『祈りのカルテ』あらすじネタバレ感想|原作との違いは?ドラマ最終回予想

スポンサーリンク

祈りのカルテ あらすじネタバレ感想

2022年秋ドラマ『祈りのカルテ』が10月からスタート。

主演はジャニーズの玉森裕太(Kis-My-Ft2)くんです。

玉森裕太くんは

夏ドラマ『NICE FLIGHT!

映画『シャイロックの子供たち

と主演俳優として引っ張りだこ状態。

もうただのアイドルじゃないですね!

そんな玉森裕太くんが主役を演じることとなった

『祈りのカルテ』ですが、ドラマ化前に原作を完読してみたところ

超読みやすくて面白い!!!

正直、この原作をドラマ化した結果、つまらないという感想が

優勢になったら、制作側が下手すぎると思います(笑)

ということで、今回は『祈りのカルテ』のあらすじネタバレ感想を

ドラマ化前にご紹介。

最終回予想もしてみたいと思います。

玉森裕太出演作品をみるなら31日間無料のU-NEXT

スポンサーリンク

『祈りのカルテ』原作は?

amazonで「祈りのカルテ」を試し読みしてみる 

今回ドラマ化される「祈りのカルテ」は

知念 実希人さんが書いた小説が原作となっています。

「祈りのカルテ」の舞台となるのは、大学付属の大病院。

玉森裕太くんが演じるのは、純正医科大学附属病院1年目の研修医です。

医療関係の小説といえば、もともと医師をしていた渡辺 淳一さんが有名ですが

「祈りのカルテ」の原作者である知念 実希人さんも

小説家でありながら、現役の医師です。

「祈りのカルテ」が原作に忠実にドラマ化されるのであれば

かなりリアルな医療ドラマになるはず。

医療系ドラマは、リアルから程遠いと

つまらないです。

その点「祈りのカルテ」は

現役医師が原作者なので、面白くなる

可能性がきわめて高いですね。

ドラマ『祈りのカルテ』主要キャスト

ドラマ 祈りのカルテ キャストドラマ 祈りのカルテ キャスト

祈りのカルテ キャスト

  • 諏訪野 良太(玉森裕太)純正医科大学附属病院1年目の研修医で25歳
  • 曽根田みどり(池田エライザ)諏訪野良太の同期で、優秀だが変わり者
  • 冴木裕也(矢本悠馬)諏訪野良太の同期で親友
  • 冴木真也(椎名桔平)純正医科大学附属病院の精神科医 冴木真也と同期
  • 立石聡美(松雪泰子)純正医科大学附属病院の外科医 冴木裕也の父親
  • 牧村康雄(濱津隆之)諏訪野良太の同期
  • 橘麻友(堀未央奈)諏訪野良太の同期
  • 谷川聖人(YU)

ドラマのキャストをみると、原作の『祈りのカルテ』には登場しない諏訪野 良太(玉森裕太)の同期がたくさんあがっています。

原作とドラマでは違った楽しみ方ができそうです。

原作『祈りのカルテ』登場人物

  • 諏訪野 良太(玉森裕太)
  • 冴木 裕也(矢本悠馬) 大学時代からの親友
  • 上松 琢磨(関智一) 純正医大 救命救急医
  • 山野瑠香(仁村紗和) 救命救急の常連患者
  • 立石聡美(松雪泰子) 精神科の指導医
  • 冴木真也(椎名桔平) 冴木 裕也の父親。外科研修の指導医
  • 近藤玄三 早期胃がん患者
  • 近藤幸子 玄三の娘
  • 桃井佐恵子 皮膚科の指導医
  • 守屋春香 火傷を負った患者
  • 守屋花南 守屋春香の娘
  • 鍋島 守屋春香の職場の上司
  • 志村 小児科の指導医で、病棟長
  • 桜井姫子 喘息で入院している8歳の少女
  • 桜井裕子 姫子の母
  • 桜井洋介 姫子の父
  • 灰崎 百治製薬のMR
  • 上林 循環器内科の指導医
  • 四十住絵里 愛原絵里の名で活躍するアイドル女優
  • 横溝 愛原絵里のマネージャー
  • 久米 愛原絵里の所属する会社の社長
  • 四十住洋子 絵里の母
  • 四十住紗智 絵里の妹

『祈りのカルテ』5分でわかるあらすじネタバレ

原作の『祈りのカルテ』は、研修医 諏訪野良太(玉森裕太)が

2年間の研修医生活の中で、様々な科を数か月ごとに

まわる様子を描いた医療ミステリーです。

諏訪野は研修医で、知識や技術は当然まだまだ未熟ですが

人の感情を読み取ることに長けていました。

ベテランで優秀な担当医でさえ気がつかないことであっても

諏訪野は独自の視点や感性から、患者に秘められた謎を

解き明かしていきます。

結果、患者や関係者の心の問題までも解決へと導くことに。

その能力から、行く先々で担当医に評価され

最終的にどこの科を選ぶか、迷う事に…。

研修医生活の終わりに諏訪野が選ぶ科とは?

