銘店伝説【なんつッ亭 神奈川秦野】黒マー油ラーメンの味は?

スポンサーリンク

銘店伝説【なんつッ亭 神奈川秦野】が安売りされていたので買ってみました。

購入したのはリニューアルオープンしたアール元気八王子みなみ野店。

1袋150円でした✌

平均的な販売価格は290円くらいなので、約半額です✌

【なんつッ亭 神奈川秦野】の特徴(こだわり)は『濃厚でクリーミーな豚骨スープに香ばしい風味の黒マー油』になります。

黒マー油ラーメンと言うと、八王子市役所そばの「中華そば松葉」で味わった、みそマー麺も黒マー油が特徴的で、美味しかったことを思い出します。

中華そば松葉|八王子市役所すぐのラーメン店メニュー掲載|みそマー麺うま!
八王子パスポートvol926ページ掲載店、中華そば松葉で念願のみそマー麺を食べてまいりました! パスポートを利用するとみそマー麺780円→ワンコイン500円になります。 中華そば松葉は八王子パスポートvol10にも掲載↓ ...

なんつっても、黒マー油を使ったラーメンって、見た感じが美味しそうなんですよね。

はちこ
はちこ

そうそう外食ばかりするわけにもいかないけど、美味しいラーメンは食べたいよ

銘店伝説【東京八王子 中華そば吾衛門】も美味しかったし、銘店伝説には一目置いているはちこです。

【銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門】自宅で美味しく八王子ラーメン!
先日、スーパー三和みなみ野店に行ったところ【銘店伝説 東京八王子 中華そば吾衛門】を発見👀 インスタで見かけて探していたのですが、こんなにも近くにあったとはラッキー✨ 八王子お店大賞も受賞し...

と言うわけで、銘店伝説【なんつッ亭 神奈川秦野】を自宅で作っていただいてみましょう♪

スポンサーリンク

ところで【なんつッ亭 神奈川秦野】ってどんなラーメン屋さん?

なんつッ亭は神奈川県秦野市を発祥の地とし、品川や川崎など関東を中心に店舗を広げ、海外へも進出しているラーメン店になります。

アクセス:「秦野・中井インター」出口より国道246号線に出て、「渋沢駅入口」交差点の100メートル手前。

駐車場:あり(店舗裏)

なんつッ亭 秦野店(本店)基本情報

住所神奈川県秦野市松原町1-2
電話0463-87-8081
営業時間11:30~23:00
定休日年中無休
サイトなんつッ亭

※情報は変更している場合があります。来店する際は事前のチェックをお願いします。

メディア露出多数!「なんつッ亭」の古谷一郎さん

銘店伝説に登場するラーメン店の多くは、ラーメンの味もですが、店長に注目すべき点が多かったりしますね。

「なんつッ亭」の古谷一郎さんはメディア露出も多く、情熱大陸で取り上げられたこともあったりします。

「なんつッ亭 古谷一郎」で検索すると、ラーメンとは全然関係ないキーワードが出てきて、ちょっとびっくり。

古谷一郎、若かりし頃には尾崎豊の歌のごとき?やんちゃな生活もした経験があったようですが、最近は政治の世界に足を踏み入れようとしているらしいです。

なんだかすごいラーメン屋のおやじさんですね。

なんつッ亭|ラーメンの特徴

なんつッ亭 の公式サイトを見ると、やはり「黒マー油」なしでは、なんつッ亭のラーメンは語れないようです。

「黒マー油」が最大の味の決め手とされています。

画像のグラデーションになった物体は「にんにく」を7段階に揚げ分けたもので、これらのニンニクに、揚げ油とごま油を調合して、真っ黒なマー油を作っていくんですね。

一番右のなんて、コーヒー豆みたいですが、この焦がした苦みも黒マー油には欠かせないポイントになっています。

また、スープは豚の頭と鶏ガラのみをたっぷり使用して作っているとか。

一般的なとんこつスープを作る倍の時間をかけて、丁寧に仕上げていると書かれていました。

めっちゃ黒い!そして美味しそう💕

ラーメン通の方の評価も高いですね。

銘店伝説【なんつッ亭 神奈川秦野】黒マー油ラーメンのデータ

お次は銘店伝説の【なんつッ亭 神奈川秦野】を見ていきましょう。

銘店伝説の製造者は香川県にある株式会社アイランド食品

全国の有名店なご当地ラーメンを【銘店伝説】と名付けてシリーズ化、販売しています。

冒頭でも書いたように、銘店伝説でもしっかりと「黒マー油」を再現していることがこだわりとなっているのがわかりますね。

銘店伝説【なんつッ亭 神奈川秦野】原材料

[めん]
小麦粉・小麦たん白・還元水飴・食塩/加工澱粉・酒精・かんすい

[添付調味料]
ポークエキス・風味油 (ラード・ニンニク)・醤油・食塩・還元水飴・砂糖・ガーリックペースト・ごま油・酵母エキス/酒精・調味料(アミノ酸など)・増粘剤(加工澱粉)・香料

