マルちゃん【無限キャベツのもと】作り方かんたん適当!美味しい!アレンジあり

スポンサーリンク

パリパリ無限キャベツのもと うましお味 マルちゃん

無限キャベツのもと(マルちゃん)を買ってみました。

2018年2月28日に発売された、2人前のパリパリ無限キャベツのもとは売り切れが続出したようなのですが

8月27日に新発売された1食入りのパリパリ無限キャベツのもとは、特にアピールされるわけでもなく、スーパーの床に近い場所で販売されておりました。

販売価格は158円(171円)です。

今回はマルちゃん【無限キャベツのもと】についてカロリーなどを調査!

アレンジした作り方もご紹介いたします。

はちこ
はちこ

かなり美味しいよ♪

スポンサーリンク

無限キャベツのもと(マルちゃん)1食入りと2食入り|違いはあるの?

パリパリ無限キャベツのもと1食分の中身

ここで気になるのは1食入りと2食入りに違いがあるのか?ということ。

内容量・価格・カロリーの比較

1食入り2食入り
内容量54g(めん40g)88g(めん30g×2)
希望小売価格160円(税抜)260円(税抜)
1人前あたりのカロリー293キロカロリー244キロカロリー
はちこ
はちこ

1食入りの方が1人前あたりの内容量が多くなっているので、カロリーも50キロカロリー近く増えています。

原材料の比較

<原材料|1食入り>


めん(小麦粉(国内製造)、植物油、食塩/かんすい、酸化防止剤(ビタミンE)パプリカ色素、(一部に小麦を含む))
添付調味料(植物油、食塩、乳糖、醤油、砂糖、香辛料、チキンエキス、ごま、粉末野菜、ねぎ、香味油脂/調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉を含む))

<原材料|2食入り>
めん(小麦粉(国内製造)、植物油/かんすい、(一部に小麦を含む))
添付調味料(植物油、食塩、乳糖、醤油、砂糖、香辛料、チキンエキス、ごま、粉末野菜、ねぎ、香味油脂/調味料(アミノ酸等)、(一部に小麦・乳成分・ごま・大豆・鶏肉を含む))

はちこ
はちこ

2食入りの原材料は販売者の東洋水産の公式サイトの情報です。

1食入りのめんの原材料に酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素が加わっていました。

パリパリ無限キャベツのもとは、揚げ麺のため賞味期限があまり長くありません。

今回購入したのは9月初旬でしたが、賞味期限は12月中旬でした。

パプリカ色素はともかく、酸化防止は必要かと思います。

栄養成分の比較

1食入り2食入り(1人前あたり)
たんぱく質4.3g4.1g
脂質17.6g15.2g
炭水化物29.4g22.6g
食塩相当量2.2g2.2g
はちこ
はちこ

1人前あたりの内容量は1食入りの方が増えてカロリーもアップしていたのですが、タンパク質の量はあまり変化がありませんね。

食塩相当量については、全く変わっていません。

実は2人前が発売した際「ちょっと塩気が強い」という口コミもあったりしたので、塩分量を下げたのかもしれません。

パリパリ無限キャベツの作り方(超適当!アレンジしまくり)

こちらがパッケージ裏に書かれていた作り方になります。

ざっと目を通した上で、実際に作っていきましょう。

はちこ
はちこ

ビニール袋なんていらないよ!w

キャベツを千切りにする

「カットキャベツを使うと、より簡単!」と書かれています。

基本的に必要な材料はキャベツ150gだけ。

これはセブンプレミアムの千切りキャベツ1袋分の量に相当します。

今回はちこは、たっぷり野菜をとりたいのでベンリナーというスライサーを使うことに。
※ベンリナーについては最後にPRさせてもらっちゃいますね

キャベツの量なんて、もちろんはかっていません。

小ぶりのキャベツ1/4個分くらいを千切りにしてみました。

そんなに量がないので…

クシ刃をプラスして、ニンジンの千切りも追加します。

1/2本分くらい追加しちゃいました。

麺をほぐす

パリパリ無限キャベツのもとの麺は、バリバリに砕けてしまわないようにトレーに入っています。

トレーから麺だけを取り出して、パッケージの袋に戻して、適当にほぐします。

別にビニールを用意しても良いですが、薄いビニールだと麺で破れそうですし、新品の良いビニールをあえて使う必要もないんじゃないかなぁ…エコです、エコ。

キャベツ(野菜)と麺を混ぜる

千切りにしたキャベツ(野菜)に、ほぐした麺を混ぜ合わせます。

特製油をかけて…

粉末スープもふりかけて、かき混ぜたら

出来上がり~!

パリパリ無限キャベツのもとは美味しかった!

無限キャベツなんて「もと」なんてなくても「塩昆布」や「中華スープの素」使って「ゴマ油」入れれば、簡単に出来ちゃうよね♪

と思っていたのですが、マルちゃんのパリパリ無限キャベツのもとは『香ばしい麺』と『ラーメンに通じる粉末スープ』のおかげで、主役級の位置に野菜を押し上げてくれる気がします。

どう考えても150gをはるかに超えた量の野菜を混ぜているにも関わらず、しっかりした味がついていたので、細切りにしたネギまで加えてみました。

薄味好みの方だったら、かなりの量の野菜を混ぜても満足できる味に仕上がるかと思いますよ。

はちこ
はちこ

SNSではキャベツ400〜500g使ったら好みの味になったって書いてる方もいました!

特製油とされてますが、舐めてみたら「普通のごま油?」って感じでもあったので、薄くなりすぎちゃったらごま油+塩気のある調味料を加えればOK。

味の素や塩コショウなんかでも、合うと思います。

おすすめのトッピング材料の中にあるツナを加えれば、たんぱく質もとれるので、栄養バランスがさらにアップしますね。

水気をしっかり切って野菜を持って行けば、ダイエット時のお弁当としてもいけちゃうと思いました。

かなりおすすめです!

ベンリナーって何?

今回の記事で使用したベンリナーと言うのは、こちらのスライサーになります。

はちこが購入したのは、何年も前ですが未だに切れ味は落ちていません。

グリーンはおそらく新色ですね。

アイボリーだと、どうしても野菜の色がついて変色するので、グリーンを選んだ方が良いと思います。

はちこは受け皿付きのものを持っているのですが、はっきり言ってほとんど使ったことないです。

一気にたくさんの野菜をカットしたい時に使うので、すぐにいっぱいになってしまう受け皿を使うより、大きなボールの上で使った方が楽なんですね。

ただ、しっかり持っていないと滑るので、安全重視の方は受け皿もあった方がいいかなぁと思います。

包丁が苦手な男子でも楽勝で扱えるので、息子たちが一人暮らしをする際には持たせてあげようかな。

気が向いたらベンリナーの便利さを単独記事にしてみたいと思います。

ではでは、ごちそうさまでした~♪