『祈りのカルテ』1章 彼女が瞳を閉じる理由(1話)あらすじネタバレ感想

祈りのカルテ イメージ

高校生の頃からリストカットを繰り返してきた山野瑠香(仁村紗和)

睡眠薬を大量に飲んでから、119番に自分で連絡し

諏訪野良太(玉森裕太)の勤務する純正医大附属病院へと運ばれてきました。

医学部を卒業し、1年目の研修医である諏訪野良太は

母校 純正医大の附属病院で研修中。

純正医大附属病院では、研修医に週1度は救急部の当直を義務としていました。

やっと仮眠がとれると思ったところへ入った救急要請ですが

指導医の上松琢磨(関智一)や看護師たちも、まったく緊張感がありません。

そんな中、運ばれてきた山野瑠香は”いつものお客さん

と呼ばれるほどの、常連患者でした。

1~2か月に一度は、睡眠薬を大量に服用して搬送されてくる

という山野瑠香は、学生時代からリストカットなどで

純正医大附属病院の精神科を受診していました。

致死量に達する睡眠薬ではないと、胃洗浄も行わず

点滴をして寝かせるだけの処置しかしないと、上松は言います。

「かまって欲しいだけで、心配した元旦那に会いに来て欲しいんだろう」

上松はそういうと、山野瑠香の二の腕を諏訪野良太に見せます。

そこには『あきら』という文字が、たばこを使用したと思われる

火傷の跡で刻まれていました。

翌朝の事、諏訪野良太は、精神科の指導医 立石聡美(松雪泰子)から

山野瑠香を問診するように頼まれます。

「軽い感じで雑談すればいい」

という立石聡美は挨拶もそこそこに、諏訪野良太を一人のこし

山野瑠香の病室を後にして去ってしまいました。

不安に思いながらも山野瑠香に話しかける諏訪野良太ですが

「あきら」の文字について話がおよぶなり

山野瑠香は敵意をむきだしにして、支離滅裂な

怒りの言葉を放ち続けます。

立ち尽くす諏訪野良太に対し山野瑠香は

「明後日になったら出ていく。

その前に退院させたら、また薬を飲んで運ばれてくる」

と言うのでした。

カルテを確認してみると、そこには山野瑠香の人生が書かれていました。

  • 幼い頃に両親が離婚、母親に引き取られる
  • 中学生の頃に、母親が再婚
  • 義理の父親とそりが合わず家出を繰り返す
  • 高校入学と同時に不良グループ
  • 万引きで補導され、退学
  • 男の家を泊まり歩くように
  • 水商売をしていた21歳の時に、客である岡部彰と結婚
  • 数か月で激しい夫婦喧嘩をするようになる
  • 自傷行為で受診するように
  • 結婚生活2年で離婚
  • 睡眠薬の服用による救急要請が始まった

病院内の誰もが山野瑠香に対し

”迷惑なお客さん”という認識しかしていない中

諏訪野良太は、何かを見逃しているような感覚を覚えます。

そもそも元夫の同情をひきたいのであれば

このような行動は逆効果…。

また、山野瑠香が搬送され入院するスパンに規則性があることが気になります。

精神科の講師である亀山から

「あまり入れ込まずに、さっさと退院させたほうがいい」

と諏訪野良太は忠告されます。

しかし、幼い頃に父親が病死、

母親が再婚した銀行員の義父に嫌われたら

母親からも捨てられるという恐怖心を抱えながら

生きてきた諏訪野良太は、山野瑠香を

無視することはできないのでした。

そんな中、山野瑠香の元夫 岡部彰が病院へとやってきます。

20代半ばと思われる、線の細い、頼りなそうなサラリーマン

に見える岡部彰。

山野瑠香を心配し、状態を聞きに来たというものの

岡部彰は頑なに面会を拒否して帰ってしまいます。

午後になり、立石聡美から食事に誘われた諏訪野良太は

食欲がないなか、病院の中にある通称『地下そば』で

昼食をとることに。

立石聡美は、空気を読むことに長けている諏訪野良太の性格を見抜き

精神科医に役立つ能力だと言います。

諏訪野良太であれば、優秀な精神科医になれるといいながらも

「君は精神科に来るべきではない」

という立石聡美。

患者に入れ込み過ぎる諏訪野良太は、優秀であるがゆえに

おそらく5年以内には治療を受ける側になってしまうだろう

それが、諏訪野良太が精神科医にはむいていないと考える理由でした。

そんな諏訪野良太だからこそ、山野瑠香の本当の気持ちが

見えるかもしれないと、立石聡美はいいます。

疲れ切っているのに、眠らずに山野瑠香のカルテを

読み返す中、諏訪野良太はあることに気がつきました。

山野瑠香は、全ての入院で必ず5日に退院している…。

それは山野瑠香が受けている生活保護費の支給日でした。

『祈りのカルテ』1章(1話)完全ネタバレ感想|面白い?つまらない?

