おすすめ!【銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門】は思った以上においしかった

銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門

先日、スーパー三和みなみ野店に行ったところ【銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門】を発見👀

インスタで見かけて探していたのですが、こんなにも近くにあったとはラッキー✨

八王子お店大賞も受賞したラーメン店のお味を家庭で再現できるとしたら贅沢すぎます!

さすが八王子出身!ファンキー加藤さんおすすめのデートコースに納得!

上の記事の中でも、ファンキー加藤さんがラジオで紹介したラーメン店として吾衛門が登場しています。

とは言うものの、インスタント八王子ラーメンの食べ比べをした時に

「結局お店の味には全くかなわんな」

というのが正直な感想でした。

そんなわけで今回はそんなに期待せずに購入したのですが、これが思った以上においしかったので、ご紹介してみたいとおもいます🍜

スポンサーリンク
広告336×280

銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門

銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門(三和売り場)

三和で購入した価格は298円です。

ちょっと高いように思うけど、2食分入ってるので、1食当たり150円程度

『極限までこだわった味の再現度』というのが本当であれば

とんでもなくコスパが良い商品と言えますね。

実際に吾衛門で中華そばを食べると550円かかります。

製造者は株式会社アイランド食品

全国の有名店なご当地ラーメンを【銘店伝説】と名付けてシリーズ化、販売しております。

あの有名な佐野実さんのラーメンも↓

銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門

店主が納得するまでは商品化は絶対にいたしません!

と、かなり強気な言葉で攻めてきます。

単純に「八王子ラーメン」として売ってるわけじゃなく、お店の名前が入っている分、やはり美味しさへの期待は高まります。

銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門内容

中身はこんな感じで、大変にシンプル。

麺とスープが2人前入ってるだけで、具材は一切なし。

たいして美味しくもない乾燥したチャーシューなんかを入れて

価格をあげるよりは、個人的にはこの方がいいです。

では、作ってみましょう~。

銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門を作ってみる

銘店伝説吾衛門作り方

しっかり再現するために、作り方をちゃんと読んでおきますよ。

  1. 玉ねぎ1/8玉分(20~25グラム)をみじん切りに(量はお好みで)
    ※ワンポイントアドバイス:たまねぎは出来るだけ細かく刻む
  2. たっぷりのお湯で約2分半ゆでる
  3. ゆでている間に器にスープと1人前290ccのお湯を入れよくかき混ぜる
  4. ゆであがったら、お湯を良く切って麺を器に。
  5. 玉ねぎをトッピングして完成!

銘店伝説の掟もしっかりチェック!

  • 丼とスープをあらかじめお湯であたためる
  • 液体スープは袋から全部しぼりだす
  • 麺をほぐしながらお湯に入れる

スープは小鍋で温め、どんぶりは少しお水を入れて電子レンジにかけておくとします。

玉ねぎのみじん切り

玉ねぎをまずはみじん切りに。

はちことしては結構細かく刻んだつもり💦

ラーメンゆでる

たっぷり目のお湯でゆでていきます。

レンズが曇るので、一瞬弱火にしましたが、もっとブクブク沸騰してました。

はちこは麺がかためのほうが好みなので、2分半→2分に変更することに。

銘店伝説八王子吾衛門スープ

温めたどんぶりにスープを完全に絞り出し、290ccのお湯を注いでおきます。

銘店伝説八王子ラーメン吾衛門

お湯を切った麺を入れて、玉ねぎをトッピングしたら出来上がり♡

見た目は・・・ちっともおいしそうに撮影出来てないですね~(笑)

だがしかし!

スープの美味しさはインスタントをはるかに超えておるよ‼

かつお節と煮干しの風味がきいてる~🐟

細麺なところも、めっちゃはちこの好み😋

いつも家でラーメンを食べる時は健康のためにスープは残すんだけど

つい飲み干しちゃいました!

こ、これはいずれ実店舗に行ってみなくては🏠

実際の吾衛門の場所などをチェック

というわけで、吾衛門の基本情報をチェックしておきま~す。

場所はここです↓

西八王子駅北口から国道20号(甲州街道)へ向かって5分ほどの場所。

中央図書館のお隣なのでわかりやすいですね。

開店は11:00・閉店は17:00(スープが終わったら閉店)

日曜・祝日はお休みです。

しんたたさん(@shintata0319)がシェアした投稿


インスタでも「おいしい」と人気の注目ラーメン店。

やっぱお店のを食べてみたいなぁ!うまそ~!

ファンキー加藤さんもイチオシのお店だしね☝

遠方でこれない方は【銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門】をぜひお試しください。

ごちそうさまでした~♪