【初恋の悪魔】4話あらすじネタバレ感想(ちょっと考察)仲野太賀と松岡茉優が両想いに?林遣都は失恋か…

スポンサーリンク

初恋の悪魔 おもしろい つまらない 感想

【初恋の悪魔】4話のあらすじネタバレ感想記事です。

スポンサーリンク

【初恋の悪魔】あらすじネタバレ感想記事一覧

【初恋の悪魔】面白い?つまらない?1話ネタバレ感想|松岡茉優は二重人格か!
2022年7月16日放送の【初恋の悪魔】1話ネタバレ感想記事です。 新しいドラマがはじまると、まず知りたいのが 「面白い?」「つまらない?」 どっち?ということ。 最近はドラマでもアニメでも、本数が多いので ...
【初恋の悪魔】2話あらすじネタバレ感想|つまらないし、クセが強くて「微妙」って本当?
2022年夏、とんでもなくクセが強いドラマ【初恋の悪魔】がはじまりました。 こ洒落てこじれたミステリアスコメディーとして、7月16日からはじまった【初恋の悪魔】は放送開始後すぐに「クセが強い」と話題に。 #初恋の悪魔 ...
【初恋の悪魔】3話あらすじネタバレ感想|馬淵の兄を殺害した犯人は誰?SNS考察とは違うあの人をあげてみたw
【初恋の悪魔】3話のあらすじネタバレ感想記事です。 私はもともと坂元裕二脚本作品が好きなので、1話からかなり面白く見ています。 しかし! クセが強すぎて好みが分かれるせいか『ワースト視聴率を記録』『爆死』などと騒が...
【初恋の悪魔】5話あらすじネタバレ感想|安田顕が林遣都を監禁!山口果林の正体とは?
【初恋の悪魔】5話のあらすじネタバレ感想記事です。 【初恋の悪魔】あらすじネタバレ感想記事一覧 【初恋の悪魔】主要キャスト 鹿浜鈴之介(林遣都) ...
【初恋の悪魔】6話あらすじネタバレ感想(ちょっと考察)仲野太賀失恋?!へび女 松岡茉優が選んだのは林遣都
【初恋の悪魔】6話のあらすじネタバレ感想記事です。 【初恋の悪魔】あらすじネタバレ感想記事一覧 【初恋の悪魔】主要キャスト 鹿浜鈴之介(林遣都) ...
【初恋の悪魔】7話あらすじネタバレ感想(ちょっと考察)森園真澄(安田顕)は雪松鳴人(伊藤英明)に片づけられた?キョウコとは誰?
【初恋の悪魔】7話のあらすじネタバレ感想記事です。 【初恋の悪魔】あらすじネタバレ感想記事一覧 【初恋の悪魔】主要キャスト 鹿浜鈴之介(林遣都) ...
【初恋の悪魔】8話あらすじネタバレ感想(ちょっと考察)菅田将暉の弟 菅生新樹(すごう あらき)がシリアルキラー?
【初恋の悪魔】8話のあらすじネタバレ感想記事です。 【初恋の悪魔】あらすじネタバレ感想記事一覧 【初恋の悪魔】主要キャスト 鹿浜鈴之介(林遣都) 馬...
【初恋の悪魔】9話あらすじネタバレ感想(ちょっと考察)弓弦(菅生新樹)が友人を殺害した理由とは?
【初恋の悪魔】9話のあらすじネタバレ感想記事です。 【初恋の悪魔】あらすじネタバレ感想記事一覧 【初恋の悪魔】主要キャスト 鹿浜鈴之介(林遣都) ...
【初恋の悪魔】最終回10話あらすじネタバレ感想|リサ(満島ひかり)が一瞬で星砂(松岡茉優)ではないと見抜く姿に感動!
【初恋の悪魔】最終回10話のあらすじネタバレ感想記事です。 父親である雪松鳴人(伊藤英明)が、子どもの頃の友人たちを次々と殺害した…。 所持していた靴を処分しようとしたところを、馬淵(仲野太賀)と小鳥(柄本佑)におさえら...

【初恋の悪魔】主要キャスト

初恋の悪魔 キャスト 相関図

  • 鹿浜鈴之介(林遣都)
  • 馬淵悠日(仲野太賀)
  • 摘木星砂(松岡茉優)
  • 小鳥琉夏(柄本佑)
  • 雪松鳴人(伊藤英明)
  • 森園真澄(安田顕)
  • 小洗杏月(田中裕子)
  • 服部渚(佐久間由衣)
  • 口木知基(味方良介)
  • 尾白詠子(瀬戸カトリーヌ)
  • 野上千尋(萩原みのり)
  • 出口玲雄(西山潤)
  • 馬淵朝陽(毎熊克哉)