結局、山野瑠香は元夫に会いたくて、緊急搬送されていたのではなく

元夫の暴力から逃げるために、病院を利用していたのでした。

毎月生活保護費がおりる5日まで入院したかったのは

金がないと暴力をふるう元夫 岡部彰から逃れるため。

5日になって、お金を渡せば優しい岡部彰に戻るので

月末になると病院へ避難していたのでした。

警察に相談して保護してもらうようアドバイスする

諏訪野良太ですが、山野瑠香は自己退院してしまいます。

疲労と山野瑠香に何もできなかった無力感でボロボロになった

諏訪野良太のもとへ、同期であり親友の研修医 冴木裕也(矢本悠馬)

から連絡がはいりました。

救急当直をしていた冴木裕也は、諏訪野良太の担当していた

山野瑠香が搬送されてきたので、念のため連絡をしてきたのです。

慌てて山野瑠香のもとへと駆けつけると、そこには警察官の姿が。

山野瑠香は、勇気をだして岡部彰に別れを切り出したとのこと。

殴られることも想定し、前もって警察に通報をしてあったため

岡部彰は現行犯で逮捕されていました。

精神科への通院は必要になるものの、山野瑠香は

元気を取り戻し、無事に退院。

精神科での研修最終日に、立石聡美から精神科への入局を誘われます。

あの山野瑠香の心を開かせた人材を見逃すわけにはいかないという

教授のたっての希望とのことでした。

しかし、諏訪野良太はきっぱりと申し出を辞退。

立石聡美も「だよね」とあっさり引き下がるのでした。

明るくて元気な諏訪野良太ですが

心の中にはちょっぴり暗い部分を持っている…

そんな役柄が、玉森裕太くんにぴったりだと思います!

 

それにしても、山野瑠香の元夫 岡部彰はムカつきますね。

暴力だけでなく、ちょっとプレゼントなどを

して精神的にも山野瑠香を支配し続ける最低な奴です。

てか、そのプレゼントは山野瑠香から巻き上げた

お金で買っただけだし!

 

また、ひょろひょろして、一見暴力とは反対のところに

いるような容姿をしているところも、腹立たしい。

すいません、ちょっと私怨が入りました(笑)

 

弱きものに暴力をふるうような人間は

断じて優しくなどありません!

『祈りのカルテ』をみることで、似たような境遇の人が

DV野郎と縁をきるきっかけになったらいいなぁ…。

 

ジャニーズを起用するだけで視聴率と注目度は

あがるので、玉森裕太くんを主演にしたのは

大正解だと感じました。

『祈りのカルテ』2章 悪性の境界線(2話)あらすじネタバレ感想

祈りのカルテ イメージ

諏訪野良太(玉森裕太)の、次の研修先は外科。

指導医は、冴木裕也(矢本悠馬)の父 冴木真也(椎名桔平)です。

息子の親友という事もあり、丁寧な指導を受けている諏訪野良太は

外科へきて2週間ほどでありながら、多くの仕事を習得できていました。

そんなところへ入院してきたのが、80歳の誕生日を間近に控えた近藤玄三でした。

近藤玄三は早期胃がん患者で、内視鏡による術前検査をすることに。

娘 幸子は、がんと聞いただけで不安そうですが、当の近藤玄三は

「先生に任せておけば良い、よろしくおねがいします」

と前向きな様子でした。

そんな近藤玄三が、スーツ姿の男と何事かを話した後

急に手術はしないと言い出します。

手術拒否の理由も語らない近藤玄三…。

冴木真也は

「がん患者に高額の民間療法をすすめる悪徳業者かもしれない」

と推理。

効果も裏付けもない民間療法を試しているうちに

命と財産両方を失う患者も少なくないと言います。

それでも近藤玄三が治療を拒否すれば、病院ができることは

何もないし、2~3年で近藤玄三は命を落とすことになるだろうとのこと。

冴木真也は、近藤玄三を説得はしないし、患者の選択を尊重すると言います。

そして「きちんと説明すれば、負担の少ない内視鏡手術は受けるはず」だとも。

しかし、思いつめた様子の近藤玄三を知っている

諏訪野良太はどうにも不安で仕方ないのでした。

諏訪野良太の予感は的中し、娘の説得も聞かない近藤玄三は

なぜか、負担の少ない内視鏡手術ではなく、開腹手術を…

それも来週中にやってくれと言い出します。

手術前には検査などが必要となり、とうてい来週の手術はできないと

説明すると、いよいよ近藤玄三は

「だったら退院して、別の病院を探す」

とまで言い出しました。

わけのわからない父親に、幸子は怒りの言葉をぶつけます。

すると近藤玄三は「お前には関係ない」と部屋を出ていってしまいました。

母親が亡くなってから、父娘で支え合ってきたのにと

幸子は泣き崩れます。

誰も近藤玄三の真意がわからない中、クールに対応する冴木真也に対し

諏訪野良太は何かするべきことがあるのではないか?と考えます。

そんな中、近藤玄三のもとへ、例のビジネスマン風の男が

またもや現れました。

諏訪野良太が接触を試み、名刺をもらうと、そこには

『株式会社 大日本保険 営業一課 山本誠』

と記されていました。

名刺を見て、諏訪野良太の頭にある考察が浮かびます。

その考察とは…。

『祈りのカルテ』2章(2話)完全ネタバレ感想|面白い?つまらない?

