萬盛堂(まんせいどう)@八王子市高尾|戦前から続く老舗和菓子店でした

スポンサーリンク

高尾 和菓子屋 萬盛堂

高尾にある和菓子屋さん萬盛堂(まんせいどう)へ行ってきました。

高尾駒木野庭園を訪れるついでに、以前あんず大福をご紹介した有喜堂(ゆうきどう)支店にも寄ろうと思っていたのですが、またもや定休日だったんですね。

定休日でも有喜堂を撮影したよ✌

だがしかし!そこは抜かりなく別の和菓子屋さんが、すぐ手前にあったのを発見していたはちこです👀キョロキョロしながら歩いてるからね
「抜かりないなら定休日を確認しておけ」という話には触れないように

それが萬盛堂(まんせいどう)だったというわけです。

実は…中に入るかどうか迷ったんですが、背中を後押ししてくれる方が現れまして…そのエピソードも含めてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

萬盛堂(まんせいどう)@八王子市高尾はこんな和菓子屋さんでした

高尾駅北口から徒歩3分

高尾の萬盛堂の場所はここです↓

わざわざ「高尾の」とつけるには理由がありまして…

Google先生に「萬盛堂」についてお尋ねすると「石村萬盛堂」の結果がたくさん表示されます。

「石村萬盛堂」も老舗の和菓子屋さんになります。

「石村萬盛堂」ではないからね☝

調べる時は「高尾 萬盛堂」とか「八王子 萬盛堂」と入れるがよろし。

萬盛堂の最寄りの駅は高尾駅。

高尾駅北口を出て、さらに北へ向かうと、甲州街道(国道20号)に出ます。

徒歩で約3分の場所にお店はあるので、アクセスは抜群ですね。

有喜堂支店の場所も3分程度と書いているのですが、駅からの距離は若干ですが萬盛堂の方が近いです。

常連さん?のおすすめは【みたらし団子&芋ようかん】

駒木野庭園→隠れすぎたお蕎麦屋さん蕎麦と杜々(とと)の帰りだったので、お腹が満たされていたせいもあり、「事前調査もしてないし、買わないで帰ろうかなぁ」とも思ったのですが

ここ、美味しいですよ

萬盛堂の外にあったテーブルで、本を読みながら和菓子を食べていた常連さんっぽい男性が、声をかけてくれました。

続けて「おすすめはみたらし団子で、もう少し上級者になったら芋ようかんが美味しいです」との説明も。

ふ…一気に上級者になってみようじゃないか👍

 

確かに芋ようかんって、芋風味のようかん(基本は普通の羊羹っぽいテイスト)のと「芋をつぶして固めただけか?」疑惑のある芋ようかんもあるしね。

 

和菓子屋さんによって、意外と味わいが異なったりする部分もあるよね。

こんないきさつがあり、お店に入ることを決めました。

明治末創業・老舗和菓子店

扉をあけると、すぐそこはショーケース。

北野街道沿いにある片倉だんごと似たような店構えで、ちょっと雰囲気も似てるかな。

創業は明治の末で、100年以上の老舗和菓子店とのこと。

お店の方(多分4代目の店主さん)のお話によると「戦争中は閉店寸前まで行った事もあるみたいです。長く続けているだけです」と謙遜されていましたが、一つのお店を4代続けるというのは並大抵のことではありませんよね。

常連さんがお話してくれた「みたらし団子」ですが、おそらく「焼き団子(70円)」のことだと思われます。

浅川の栗(150円)や高尾の梅(150円)といった、八王子にちなんだ名称の和菓子もリーズナブルな価格設定で日常使いしやすいですね。

海苔をまいた「いそべ団子」や、きなこをまぶした「あべかわ団子」なども並んでいました。

芋ようかんは愛娘の方がおすすめ

そして、こちらが芋ようかん。

2種類あります。

使っているさつま芋の品種が違っており、片方は「紅あずま」もう片方は「愛娘」を使っているようです。

価格が一緒なので

 

どっちの芋ようかんがおすすめですか?

と、聞いてみたところ「愛娘」をおすすめされました。

今までは紅あずまのみで、芋ようかんを作っていたそうですが、今年は愛娘を取り入れたとのこと。

愛娘というさつま芋の品種を聞くのははじめて。

イチゴみたいな名前で可愛いですね🍓

愛娘というさつま芋の正式名称は【大栄愛娘(たいえいまなむすめ)】と言い、千葉県成田市のブランドさつま芋です。

さつま芋は荒地でも栽培でき、肥料もあまり必要としない植物です。
(戦後はお米がないのでさつま芋を食べていたのが良い例です)

にもかかわらず、大栄愛娘は、完熟たい肥と米ぬかを使用した土づくりを行い、基準を満たした農家だけで生産されています。

大栄愛娘の特徴は、紅あずまより肉質がきめ細やかで、しっとりなめらかな口当たりが特徴。

そのままでも「しっとりなめらか」なんだったら、芋ようかんに加工しても絶対美味しいはず!

