純愛ディソナンス|TVer配信6.5話「転調~空白の5年間」あらすじネタバレ感想

スポンサーリンク

純愛ディソナンス ネタバレ あらすじ 感想

純愛ディソナンス6.5話

「転調~空白の5年間」

のあらすじネタバレ感想記事になります。

「転調~空白の5年間」はTVerオリジナルドラマになります。

『純愛ディソナンス』最終回までのあらすじネタバレ感想|面白い?つまらない?ディソナンスの意味は?
2022年7月14日『純愛ディソナンス』の放送がはじまりました。 漫画などの原作がない完全オリジナルドラマの『純愛ディソナンス』は 第1部=高校を舞台にし、教師×生徒のラブストーリー 第2部=5年後、既婚者×独...
スポンサーリンク

『純愛ディソナンス』主要キャスト

『純愛ディソナンス』主要キャスト

純愛ディソナンス キャスト 5年後

  • 新田正樹(中島裕翔)
  • 和泉 冴(吉川 愛)
  • 碓井愛菜美(比嘉愛未)
  • 朝比慎太郎(HiHi Jets/ジャニーズJr. 髙橋優斗)
  • 小坂由希乃(筧 美和子)
  • 碓井北都(和田正人)
  • 園田莉子(畑 芽育)
  • 村上晴翔(藤原大祐)
  • 新田秀雄(神保悟志)
  • 影山 勉(手塚とおる)
  • 加賀美理(眞島秀和)
  • 和泉 静(富田靖子)
  • 碓井賢治 (光石 研)
  • 路加雄介(佐藤隆太)
  • 碓井北都(和田正人)
  • 村上晴翔(藤原大祐)
  • 園田莉子(畑 芽依)

純愛ディソナンス6.5話「転調」あらすじネタバレ感想

2017年、教師と生徒というかたちで

出会った新田正樹(中島裕翔)と和泉冴(吉川 愛)。

2人は、惹かれ合ってはいけない関係でありながら

どうしようもなく心を通じ合わせ、全てを捨てて逃げ出そうとします。

しかし、国語教師の碓井愛菜美(比嘉愛未)が

2人の様子を盗撮して拡散したことにより大問題に。

冴に依存している母親 静(富田靖子)が大騒ぎしたことも加わり

けっきょく正樹は、音楽教師をやめることになってしまいました。

正樹に気持ちを伝えようと、学校へむかった冴ですが

音楽室には「応援している」の一言が…。

正樹に会う事はかなわないまま、5年の月日が流れることになってしまいます。

純愛ディソナンス|新田正樹(中島裕翔)の空白の5年間

教師をやめ、音楽とは遠い仕事についていた正樹は

人生を諦めたような暮らしをしていました。

そこへ救いの手を差し伸べたのが、碓井愛菜美(比嘉愛未)。

正樹は、盗撮写真を流したのが愛菜美だとは知らず

彼女の手をつかんでしまいます。

そうして働くことになったのが、愛菜美の父 碓井賢治 (光石 研)の会社

モノリスエステート社でした。

あくどい手法で業績をのばすモノリスエステート社ですが

人の心をよむことを得意とする正樹は

賢治に能力を買われています。

賢治から、教師をやめた後に働いていた会社の

立ち退きを成功させるように命じられた正樹。

正樹の過去をネタに、脅しをかけられたものの

相手の弱点をよみとることを得意とする正樹は、相手を圧倒します。

結果、簡単に立ち退き要求をのませることに成功するのでした。

相手を言いなりに出来たことに

「この快感はきっと毒だ」

と思うのでした。

純愛ディソナンス|碓井愛菜美(比嘉愛未)の空白の5年間

欲しいと思っていた正樹を、やっと手に入れることができた

碓井愛菜美(比嘉愛未)