近藤玄三が、手術を拒否した理由とは、保険が原因でした。

近藤玄三は80歳まで保障されるガン保険付きの生命保険に加入していましたが

保険会社によると、今の状態では『癌』の定義から外れてしまっていたのです。

死ぬ可能性のない腫瘍は「悪性」ではない、

ゆえに『癌』とはみなさないという契約だったことを知った

近藤玄三は80歳までに自分が『癌』であると証明しなくてはなりませんでした。

その保険金額は3000万円…自分のせいで苦労をかけてきた娘と孫に

何かをしてやれる最後のチャンスだと、近藤玄三は必死の思いで

手術拒否をしていたのでした。

クールだと見えていた冴木真也ですが

2章のラストでは、思いがけない行動をします。

 

近藤玄三の希望を聞いて手術をねじこみ

自ら検査をした冴木真也。

 

その様子を見ていた諏訪野良太は

「本当に癌細胞は粘膜下まで進行していたのか?」

と疑問に思います。

進行をしていなければ、悪性とはみなされず

開腹手術は無駄なものに…。

 

『祈りのカルテ』の中、事の真実は語られないまま

諏訪野良太は冴木真也から「外科医には向いてない」

と言われて終わります。

 

外科は一人一人の患者と向き合う余裕がない

というのが、その理由でした。

 

高いお金をどっさりとっているのに

悪性じゃなかったら保険はおりないという

謎の定義をしている保険会社にムカつきます。

 

契約書には明記されているかもしれませんが

そこまで理解して契約する人は少ないはず。

 

もっと分かりやすいシステムにしとけやっ!

 

と叫んだ患者さんはたくさんいるのではないでしょうか?

 

実は私も似たような体験をしたことがあり

その時は無事にお金がおりましたが

以来、自分にかけている保険は

「共済」のみにしぼってしまいました。

 

『祈りのカルテ』をきっかけに、

生命保険や医療保険の見直しをしてみるのも

良いかもしれませんね。

『祈りのカルテ』3章 冷めない傷跡(3話)あらすじネタバレ感想

祈りのカルテ イメージ

純正医科大学附属病院での研修も2年目にはいった

諏訪野良太(玉森裕太)が『選択科』として選んだのは

皮膚科でした。

しかし、あまりにも暇なため、失敗だったかなと後悔しつつありました。

皮膚科指導医の桃井佐恵子から、皮膚科は拘束時間が

短く、自分の時間を確保できることから、女性に優しい科だと

説明を受けますが

とある患者が入院してくると外科顔負けの忙しさになるのよ」

言われます。

そこへ入院してきたのがとある患者…つまり火傷の患者でした。

救急搬送されてきたのは、足に重い火傷を負った

守屋春香という若い女性で

5歳になる一人娘 花南をもつシングルマザーでした。

数時間ごとの採血や、包帯交換により、

諏訪野良太は一気に重労働をかせられます。

皮膚移植が必要なほどの火傷ということで

諏訪野良太は写真で火傷を確認します。

すると「料理中に油をこぼして火傷をした」という

守屋春香の言い分に無理があると気がつきました。

『地下そば』で指導医の桃井佐恵子と昼食をとりながら

守屋春香の嘘について語り合っていると

隣の席の医師たちが、病院周辺で発生している連続放火事件

について話しているのが聞こえてきました。

犯人は逮捕されておらず、放火が起きた時間は

ちょうど守屋春香が救急搬送されてきた頃。

諏訪野良太は、守屋春香が放火をした際、火傷を負った?

