされていましたが、例えばナポリタンを1人前食べると、90gくらいの糖質を摂取してしまう事になります。

という事で、【糖質を抑えたクロワッサン】を1袋食べた場合の糖質がどの程度なのかをチェックしてみます。

【糖質を抑えたクロワッサン】の糖質は?カロリーは?栄養成分を比較

クロワッサン(左)チョコクロワッサン(右)

【糖質を抑えたクロワッサン】1包装(2個)あたりの栄養成分

クロワッサンチョコクロワッサン
エネルギー(カロリー)337キロカロリー350キロカロリー
たんぱく質5.8g7.3g
脂質25.5g22.9g
糖質18.2g24.6g
食物繊維5.7g8.2g
食塩相当量252mg242mg

カロリー、糖質どちらとも【チョコクロワッサン】の方が高くなっています!

しかし、脂質は【クロワッサン】の方が高いということがわかりました。

クロワッサンの平均的なカロリーは40g(1個)で約180kcalのカロリーなので、【糖質を抑えたクロワッサン】はカロリー面で見た場合、そんなに低カロリーではないということになります。

糖質については、他に糖質を摂取しないのであれば、1食の目安である糖質量20~40gをクリアしているので、間違いなくロカボ商品と言えますね。

 

ウエルシアPB商品【糖質を抑えたクロワッサン】食べ比べ

どんなにロカボであっても、味があまりにもまずかったら、それはちょっと考えてしまいます。

【糖質を抑えたクロワッサン】のお味を確かめてみましょう。

まずはノーマルなクロワッサンから。

見た目の印象は、なんだかちょっと色が薄いクロワッサンという感じです。

楽天で上位の低糖質クロワッサンを見たら、そちらも白っぽかったので、そういうものなのかも?

一口食べてみた印象は

あんまりクロワッサンっぽくない~

バターの風味はゼロですね。

記事の最後に原材料を掲載しますが、バターの文字は入ってないので、クロワッサンっぽい形をしたパンといった感じ。

まずくはないですが、すごく美味しいわけでもないです。

ヤマザキのパン自体「普通の味」なものが多いですし、ダイエット食としては充分、合格点かと思います。

次はチョコクロワッサンへ。

チョコクロワッサンの方が美味しい!

いつもだったらチョコ味って、そんなに好まないのですが、ウエルシアの【糖質を抑えたクロワッサン】については、チョコ味の方が美味しく感じました。

甘さはもちろん控えめですが、チョコレートの風味があり、むしろ甘ったるいチョコ系のパンより、これくらいの方が好きです。

以前、パスコのイングリッシュマフィンで低糖質ブランの食べ比べをしたことがあり、そのお味が微妙だったので「リピはない」と書いたことがあります。

【パスコ】イングリッシュマフィン|低糖質ブランVS超熟|カロリーなどを比較調査
パスコの【低糖質イングリッシュマフィン ブラン】が前々から気になっていました。 イングリッシュマフィンを焼いた時の外がカリッと、生地はモチモチと言う他のパンにはない食感が大好きです。 特にパスコのイングリッシュマフィンは...

しかし【糖質を抑えたクロワッサン】だったら、セールしていたら買ってもいいなぁと思いました。

出来たらオーブントースターで温めて

一口だけそのまま食べてから、オーブントースターで数分温めてみました。

外で食べる場合は難しいかと思いますが、自宅で食べる場合は、間違いなく温めた方が美味しいです!

サクサク感が全く違いますし、チョコレートなどの風味が際立ってきます。

カロリーはあがってしまいますが、ノーマルのクロワッサンはチーズなどの塩分が多少あるものをのせて焼くと、美味しさがアップすると思いました。

横半分に切って、平らな部分に粉チーズをちょっとだけ振りかけてみる程度でも、違うと思いますよ。

ウエルシアPB商品【糖質を抑えたクロワッサン】後記

当ブログでは食品に記載されている栄養成分をチェックすることが多いのですが、糖質は炭水化物(≒糖質)という形で記載しています。

糖質の表示義務は定められていないので、一部の商品にしか糖質の記載はされていないからです。

しかし、厳密には炭水化物=糖質+食物繊維なので、消費者(特にダイエットや糖尿病予防をしている方)にとっては、むしろ糖質の方を明らかにしてほしいところ。

世界的には、糖質の表示が義務になっている方が普通なのだとか。

日本でもロカボ商品でなくとも、糖質の表示が当たり前になっていって欲しいものですね。

ではでは、ごちそうさまでした~♪

ウエルシアのヨーグルトも食べました↓

ウエルシア脂肪ゼロヨーグルトは安いだけじゃない!おすすめな理由とは?比較してみた!
ウエルシアではたくさんのPBブランド商品を開発していますが、中でも健康に関わる商品には特に力を入れています。 先日は、カンブリア宮殿で紹介された、ウエルシアとヤマザキがコラボした低糖質パンを試してみました。 ...

【糖質を抑えたクロワッサン】原材料など

名称:菓子パン

クロワッサン原材料名:小麦粉、マーガリン、卵、発酵種、ショートニング、ラード、砂糖、植物性たんぱく、パン酵母、ホエイパウダー、植物油脂、麦芽エキス、食塩、乳糖、卵粉、ライ麦粉、加工デンプン、グリセリン、乳化剤、香料、甘味料(ステビア)、酸化防止剤(V.E)、カロテノイド色素、清酒

チョコクロワッサン原材料名:小麦粉、チョコスプレッド、卵、発酵種、ショートニング、ラード、砂糖、植物性たんぱく、パン酵母、ホエイパウダー、植物油脂、麦芽エキス、食塩、乳糖、卵粉、ライ麦粉、加工デンプン、グリセリン、乳化剤、香料、甘味料(ステビア、スクラロース)、清酒

内容量:2個

販売者:山崎製パン

タイトルとURLをコピーしました