カゴメ AOJIL CLEARレビュー|口コミではまずいという声も?青汁があれの味?!

スポンサーリンク

カゴメ AOJIL CLEAR

カゴメから新しい…ある意味実に新しい青汁【AOJIL 国産緑野菜を使った青汁 CLEAR】が登場しました。

カゴメ AOJIL CLEAR

価格は330mlで158円(税抜)と、まぁまぁな価格です。

カゴメ野菜生活100スムージーと同じ形のパッケージですが、「AOJIL」とお隣の「ONEDAY」は『ミレニアル世代のウォンツに応える野菜飲料』として登場しています。

カゴメ AOJIL CLEAR

ミレニアル世代というのは、現在の20代~30代をさしており、深刻な野菜不足世代の健康を応援する「GO!ME.」プロジェクトとして「AOJIL」と「ONEDAY」が発売されました。

そんな「AOJIL」ですが、はたして若者に受け入れられるお味なのか。

実際に飲んで確かめてみようと思います。

スポンサーリンク

【AOJIL 国産緑野菜を使った青汁 CLEAR】お味は?おいしい?まずい?

カゴメ AOJIL CLEAR

カゴメの公式サイトによると

「忙しい」「おなかがすかない」などの理由から朝食の欠食率が高く、1日に必要な総エネルギー量を摂取出来ておりません

と書かれていましたが、これには本当に納得。

うちの息子たちも、食に対する欲望がそもそも低い気がします。

また、昔だったら「残すことはだめ」とか「野菜も食べないとお肉はあげないよ」とか、しつけの一環として野菜を無理してでも食べさせることが普通でした。

しかし、現代はイチローや内村航平など「野菜を食べないアスリート」が広く知られるようになったり、本人の気持ちを尊重しようという傾向が強くなって、我が家でも無理して嫌いなものを食べさせないでやってきてしまった気がします。

若いミレニアル世代が野菜不足になる理由は、単純に「野菜の美味しさを知らないから」だったり「野菜はまずい」と思っている人も多そうです。

実際、息子ちゃんは先日

俺は「野菜を食べたい」と思ったことは一度もない

という、衝撃的な発言をしていました。

それを考えると、いくらミレニアル世代の野菜不足を解消するためにAOJILを買ってきたとしても、美味しくなければ、続けて飲もうという気持ちにはならない可能性が高いです。

実はAOJIL、すでに「まずい」という口コミもあがっています。

カゴメ AOJIL 飲んでみた

カゴメ AOJIL CLEAR

AOJILは、キャップをひねれば、そのまま飲むことが出来ますが、中身の状態を見てもらうためにグラスに入れてみました。

ちょっと濁ったグリーンで、粉末を溶かして飲む手ごろな価格の青汁とは、違って見えます。

お味の方はと言うと

「まずい」というほど、まずくはないです。

飲めます。

ジンギスカンキャラメルの100倍ましです(笑)

が、正直「おいしくはない」です。

味のイメージを言葉にするならば

苦みのない薄いお茶にほんのりと青のりのような風味がある汁

といった感じでしょうか。

海草は入ってないのに、なぞの青のり風味…はちこだけが感じたのかと思ったら

同じことを感じた方を見つけちゃいました。

ちょうど息子くんが帰ってきたので、「新商品の青汁だよ」と言って、少量試飲してもらうことに。

え?なにこれ?(しかめっ面)

薄いし、変わった味がする…。

普通の青汁(←はちこが格安で買ってくる粉末のやつ)でよくね?

まぁ、身体に良さそうではあるけど。

とのことでした。

青汁でありながら原材料の一番は…

AOJILは青汁でありながら、原材料の一番はケールなどではなく、さつまいも。

実は青汁には「すいおう(翠王)」という、さつまいもの葉を原料とした商品もあります。

ケールよりも栄養価が高く、さつまいもの甘みを活かし、ごくごく飲めるとされているのですが、AOJILには甘みという物は基本的に感じませんでした。

粉末の安い青汁には砂糖が入っていることもありますが、AOJILには砂糖はもちろんのこと人工甘味料なども使われていません。

パッケージに「グリーン クレンジング習慣」と書かれているように、体内が洗われるような青汁ではありますが、飲んだ若者たちの多くが飲むことを習慣にするのは、難しいような気がします。

また、気になったのは「国産緑野菜を使った青汁」ということを前面に出しているので、アメリカ産のサツマイモが原材料の1番にきているのは誤解をまねきそう。

国産の緑野菜を使ってさえいれば、嘘にはならないのですが…。

カゴメ AOJILのカロリーは?ダイエットに向いてる?

カゴメ AOJIL 1本330mlあたりのカロリーは36キロカロリー。

同じ量のカゴメ野菜生活100スムージー【オレンジざくろ&ヨーグルト】のカロリーは140キロカロリーなので、かなりの低カロリー飲料です。

さすが青汁、ダイエットの強い味方になるのは間違いがないですね。

糖質も6.1gと相当におさえられているので、若者全体というよりはダイエット中の女の子には、ぜひおすすめしたい青汁です。

2019年6月9日までLINEで当たるキャンペーン中

「AOJIL」と「ONEDAY」どちらにも、シールがついており、中に二次元コードが印刷されています。

こちらをLINEの友だち追加で読み込むと、簡単にキャンペーンに応募でき、当たりかはずれかの結果もすぐにわかるようになっています。

残念ながら、はちこははずれてしまいましたが、総計1000名に当たるので、AOJILのお味から考えても当選率はそう低くないかも?(笑)

GO!ME.プレゼントの商品などはこちらから確認できますよ。

ではでは、ごちそうさまでした~♪

ワンデイも飲んでみました↓

カゴメONEDAY(ワンデイ エナジーバナナ)実飲レビュー!こっちはおいしい?
カゴメから新発売されていたONEDAY(ワンデイ エナジーバナナ)を飲みました。 前から買ってあったのですが、一緒に登場していた青汁【AOJIL 国産緑野菜を使った青汁 CLEAR】が、そこはかとなく青のり風味だったので、なか...
タイトルとURLをコピーしました