と想像してしまうのでした。

あらためて守屋春香について調べてみることにした諏訪野良太は、

7年前、守屋春香が耳鼻科に入院した際の紙カルテを見つけます。

難聴やめまいのために入院したにも関わらず、MRI撮影もしていなかった

主治医に諏訪野良太は不信感を覚えるのでした。

守屋春香の包帯交換の時間がきて、病室へ向かおうとすると

守屋春香の上司 鍋島と花南が手をつないでやってきました。

その様子から守屋春香と鍋島が恋人同士であると

諏訪野良太は気がつきます。

包帯交換をしようと、布団をめくった諏訪野良太は

あり得ない光景を目にしました。

包帯は緩んでいるだけでなく、ひどく雑な巻き方をされていたのです。

自分がつかれていたせいか?と一瞬思ったものの

諏訪野良太は、火傷が前日より広がっていることに気がつきました。

桃井佐恵子に相談したところ、誰かが包帯を解き

守屋春香に火傷を負わせてから、包帯を巻きなおしたという

考察が浮かんできました。

守屋春香に接触したのは、上司の鍋島のみ。

桃井佐恵子は、真相を探るべく、守屋春香本人に

話を聞くと言います。

鍋島のDVを必死で否定する守屋春香ですが

本当の事を語ろうとしないため

場合によっては警察に通報しなくてはならないと

桃井佐恵子は説明します。

警察と聞いた守屋春香は、みるみる青ざめ

「自分でポットのお湯をかけて火傷させた」

とだけ言って、逃げるようにその場を去ってしまいました。

自分でやったとは考えにくい状況に、守屋春香が

誰かをかばっているという可能性が高くなってきました。

諏訪野良太は、守屋春香の娘 花南が放火犯で

母に火傷を負わせたのも花南では?という不吉な想像に

体を震わせます。

結局、一晩中ネットで放火事件のことを調べてしまった

諏訪野良太ですが、これといった情報を得ることはできませんでした。

もう一度、7年前、守屋春香が突発性難聴で入院した際の

カルテを見直していた諏訪野良太は、火傷が大きくなった秘密に気がつきます。

その秘密とは…。

『祈りのカルテ』3章(3話)完全ネタバレ感想|面白い?つまらない?

祈りのカルテ イメージ

結局、守屋春香が火傷を負ったのは、誰が犯人でもなく

自分自身でやったことでした。

突発性難聴の際、MRIを撮影しなかったのも

「やらなかった」のではなく「できなかった」のです。

その理由は、守屋春香がタトゥー(刺青)をいれていたせい…

刺青には染料に鉄粉がつかわれている場合があるため

MRI検査の際、火傷を起こすことがあり、検査をすることはできないのです。

守屋春香が、自ら火傷をしたのは、そのタトゥー(刺青)を

消してしまうためでした。

ふくらはぎ全体に大きな薔薇と、離婚した夫の名前を彫っていた守屋春香。

2週間ほど前に上司の鍋島から、結婚を前提とした

交際を申し込まれたことで、タトゥーを隠し切れないと考えた

守屋春香は、思わずふくらはぎに熱湯をかけてしまったと言います。

レーザーによるタトゥーの除去は

自費診療になり100万円以上のお金が必要。

その金額は、守屋春香にとって、とても払いきれるものではありませんでした。

そんな守屋春香に、桃井佐恵子は

「恋人には全て打ち明けるべき。結婚とは相手の全てを受け入れること

とアドバイスをするのでした。

桃井佐恵子の結婚に関する意見には

激しく同意します!

スタートの地点で、隠し事をしているようでは

長~く続く結婚生活を、ともに支え合い

乗り切って行くことは難しい気がします。

 

なかなか勇気のいることですが

若気の至りでタトゥーを入れちゃったことくらいで

別れたがる男なら、最初から結婚なんて

しないほうがいいですね(笑)

別に消せばいいことだし。

犯罪でもないし。

結婚してからタトゥーを勝手に入れたのなら

話は別ですが。

 

まして、思いつめた結果、自分のふくらはぎに

熱湯までかけちゃうなんて、なかなか出来ることでは

ありません。

守屋春香のやったことを許した鍋島なら

きっと末永く母娘を支えていってくれることでしょう。

 

『祈りのカルテ』は医療ミステリーということですが

生き方を考えさせてくれる、良書ですね。

 

それにしても、またもや諏訪野良太は

「患者をじっくり見すぎる」ことで

皮膚科には向いてないと言われてしまいました。

 