【初恋の悪魔】4話あらすじネタバレ

  • 傘を横に持って歩いていた人
  • ごみの分別をしなかった人
  • 行列に割り込んだ人
  • 2人乗りをした人

といった、社会のルールやマナーを守らない人間が、次々と矢を射られて怪我をする事件が発生します。

刑事課の捜査会議では「痛そうだね」「自業自得」と、大した事件ではないという雰囲気に。

しかし、服部渚(佐久間由衣)は、動画投稿サイトに、世界英雄協会(WHA)を名乗る男が

「迷惑をかける人間は排除する」

という内容の犯行声明を配信したとし

「新たな犠牲者がでる可能性が高い」

と訴えるものの、捜査会議では笑いの嵐に。

犯行声明を出している人物が、仮面をかぶっており「ゲームの始まりです」などと言っていることから、危険を感じているのは服部渚だけなのでした。

そんな中、小鳥琉夏(柄本佑)は、摘木星砂(松岡茉優)が見覚えのあるTシャツを着ていることに気がつきます。

実は、鍵がなくなってしまい家に入ることが出来ない摘木星砂は、馬淵悠日(仲野太賀)の家に居候させてもらっていたのでした。

正直に言ったら?という摘木に対し、馬淵は

「大恋愛があるかのように想像されます」

と言って、2人で笑います。

しかし摘木は、自分の中にいる「へび女」に怯えており、実際に「へび女」を見た馬淵に

「どんな女だった?」

と尋ねるのでした。

「へび女」は、か弱い感じで守りたくなるようなタイプだったという馬淵は、何かあったら摘木を守ると言うのでした。

そこへ、馬淵の両親が現れて、お見合いの話を切り出します。

摘木はクローゼットに隠れてカレーを食べ続けていたのでした。

一方、鹿浜鈴之介(林遣都)は、森園(安田顕)と共に、自宅の中に仕掛けられていた監視カメラを撤去。

作業の中で、森園(安田顕)は、自分の職は駆け出しのサスペンス小説家と語ります。

ずっと森園をシリアルキラーだと考えて監視してきた鹿浜は、がっかり。

しかし話を聞いた後、森園の家には「妻」という女性だけでなく、様々な雰囲気の女性が出入りするのを見かけ、一度はがっかりした鹿浜ですが「やっぱり森園は素晴らしい人だ」と大喜びするのでした。

馬淵と摘木が遅刻しそうになり急いでいると、危険な乗り方をしたスケボー男と衝突しそうになります。

ギリギリのところでよけた後、背後で「痛い」という叫び声が。

男の足には、矢が刺さっていたのでした。

防犯カメラはあったものの、事前に壊されており、犯人を確認することは不可能。

すると、世界英雄協会はまたもや犯行声明を動画にアップ。

「ゴミ人間を3人排除した」と言い、そこにはスケボー男の姿もありました。

服部が心配した通り、世界英雄協会は犯行を続けるだけでなく、今度は

「クイズを出します」

と大量の数字であらわした暗号を公開します。

数字を得意としている小鳥の元へ暗号を持ってきた服部。

服部に気がある小鳥は、がぜん張り切って暗号の解読に挑みますが、何時間たっても解くことができません。

夜になって、馬淵と摘木は冷やし中華を食べながら、楽しげに話しをしています。

すると今度はそこへ、雪松鳴人(伊藤英明)がやってきて、カップ焼きそばを食べ始めます。

またもやクローゼットに潜む摘木に気がついたような、微妙なそぶりをして雪松は部屋から出て行くのでした。

同じころ、やっと暗号がとけた小鳥が導き出した答えは

「八谷公園のベンチ」

服部が公園へと向かい、捜査班は防犯カメラの動作も確認します。

ベンチの下をのぞくと、そこには犯人からの2問目のクイズが。

次の瞬間、服部の胸には矢が刺さり、防犯カメラも砂の嵐にみまわれます。

大した怪我ではなかった服部ですが、小鳥は自分に責任があるとショックを受けて、事件を解決するべく鹿浜の元へ向かったものの、完全に拒否されてしまいました。

仕方なく、馬淵、小鳥、摘木の3人で考察をすることに。

犯人からの問題は

  1. 殺人鬼が思った。同じ誕生日の人間を2人以上殺したい。その確率を99.9%まで高めるには何人殺せばいい?
  2. エスカレーターを逆方向に上がる犯人がいる。押し戻されながら50段上にいる人を殺すまでに何分かかる?

といった内容でした。

全ての問題を解いた3人は、解答の場所である廃ビルへと向かいます。

矢を搭載したドローンによって追いかけられる3人の元に、鹿浜の助けが。

必死で犯人からの問題を解こうとする3人に鹿浜は

「なぜ犯人からの問題を解かなければならない?」

と疑問を提示。

4人そろっての捜査会議がはじまります。

ドローンの機種名「DGA rooster」から、最大飛行距離450メートルをチェック、犯人がドローンを操作した場所を割り出します。

考察の途中、馬淵と摘木の間に流れる空気が以前とは違う事に気がついた鹿浜は「こんなことをしても意味がない」と言い出します。

服部を想う小鳥は部屋を飛び出し、1人犯人捜しへ。

しかし一足先に、捜査班が犯人を割り出し逮捕したのでした。

そして鹿浜は、自分には人を好きになること(=傷をつくること)はいらないと言い、馬淵と摘木に「おめでとう。幸せになってください」との言葉をおくります。

小洗杏月(田中裕子)から「あの子(馬淵)なら受け入れてくれそう」とも言われ、摘木は馬淵に、馬淵の兄のものと思われる携帯を渡すことに。

そんな摘木に、馬淵は「一緒にいたかったから一緒にいた」と告白をしようとしますが、摘木は自分がもしかすると馬淵の兄を殺した犯人の可能性もあると言い、部屋を出ていこうとします。