コーヒーを淹れる正樹の姿を見て

夢にまでみた愛する人とすごす時間に

「正樹に見合う女性になるよう努力する」

と小説家になることを誓います。

1年後、愛菜美は正樹と結婚し

小説家としてのデビューも決まりました。

鏡にむかった愛菜美は、化粧をして、髪を巻き、

美しい女性へと変貌します。

そんな愛菜美を見て、正樹はそっと抱きしめる中

愛菜美は

「絶対に逃がさない」

と決意をかためるのでした。

純愛ディソナンス|路加雄介(佐藤隆太)の空白の5年間

モノリスエステート社の碓井賢治 (光石 研)から

手ひどい仕打ちを受けた路加雄介(佐藤隆太)。

土下座をして

「もう一度チャンスを下さい」

と叫んでも、賢治はさげすむように路加を見下すのでした。

その頃、妻や子どももいた路加ですが

会社で追い詰められており、心配して声をかける妻にも

ついつい当たり散らしてしまっていました。

「お前のかわりなんていくらでもいる、消え失せろ」

という賢治の怒号が忘れられない路加の精神は

崩壊寸前になっており、薬に頼る生活をしていました。

必死で賢治の要望にこたえるべく、奔走したにも関わらず

切り捨てられてしまった路加。

荒れ果てた路加に、妻は

「あなたは自分しか愛してないのよ」

と、娘をつれて家を出ていってしまいました。

何もかも失った路加にとって、碓井賢治への復讐こそが

生きがいとなったのでした。

純愛ディソナンス|和泉冴(吉川 愛)の空白の5年間

母親 静(富田靖子)の束縛から逃れた冴(吉川 愛)は

居酒屋でアルバイトをしていました。

バイト先で、女子たちから目をつけられた冴は、

バイト代を盗まれたあげく

店長から「トラブルは困る」

とくびにされてしまいました。

アパートの家賃も払えず、

行く当てのなくなってしまった冴の財布には

数百円しか残っていません。

途方に暮れている冴の前に現れたのが、

高校時代の同級生  朝比慎太郎(HiHi Jets/ジャニーズJr. 髙橋優斗)でした。

泊まるところがない冴を慎太郎が連れていったのは

シェアハウス アカツキ荘

そこには、園田莉子(畑 芽育)の姿もあり

冴を歓迎してくれます。

居場所をえることが出来た冴は

「ここからまた始めよう」

と、気持ちを新たにします。

しかし、冴の思いとは裏腹なことが起きることに…。

純愛ディソナンス|2022年

5年の月日がたち、時は2022年に。

正樹は、すっかりモノリスエステート社のやり方に慣れてしまっていました。

人を蹴ることも平気になってしまった正樹と

偶然にも冴は出会ってしまいます。

一度は冴の事をしらないものとした正樹ですが

結局2人は話をすることに。

冴は、正樹が本当は変わってないことに気がつきます。

蘇る5年前の想い…

しかし、正樹には妻がいて

しかもその相手が、碓井愛菜美(比嘉愛未)だったことに

冴はショックを隠せません。

2人の…しいては4人の出会いが偶然なのか宿命なのか

答えはまだ見えない…

そう正樹は思うのでした。

純愛ディソナンス6.5話「転調~空白の5年間」ネタバレ感想

純愛ディソナンス6話の直後に、ティーバーで公開された

「転調~空白の5年間」

ですが、さくっと15分の中に、5年間に何があったのか

まとまっていて、面白かったです。

それだけでなく、今までの純愛ディソナンスの重要な部分だけを

簡単にふりかえることも出来るので、純愛ディソナンスファンの方だけでなく

「え~、純愛ディソナンスって面白そうだけど

今からみても、わからなそうだしなぁ…」

と迷っている方にもおすすめ。

もっと詳しい1話から最新話までの純愛ディソナンスについては

こちらの記事を参考にしてみてください↓

『純愛ディソナンス』最終回までのあらすじネタバレ感想|面白い?つまらない?ディソナンスの意味は?
2022年7月14日『純愛ディソナンス』の放送がはじまりました。 漫画などの原作がない完全オリジナルドラマの『純愛ディソナンス』は 第1部=高校を舞台にし、教師×生徒のラブストーリー 第2部=5年後、既婚者×独...

TVerで純愛ディソナンス「転調~空白の5年間」を確認してみる

タイトルとURLをコピーしました