  • 内容量:316g(めん:100g×2/添付調味料:58g×2)
  • エネルギー:477.0kcal
  • タンパク質:15.2g
  • 脂質:15.8g
  • 炭水化物:68.5g
  • 食塩相当量:7.2g

銘店伝説【なんつッ亭 神奈川秦野】黒マー油ラーメンの作り方

袋をあけた状態です。

銘店伝説の内容は、基本的に麺と液体調味料だけというシンプルさ。

具材は自分で用意することになります。

なんつッ亭の麺は、水分がやや少なめの中太ストレート麺を使用しているそうですが、銘店伝説でも中太ストレート麺になってますね。

中華そば吾衛門は八王子ラーメンだったので、作り方に「玉ねぎを刻む」行程がはいっていましたが、なんつッ亭の作り方は更にシンプル。

  1. 沸騰したたっぷりのお湯に麺をほぐしいれ、2分半~3分ゆでる。
  2. ゆでている間にスープの準備。器にスープと1人前250ccのお湯を入れよくかき混ぜる。
  3. ゆであがったら、お湯を良く切って麺をスープの入った器にいれて出来上がり。

銘店伝説の掟もしっかりチェック!

  • 丼とスープをあらかじめお湯であたためる
  • 液体スープは袋から全部しぼりだす
  • 麺をほぐしながらお湯に入れる
はちこ
はちこ

ラーメン作りは時間との勝負なので、作り方をチェックして、具材などは先に準備しよ~!

具材を準備

今回はネギと自作したチャーシューの切れ端があったので、それをトッピングしてみます。

大勝軒のチャーシューが簡単に自作できちゃいます↓

大勝軒のレシピで自作チャーシュー|作り方は簡単なのにプロの味?!
つけ麺で有名な【東池袋 大勝軒】のレシピを参考に、自家製チャーシューを作ってみました。大勝軒は八王子にもあるラーメン店です。少ない材料で、簡単においしく出来ちゃいます!ぜひお試しを♪

ネギは小口切りだと食べにくいので、細かめに細切りしました。

たっぷりのお湯でゆでる

たっぷりお湯をわかして、2分半~3分ほど茹でていきます。

はちこは麺を入れた後にタイマーを2分でセットしました。

麺はかためが好みなのと、もたもたしてると火が通りすぎる可能性があるからです。

器にスープを準備する

器に添付されていたスープの素を入れて、250㏄のお湯を加え、よくかき混ぜます。

と書いてあったのですが、電子レンジ可の器にお水を入れてチンすると、同時に丼も温められる…という裏技を今回も使ってみました。

スープの袋は耐熱容器に入れて、麺をゆでる前のお湯をとりわけて温めると簡単です。

茹でた麺を盛り付ければ完成

なんつッ亭 銘店伝説

茹でた麺のお湯をよく切って、スープを入れた器に入れます。

好みの具材を盛りつければ完成です!

銘店伝説【なんつッ亭 神奈川秦野】黒マー油ラーメン

まずはスープからいただいてみると、これはたしかに濃厚でクリーミー!

息子くんも一口目に「むむっ!これはうまいね!」と絶賛しておりました。

豚骨スープですが、全く臭みなどは感じられません。

ニンニク臭も、めちゃくちゃ強烈ってほどではないですね。

ほどよいニンニク感が好みです。

麺はもっちりとした食感です。

こんなにも黒さがあるスープだと「しょっぱいのでは?」と言う印象もありますが、そうでもないですね。

本当にクリーミーなので、全部飲み干してしまいました。

ニンニクの臭いは強烈ではなくとも、量はけっこう使ってるのかも?

まるで黒ゴマペーストを溶かしたかのような、細かい黒い物体(おそらく焦がしにんにく)が、底の方にたまってました。

それにしても、銘店伝説シリーズのクオリティには毎回驚かされます。

1袋2人前なので、通常価格でも150円で1食まかなえてしまうので、なんならカップ麺より安いわけです。

なんつッ亭自体の口コミも割れてますし、わざわざ1時間かけて八王子から秦野まで行きたくない…。

来店前に味を確かめてみるという意味合いでも、銘店伝説シリーズは価値があるなと思います。

実はアール元気で、もう1種類「銘店伝説シリーズ」のラーメンを購入してあります。

そちらも作ったらレビューしますね。

ではでは、ごちそうさまでした~♪