そんな摘木を馬淵は引き止め、そっと抱きしめるのでした。

摘木と馬淵がアパートの外へ出ると、そこへ雪松鳴人(伊藤英明)がやってきて「一緒に飯を食おう」と強く摘木の腕をつかみます。

馬淵が「やめてください」と、雪松から摘木を引き離そうとした瞬間、雪松は階段から地面へと転がり落ちてしまうのでした…。

その頃、鹿浜の元へは、またもや隣家の森園真澄(安田顕)がやってきて

「ブレーカーを落として欲しい」

と言います。

家中の電気を落とした状態にもかかわらず、電気メーターが動いていると指摘。

家の中にある、これまで開けたことのない扉をひらくと、そこには…。

【初恋の悪魔】4話感想(ちょっと考察)

【初恋の悪魔】というタイトルの通り、このドラマは恋の物語でもあります。

2話で、婚約者である結季(山谷花純)に浮気をされ、3話ではプロポーズのやり直しをしようとしていた馬淵悠日(仲野太賀)ですが、あっさりと摘木星砂(松岡茉優)を好きになってしまいましたね💦

せめて数か月経っているのであれば、特に違和感は覚えてなかったと思うのですが、結局のところ馬淵もたいして結季を愛していなかったのではないかと感じてしまいました。

よくよく考えてみれば、馬淵は賛成しかねることについても「わからないけれど、わかります」と言った具合に『確固たる自分の考え』というものがありません(というか封印している感じ)

そういう意味では、違う人格「へび女」を心の中に隠し持つ摘木星砂(松岡茉優)と似た者同士とも言えそうです。

一見、誰に対しても親切で誠意をもって接しているように見える馬淵ですが、誰に対してもYESマンということは、不誠実だということだと思います。

そう考えると、雪松鳴人(伊藤英明)が疑っていたように、馬淵が兄の死に大きくかかわっている可能性(はては犯人である可能性)も浮上してきました。

意図的には見えませんでしたが、雪松は馬淵の手で、階段から突き落とされた状態になっています。

【初恋の悪魔】5話の予告では、馬淵と雪松が仲良くご飯を食べているシーンがありましたが、それが回想なのか、転落事故以降のことなのか、気になるところです。

鹿浜の隣家の森園も限りなく怪しいですね。

鹿浜が森園を監視していたのと同じくらい、森園も鹿浜を見ていたとしか思えません。

ブレーカーを落としても、電気メーターが回っているとか…普通に暮らしていたら気がつかないので。

扉の先には果たして何があったのか?

「あなたに妻は何人いるんですか?」

と鹿浜が訪ねていたところを見ると、女性の遺体があった可能性も高いですね。

と思いましたが、5話の予告から、開かずの扉の先には地下室の階段があったことがわかりました。

その上、地下室には誰かを監禁した形跡があり、挙句の果てに鹿浜は森園に閉じこめられ、鹿浜がある少年が殺害された事件の真犯人ではないか?と疑っていたことが判明します。

やはり森園は怪しいものの、サイコパスといったたぐいの人物ではなかったようですね。

おそらく少年の父親なのでは?と考えています。

以上、【初恋の悪魔】4話の感想&ちょっと考察でした。

【初恋の悪魔】5話あらすじネタバレ感想|安田顕が林遣都を監禁!山口果林の正体とは?
【初恋の悪魔】5話のあらすじネタバレ感想記事です。 【初恋の悪魔】あらすじネタバレ感想記事一覧 【初恋の悪魔】主要キャスト 鹿浜鈴之介(林遣都) ...

【初恋の悪魔】の見逃し配信はどこ?

初恋の悪魔 見逃し配信 坂元裕二

さて、そんな好き嫌いのはっきりわかれそうな【初恋の悪魔】ですが、見逃し配信はどこで出来るのでしょうか?

最新話であれば、tverで無料配信されています。

全話を一気見したい場合は、Huluで配信中。

Hulu未登録の方であれば、2週間無料で見放題が可能です。

【初恋の悪魔】をHuluで確認してみる

その他の坂元裕二脚本作品もアップロードされているので、夏休みなどに2週間使い倒してみるのもありですね。

Huluは月額1026円(税込)なので、ランチ1回我慢する以下の金額で、ドラマだけでなく映画やアニメも満喫できるサービスです。

 

タイトルとURLをコピーしました