医療現場で、医師や看護師さんたちは

きっとジレンマを抱えているんだろうなぁ…。

じっくり見て欲しいけど、混雑しすぎるのは

困るし、難しい⤵

『祈りのカルテ』4章 シンデレラの吐息(4話)あらすじネタバレ感想

祈りのカルテ イメージ

小児科で研修を行っている諏訪野良太(玉森裕太)は

20時間近い連続勤務の中、採血をした5歳児から怒りと憎しみの視線を

むけられていました。

指導医で、小児科病棟長でもある志村は、そんな少年を扱うのも

手慣れた様子。

志村から仮眠をすすめられ、やっと休めると思ったところへ

8歳の姫井姫子がが喘息の発作により、緊急搬送されてきました。

姫井裕子と父 姫井陽介につきそわれてやってきた

姫井姫子は、ここ1年ほどで3回も発作を起こし入院しているといいます。

そんな姫井姫子の血液検査の結果をみた諏訪野良太は

酷く驚きます。

姫井姫子が飲んでいるはずの「テオフィリン製剤」が

血液中から検出されなかったのです。

しかも、3歳から喘息になった姫井姫子は

大きくなるにつれて症状も軽くなり、小学生になる頃には

ほとんど発作を起こしていませんでした。

にもかかわらず、1年前から入院するほどに喘息が悪化。

このことから、姫井姫子は怠薬…つまり、勝手に薬を飲むことを

やめている疑いが出てきました。

そんな中、諏訪野良太は、百治製薬のMR(営業担当)灰崎から

声をかけられました。

吸入のステロイド剤を紹介する灰崎に

諏訪野良太は、姫井姫子が使っている吸入ステロイド剤をみせ

「この薬を急にやめたらどうなるか?」

とたずねます。

すると灰崎は、深刻そうに

「喘息の大発作などを起こすリスクがあります」

と答えるのでした。

姫井姫子の病室を訪れた志村は、きちんと薬を飲んでいたかどうか

確認します。

「ちゃんと飲んでいる」と答える姫子。

姫井姫子と、母 裕子からの情報により、父親である姫井陽介が

怠薬を行った疑いが出てきました。

しかし、入院中にもかかわらず、姫井姫子は大きな発作を起こしてしまいます。

また、処方されているはずのテオフィリンも

相変わらず血液から検出されなかったことから

諏訪野良太は、ある可能性を思いつきます。

「まさか」と思いながらも、姫井姫子のベッド脇のゴミ箱を確認すると、

そこにはやはり薬が捨てられていました。

いったい姫井姫子の薬を捨てているのは誰なのか?

そしてその目的は?

志村は、最悪の可能性「代理ミュンヒハウゼン症候群」を疑います。

周囲の関心や同情をひくために、わざと体を傷つけたり

重い疾患を装う精神疾患の一種とされる「代理ミュンヒハウゼン症候群」

もしそうであれば、虐待として警察と児童相談所への通報の必要があると言います。

「シンデレラちゃん」というニックネームで呼ばれている

姫井姫子について考えた時、諏訪野良太はもう一つの可能性を思いつきます。

それは、シンデレラのように家でひどい扱いをうけている姫子が

病院へ逃げ込むために、わざと薬を飲まなかったという可能性でした。

しかし、父親や母親が好きかと聞かれた姫井姫子は

「好きだ」と元気よく答えます。

とは言え、「代理ミュンヒハウゼン症候群」の被害者は

自分が被害を受けていることに気がつかないことも多いことから

志村は警察へ通報することを決めました。

その瞬間、諏訪野良太は誰が何のために薬を捨てたのか気がつきます。

姫井姫子の薬を捨てていたのは、両親なのか?

姫子自身なのか?

そして薬を捨てていた目的とは?

『祈りのカルテ』4章(4話)完全ネタバレ感想|面白い?つまらない?

結局、喘息の薬を捨てていたのは姫井姫子本人でした。

しかし、最初に疑われた虐待が理由ではなく

「パパに会いたい」

というのが薬を捨てていた理由。

桜井姫子の本当の父親は、あのMRの灰崎だったのです。

シンデレラというニックネームは、灰かぶり姫からつけられたのでは?

と思いついた諏訪野良太は、姫子がかつて「灰崎姫子」

だったという発想にいたりました。

再婚が決まり、父親が2人いては混乱すると考えた桜井裕子は

灰崎に姫子とは会わないように頼んでいたのです。

しかし、パパが大好きな姫子は「入院すればパパに会える」

と気がつき、自ら薬を飲まず捨てていたのでした。

姫子の母 裕子は

娘のために

と言いながら、姫子と灰崎を

会わせないようにしていましたが

娘の命を脅かす結果を招いてしまいました。

 

私も離婚経験者なので、

気持ちはわからないでもないですが

夫婦は離婚すれば他人でも

親子の縁は切れません…。

いくら娘が幼くても「パパに会いたい」

という気持ちは尊重してあげるべきでしたね。

 

今や、3組に1組は離婚すると言われている時代。

日本では圧倒的に親権を母親がとれる可能性が

高いので、離婚後の子どもと父親が

どう関わっていくかは、母親側でよく

考えなくてはいけません。

 

とは言っても、灰崎のような父親ばかりではないので

ろくでもない父親であれば会わない方がいいという

ケースもありますが…。

 

『祈りのカルテ』は家族の在り方も考えさせてくれました。

 

さて、小児科研修を終えた諏訪野良太は

「向いてない」のではなく、もっと能力を生かせる科に

いかないともったいないという言葉を、指導医 志村から

かけられました。

 

『祈りのカルテ』で描かれる研修先は

次の循環器内科が最後になります。

諏訪野良太が出す結論をお楽しみに!