期待が膨らみます⤴⤴⤴

萬盛堂(まんせいどう)の和菓子を食べてみよう

焼き団子(みたらし団子)…70円(税別)

こちらが常連さんイチオシの焼き団子(みたらし団子)

みたらし団子が激安な伊勢屋には10円負けちゃいましたが、70円はお安い方ですよ~。

材料もシンプルですね~。

手元にあった「八王子 和菓子と蕎麦 食べ歩きマップ」を見たら、萬盛堂(まんせいどう)の説明に

原材料本来のおいしさを生かすため、保存料や防腐剤は一切使用しておらず、やさしい味に仕上げています

と、書かれていました。

市販のみたらし団子を買うと、大抵日持ちを向上させるためにグリシンが入っていますが、そういったものは全く入っていませんね。

ですから、焼き団子の賞味期限は買ったその日です。

しっかり焦げ目がついていて香ばしそう~。

いただきます!

お団子は密度が高く、むぎゅ~!っとしてます。

ムニュムニュではなく、弾力のあって食べ応えがある食感ですね。

焼き立てで食べてみたい!

常連さんは、出来立てほやほやを、食べたりしてるんでしょうか…何とも羨ましいです。

インスタにも投稿したところ、Cafe Mariposa(マリポサ)さんからコメントもらっちゃいました☺

「昔ながらのお団子作り」いいですよね~。

マリポサは、高尾山口すぐのところにあるトリックアート美術館の2軒お隣りにあるカフェなんですよ☝

銘菓 栗最中…150円(税別)

八王子にちなんだ和菓子をプラスしようと思っていたのに、いきなり最中が食べたくなって買ったのが、こちらの「栗最中」

皮は栗の形をモチーフにしています。

大きさはこれくらい📏

まるごとの栗が入っている最中も増えていますが、萬盛堂の栗もなかは刻んであるタイプでした。

割と栗の量は多くて、風味はちゃんとしましたよ。

中はこしあん、皮はパリパリ食感ではなく、しっとり系で薄めに仕上がっていました。

オーソドックスな栗もなかですね。

芋ようかん…220円(税別)

いよいよ、期待の芋ようかんの登場です。

大きさもはかってみました。

封を開けて、切ってみると、なめらかさが伝わってきますね。

とてもきれいな薄い黄金色の芋ようかんです。

こ、これは~!

芋ようかんというより、和風スイートポテトみたい!

本当に、本気でなめらか食感です。

バターが入ってない分(もしかしたら、入ってるかもしれないけどw)ヘルシーなはず。

しっかり甘いのに、後味がすっきりしていて、美味しい♪

なめらかですが、普通の羊羹のように「ねっとり」ではなく、口の中でほろろ~んととろけるようでした。

 

 

 

俺さ、芋があんまり好きじゃないのって「パサパサしていて、のどにつっかえるから」なんだけど、この芋ようかんは全然違ってて、うまいね。

芋嫌いの息子くんに食べさせてみたら、こんな感想を言ってました。

この芋ようかんを勝手に銘菓認定したいと思います(。+・`ω・´)キリッ

ほとんどが「さつま芋」で出来ている感じなのに、雑味やえぐみもなく、本当に美味しい芋ようかんでした。

他の和菓子も食べてみたいけど、この芋ようかん買いしたいお味でした✨

萬盛堂(まんせいどう)感想まとめ

帰る時に、お店の裏手から、もくもくと蒸気があがっているのが目にとまりました。

一体、どんな和菓子が作られていたんでしょうね。

駐車場はお店脇の道を入って行くと裏側にあるとのこと。

3台分用意されているそうです。

はちこは徒歩だったので、確認してないのですが、この画像に写っている道だと思います。

結構、細い道なので運転には注意してくださいね。

それとも…実はもう一種類おまんじゅうをお願いしていたのですが、袋の中に入ってませんでした。

お金はひかれてなかったので、全然大丈夫なのですが、とっても美味しい和菓子屋さんだったので、おまんじゅうも食べてみたかったなぁ…残念!

みたらし団子以外の和菓子の賞味期限がわからなかったので、なるべく早く食べた方が良さそうでした。

うちではペロリと、その日のうちに食べちゃいましたけどね☺

ではでは、ごちそうさまでした~♪

萬盛堂(まんせいどう)|基本情報

住所193-0844
八王子市高尾町1618
電話042-661-0114
営業時間9:00~19:00
定休日水曜(夏季休業・不定休あり)
駐車場3台
サイト菓子処 萬盛堂

※情報は変更している場合があります。来店する際は事前のチェックをお願いします。