銘店伝説 小田原ラーメン 鯵壱北條(あじいちほうじょう)期間限定復活!

スポンサーリンク

銘店伝説 小田原ラーメン 鯵壱北條

【銘店伝説 小田原ラーメン 鯵壱北條。】が銘店伝説発売10周年を記念し、期間限定で復活していたのを見つけました!

同じく期間限定復刻をしている【東京・八王子 みんみんラーメン】の記事を書いた時に、小田原ラーメン鯵壱北條。も気になっていたんですよね。

これを逃したら、もう食べられないかもしれないので、迷わず購入。

早速、作って食べてみました。

ところで・・・店名すぐに読めました?

鯵壱北條はあじいちほうじょうと読みます。

読めた方は漢字検定合格間違いなし(かもw)

はちこ
はちこ

アジは小田原を代表するお魚で、お店の前に干物が干してあったりするのを昔見たことがあります。

アジのたたきは小田原が発祥の地とも言われているとか。

パッケージには「店主の熱い小田原愛が詰まった一杯」と書かれてます。

これは食べるのが楽しみです!

スポンサーリンク

鯵壱北條。(あじいちほうじょう)ってどんなラーメン屋さん?

鯵壱北條。は、小田原の海辺近くにお店をかまえています。

Googleマップを見ると東海道と書かれた太い道の角に店舗がありました。

場所はここです↓

銘店伝説のパッケージの写真でもわかるように、ラーメンを木桶で出すという珍しいスタイル。

またトッピングに可愛らしい模様入りのかまぼこを使っているのも特徴的です。

かまぼこは小田原名物なので、そこでも小田原愛を表現しているのでしょうね。

鯵壱北條。はラーメンだけでなく、店舗そのものにも価値があり、大正12年築の古民家を使用しているとか。

ラーメンの提供に木桶を使っているのも、そこがかつて「桶屋」だったという理由があるんですって。

色々と興味深いラーメン屋さんと言えます。

銘店伝説 小田原ラーメン 鯵壱北條。を作って食べてみよう

パッケージの中身は銘店伝説の基本、スープの袋と麺が2食分入っているのみ。

今回もトッピングする具材は自分で用意します。

麺をゆで始めてから用意するのでは遅いので、先に準備を。

はちこは細切りにしたねぎと、自作のチャーシュー、買い置きしてあったメンマを用意しました。

用意できる方は、先ほど書いたようにかまぼこやもやしをのせると、より鯵壱北條。のラーメンに近くなるかと思います。

チャーシューを自作したい方は大勝軒のレシピがおすすめですよ↓

大勝軒のレシピで自作チャーシュー|作り方は簡単なのにプロの味?!
つけ麺で有名な【東池袋 大勝軒】のレシピを参考に、自家製チャーシューを作ってみました。大勝軒は八王子にもあるラーメン店です。少ない材料で、簡単においしく出来ちゃいます!ぜひお試しを♪

銘店伝説ラーメンの作り方

銘店伝説の作り方は3工程と簡単なのですが、実は「掟」の部分をちゃんとすると行程が増えます。

それを踏まえた上で、ラーメンを作っていきましょ~。

1:たっぷりと湯を沸かし、丼にスープ袋を入れて温める

先にたっぷりとお湯をわかします。

ラーメンを入れる丼にお湯をとりわけ、スープ袋を入れて温めておきます。

この時に後でスープを割る分のお湯もとりわけておくか、別の鍋でお湯をわかしておきましょう。
※ポットでもOK

2:麺を茹でる

たっぷりのお湯で2~2分半、麺をゆでていきます。

麺を入れる時にはほぐしながらいれます。

3:スープを作っておく

温まったら、お湯を捨てて、スープの素を入れます。

魚介の香りがすごいですよ!

1人前につき250㏄のお湯でしっかり溶いておきます。

4:盛り付けたら完成!

茹で上がった麺をしっかり湯切りして、3のどんぶりに入れます。

下準備しておいた具材をのせたら出来上がりです!

鯵壱北條。(あじいちほうじょう)お味をレビュー

まずはスープからいただきます。

はちこ
はちこ

魚介が強い!

しかし魚だけではなく、豚骨、鶏ガラも入っているせいか、コクもしっかりありますね。

お店では鯵の干物も使っているらしいですよ。

銘店伝説の場合はむろあじ粉末を原材料に用いていました。

ほんのり少しとろみを感じるスープですが、こってり脂っこさはありません。

ちょっと塩分を強く感じますが、好きな味ですね。

おいしい!

お店では国産小麦にこだわり、水分少な目の麺を使用。

お蕎麦やうどんのような味わいの麺に仕上げているそうですが…それについては特に何も感じないかな(笑)

普通にストレートの麺です。

細めの麺なので、伸びるのが早いですね。

早めに食べないとコシがなくなっちゃう感じ。

もうちょっと麺は太くてもいいかも~。

鯵壱北條。に行った方のインスタを見ていたら、ラーメンの上にゴマがたっぷりかけてあったので、はちこものせてみました。

鯵壱北條。のラーメンは個性があるので、はっきり好みがわかれますが、はちこは美味しくいただきました!

実店舗でも女性客が多いようで、女性好みの味なのかな?

店舗が古民家というだけで、女性は喜んじゃうんですけどね。

八王子から小田原までは、Google先生によると、順調なら1時間半弱で到着してしまうので、銘店伝説を食べて気に入ったら日帰り旅行してみるのもありですね。

すぐ近くには小田原城もある観光名所です!

期間限定であることと、どこのスーパーにも置いてあるわけじゃないので、見かけたら一度ご賞味あれ。

ではでは、ごちそうさまでした~♪

銘店伝説【東京・八王子 みんみんラーメン】期間限定復刻!作ってみた
銘店伝説【東京・八王子 みんみんラーメン】が期間限定で復刻しました! 銘店伝説発売10周年を記念して新発売した「御当地ラーメン伝説」シリーズにプラスし、販売終了になっていた人気のラーメンだけを復刻したもよう。 復...

銘店伝説 小田原ラーメン 鯵壱北條|基本情報

栄養成分(1食 めん90g 添付調味料1袋あたり)

エネルギー(カロリー)425.4キロカロリー
たんぱく質16.0g
脂質13.0g
炭水化物(≒糖質)61.0g
食塩相当量7.2g

<原材料>

めん:小麦粉、小麦たん白、還元水飴、食塩/加工デンプン、酒精、完遂
添付調味料:醤油、ラード、還元水飴、魚醤(魚介類)、チキンエキス、ポークエキス、ガラエキス、砂糖、風味油、むろあじ粉末、食塩、酵母エキス、煮干粉末/酒精、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(加工デンプン、キサンタンガム)、乳化剤、カラメル色素