 

 

『祈りのカルテ』5章 胸に嘘を秘めて(5話)あらすじネタバレ感想

祈りのカルテ イメージ

今月末までには、最終的に進む科を決めなくてはいけない

諏訪野良太(玉森裕太)は、循環器内科で修羅場のような

研修医生活を送っていました。

緊迫した状況での処置が多い現場で、指導に当たってくれているのは

まるでアスリートのような肉体を持つ 上林

漠然と内科を志望することだけは決めている諏訪野良太に

上林は「循環器内科はやりがいがあるぞ」と熱く語ります。

上林が担当する患者を一人一人紹介された諏訪野良太ですが

最後にVIP室へと案内されます。

突発性拡張型心筋症…心臓移植をするしかない難病におかされている

その患者について、上林は「クセがあるから気をつけろ」と言います。

患者の名前は四十住絵里(あいずみえり)

その正体は、アイドルから転身した、かつての人気女優 愛原絵里でした。

四十住絵里のそばには、横溝という女性マネージャーが目を光らせており

特に守秘義務については神経質になっていました。

四十住絵里はアメリカで心臓移植をうける予定があり

上林は自分たちの仕事は、絵里の状態を悪化させないことだけだと言います。

四十住の読み方を「あいずみ」だとわかった諏訪野良太に感心した上林。

四十住絵里には、四十住紗智という腎不全の妹がおり

諏訪野良太が腎臓内科を回った際、偶然にも担当したことがありました。

上林は、四十住絵里が

「家族は財産目当てに、自分が死ねばいいと思っている」

と信じ込み、家族と会う事を拒否していると言います。

四十住紗智を知っている諏訪野良太は、とてもお金のために

姉の死を願うような妹だとは思えないのでした。

そのような状況の中

『愛原絵里 重病で都内の病院に入院』

という情報がネットニュースに流されます。

四十住絵里の病室へと呼び出された諏訪野良太は

そのタイミングから、情報を流した犯人であるかのように

マネージャーの横溝から疑われます。

しかし当の四十住絵里は「私の家族が情報を漏らす可能性もある」

と淡々とした口調で言い、とりあえずはマスコミの対策をするように指示。

芸能事務所の社長という久米が会見を開き

四十住絵里は悲劇のヒロインとして注目されることに。

四十住絵里の再ブレイクは間違いないと考えた上原は、

「自分たちで情報を流したのかも」

と推測しつつ、自分たちがやるべきことは患者の治療だと

思いなおすように言います。

しかし、会見の最後、久米は驚くべきことを言い出しました。

「愛原絵里を救う会」を設立するので、寄付をお願いします

前代未聞の寄付に、上原は

「やはり情報をリークしたのは芸能事務所で

金目的のために計画されたものだったに違いない」

と確信し、苛立ちをあらわにするのでした。

記者会見から数日がたった頃、四十住絵里の母 洋子が

娘の面会にやってきます。

諏訪野良太は自分だけの判断で、洋子を絵里の病室へと連れていきます。

案の定、四十住絵里は「その人とは会いたくないって言っておいたのに」

と、面会を拒否します。

しかし諏訪野良太は「せっかくお母さんがお見舞いにきてくれたのだから

少しくらい話をしたらどうです?」と促します。

妹の紗智の体調が悪く、腎臓移植をうけられていないと

知った四十住絵里は、一瞬辛そうな表情をしたのも束の間

「私が死んだら遺産が入るし、紗智に私の腎臓を移植したいと思っているんでしょ」

と吐き捨てるように言って、洋子を追い払います。

元々の絵里は優しく、アイドルになったのも家計を助けるためだったという洋子。

しかし、あまりにも過酷な芸能界の実態に、洋子は娘を心配し

芸能界を辞め、普通の女の子に戻って欲しい欲しいと願うようになります。

衝突を繰り返すうちに、絵里は家族を避けるようになり

特に病気になった後は、いっそう拒絶するようになったと言って

洋子は涙を流し、帰って行くのでした。

数日後『四十住絵里への募金は必要額を超えたにもかかわらず

いまだ募金活動を続けていることについて、世間からの批判が

集まっている』と、新たなネットニュースが公開されました。

また、芸能事務所の久米が悪質な横領や脱税に手を染めており

その証拠写真までもが…。

これにより、四十住絵里の件をマスコミにリークしたのは

久米ではないと証明されました。

諏訪野良太は、その人物に心当たりがありました。

上林と共に、その人物の元へ向かうと…。

『祈りのカルテ』5章(5話)完全ネタバレ感想|面白い?つまらない?

四十住絵里の情報をマスコミに流したのは、マネージャーの横溝でした。

絵里を道具としてしか考えていない久米を許せなかったというのが

リークの理由でした。

募金に関する提案を久米にしたのも横溝だと言います。

しかし、アメリカでの移植の話になると、横溝は答えることなく

立ち去ってしまいました。

四十住絵里がアメリカで心臓移植を受ける予定だという病院に、

問い合わせをした諏訪野良太は、今回の件の全てを理解します。

四十住絵里は、最初から移植など受けるつもりはなく

小児心臓病治療の研究機関に寄付するためにお金を集めていたのでした。

家族を遠ざけたのは、自分が死んだときに、あまり

悲しい思いをさせないためだったのです。

しかし、絵里は治療を諦めたわけではないと言います。

死にたいわけではないので、治療は続けるとのこと。

そんな絵里は、諏訪野良太に

「循環器内科医になって、私や子どもたちの心臓を治すと

約束してくれるなら、お母さんとちゃんと話しても良い」

と冗談交じりに言います。

その言葉を聞いた諏訪野良太は、目の前にかかっていた霧が

晴れたような感覚をおぼえます。

2週間ほどのち、久米は横領と脱税で逮捕、芸能事務所は倒産しました。

横溝がその後処理で追われる中、四十住絵里は母 洋子との面会を果たします。

その直後、容体が急変した四十住絵里は、脳血栓症を引き起こし

脳死状態になってしまいました。

諏訪野良太は、四十住絵里から頼みごとをされており

最後の希望を叶えるべく、洋子へ手紙を渡します。

その手紙の内容とは、自分の腎臓を妹の紗智に移植してほしいというものでした。

脳死判定がされる前であれば、それは生体腎移植となり、法律上も

問題はありません。

紗智への腎移植が終わった後、脳死判定をうけた絵里の臓器は

さまざまな患者の元へと運ばれていったのでした。

最初は単なるわがままな

芸能人にみえた四十住絵里ですが

その生きざまに感動を覚えて

ウルウルっとしてしまいました。

 

自分の死後、家族に臓器を…

という気持ちは、ある意味普通とも言えます。

しかし、アメリカで心臓移植を受けることが

出来る状況なのに、そのお金を心臓の悪い

子どもたちのために寄付するって、なかなか

できることではありません。

 

ただ、私もいち母親なので、どうしても

洋子の目線でみてしまうのですが

姉のおかげで妹が助かったとはいえ

絵里にも生きていて欲しかっただろうな…

と考えると、やっぱり涙が出てしまいます。

 

自分に移植された腎臓が姉の物だとは

知らされていない紗智が、どんな人生を歩むのか

ドラマの『祈りのカルテ』で描かれるといいなぁと

思ったりしました。

『祈りのカルテ』6章 エピローグ(最終話)あらすじネタバレ感想(最終回予想)

『祈りのカルテ』のエピローグは、1ページのみで完結しています。

2年間の研修生活を終えた諏訪野良太(玉森裕太)が

最終的に選んだ道は、循環器内科でした。

世間を欺いてまで、多くの人を救おうとした四十住絵里

の存在が、やはり大きかったようです。

知念実希人さんが書いた原作の『祈りのカルテ』は

8月に『再会のセラピー』という続編が出たばかりです。

研修を経て、循環器内科医となった諏訪野良太は、学会発表を終えた帰り、医学生時代の同級生である小鳥遊に遭遇する。

小鳥遊が連れていた研修医・鴻ノ池に、研修のエピソードを求められた諏訪野の脳裏に蘇るのは、親身に寄り添ってきた患者たちのこと。

まるで戦場のような救急部、心の傷と向き合う形成外科、かけがえのない“ある人”との出会いと別れを経験した緩和ケア科。

切なくもあたたかな記憶の扉がいま開く。

祈りのカルテ 再会のセラピーを試し読みしてみる

ここで、ドラマの『祈りのカルテ』の最終回を予想しておくと

おそらく、諏訪野良太(玉森裕太)が循環器内科を選ぶところまでで

続編の『再会のセラピー』まではドラマ化されないと予想。

まず、原作の『祈りのカルテ』には、ドラマに登場するヒロイン

曽根田みどり(池田エライザ)は全く登場していません。

また、諏訪野良太の同期で親友という冴木裕也(矢本悠馬)も

電話をかけてきたシーンで描かれた程度。

しかし、ドラマでは主要キャストとして

曽根田みどり(池田エライザ)と冴木裕也(矢本悠馬)があがっているので

オリジナルストーリーがかなり盛り込まれることが想定されます。

頼むから安っぽい三角関係とかは入れないで欲しいのですが

主演が玉森裕太くんということもあり、恋愛要素をぶち込んでくる可能性もありますね。

精神科医の指導医となる立石聡美(松雪泰子)と

裕也の父親で、外科研修の指導医を担当する

冴木真也(椎名桔平)も、原作にはない人物設定がされています。

四十住絵里のエピソードは、絶対に『祈りのカルテ』では

外せないと思うので、やはり最終回は四十住絵里の死と、

諏訪野良太が循環器内科を選ぶところまでを描き切るのではないかと予想します。

ドラマ『祈りのカルテ』の公式サイトでは、少しずつキャスト情報が

明かされていっているので、気になる方はチェックしてみてくださいね☟

祈りのカルテ公式サイト

タイトルとURLをコピーしました