光回線の悪質な乗り換え詐欺の手口とは?ケーブルテレビのインターネット利用者も注意!

スポンサーリンク

あやうく、とある光回線業者に騙されるところでした…。

釣りでも何でもなく、本当に詐欺まがいの電話に引っかかりそうになりました。

工事の予約までしたところを、ギリギリ息子ちゃんの直感により回避できたしだいです。

結局のところ、巧妙にそうと見せない乗り換え勧誘だったわけですが、まるで現在契約している業者のような口ぶりで電話をしてきたので、すっかり騙されてしまいました。

調べてみたところ、同じような被害にあっている方が多数いらっしゃるようです。

その光回線業者は、auひかりの契約者を狙うケースが多いようですが、ケーブルテレビでインターネットを利用している方も要注意という記事になります。

スポンサーリンク

光回線の悪質な乗り換え詐欺の手口

無料でルーター交換→その上料金が安くなる

我が家はケーブルテレビの会社でテレビ・電話・インターネットをセットで契約しています。

と言っても、テレビは処分してしまったので、使用しているのは電話とインターネットのみ。

正直言って、ケーブルテレビの回線速度は支払っている金額の割に、そんなに速度がでないことも多いので「やっぱり光回線に乗り換えた方がいいのかな?」なんて話を、息子ちゃんとしていた矢先の電話でした。

最初にかかってきた電話は若い女性から。

とても丁寧で、いかにも教育されたOLさんという感じでした。

一言一句を覚えているわけではないのですが、まず我が家で契約しているケーブルテレビ会社の名前を出してきた上に「今現在、インターネットの部分で6000円ほどお支払いいただいていると思うのですが」と具体的な金額が出てきたため、すっかりケーブルテレビ会社を経由した(あるいは委託された)電話だと思い込んでしまいました。

その女性からの電話の内容は

現在使っているモデムを、現在無料で交換する工事を順番に行っています。

しかもインターネット部分でお支払いいただいている金額が、現在6000円ほどになっているかと思うのですが、今回交換していただくことによって4980円になります。

速度も倍の速さになりますし、お客様への負担は一切ありません。

万が一、違約金が発生した場合も全てこちらが負担をいたします。

要約するとこのような感じでした。

が、この電話の途中で、実はほんのちょっと違和感を覚えたんです。

この女性、本来だったら知っていて当然のはずの、契約者の住所や名前を知らなかったように思えたんですよ。

これがまた巧妙なことに「確認させていただきますので、住所と契約者様のお名前をお願いします」と言った流れを作るんです。

ただ、こちらとしてはまだケーブルテレビ会社に関係している人の電話だと思い込んでますし、無料なだけでなく料金が安くなるという、魅力的な提示に心奪われているので、スルーしてしまいました。

ソニーの名前を出してくる

その女性は、電話の中で「ソニーの回線を使えるようになったことで…」などと、誰もが知っている大手企業の名前を出してきたりもしました。

まだ家を建てたばかりの頃、よく「東京電力の者ですが、玄関口までお願いします」と言って出て行ったら、太陽光発電の営業マンだった…なんてことも経験したことがあるので、大手企業の名を勝手に語る悪質な勧誘の手口があるのは知っていたはずなのに…。

とどのつまり「得したい」という欲に目がくらみ、すっかり騙されてしまいました。

「何か変だな?」と思ったら、やはりその直感は信じるべきなのかもしれません。

今回の場合はソニーでしたが、NTTを語るケースも多いようです。

大手企業をイメージさせる社名

電話でのやり取りが進んで行ったところで『〇〇光』という業者の名前が出てきました。

ここでは誹謗中傷になってしまうとまずいので、具体的な会社名は書きませんが、いかにも大手企業っぽい社名に思えました。

後から調べたところ、名称の一部がかぶってる会社が2社ほど既にあることがわかりました。

あまり光回線業者に詳しくなかったため、何となく信頼できる会社というイメージを抱いてしまったような気がします。

更に調べたところ、今回電話をしてきた光回線業者はまだ開設してそんなに日が経っていない事もわかりました。

紛らわしい社名をあえてつけてるとしか思えません。

「白い恋人」が「面白い恋人」を訴えたことがあるらしいですけど、その比じゃない気がします(個人的な感想です)

結局のところ、今回の電話はこの社名半パクりの『〇〇光』という業者による巧妙な乗り換え詐欺だったわけです。

「お得なので乗り換えませんか?」と言っても、今時は話を聞いてくれる人もいないので、新たな手法を考え出したんでしょう。

複数人数と電話をすることになる

「本当に巧妙だったなぁ」と思ったのは、工事の予約を取り付けるまでの流れでした。

短時間の間に、3人の人間が我が家に電話をしてきています。

1:最初にかけてきた女性との電話
↓(数分後)
2:話の内容を確認するための若い男性からの電話
↓(数分後)
3:工事の日取りをもう一度確認するための電話

この段取りって、大きい企業でよくやってませんか?

実際、今契約しているケーブルテレビ会社でも、モデムやルーターの変更をしたことがあるのですが、その際も同じ流れで工事をしたような記憶があります。

「今のお話を確認するために、別の者からも電話を入れますので」と言うようなことを言われました。

携帯電話の番号を聞き出す

「もしも連絡がとれないといけないので」という理由で、携帯電話の番号も聞き出されました。

既に「ケーブルテレビとセットで携帯電話の割引もされている」という話をしてしまったので「携帯持ってません」と言えなくなっちゃってたんですよね。

あんまり携帯の番号は外に出したくないので「どうしても必要ですか?」と渋ったのですが「やはり必要です」と言われ、教えてしまいました。

個人情報ダダ洩れです…。

こうして、あっという間に工事の予約まで終わってしまったのですが、その時に

現在大変工事が混みあっておりまして、予約がとれるのが9月〇日以降になります。

と言われました。

これが「みんな工事してるから安心だよ」ってことなのか、実際に同じような手口で騙されちゃっている人が大勢いて混雑しているのかはわかりません。

ただ、ネット上でその会社名を検索すると、今回と同じような手口で騙されそうになったと書いている人が何人もいました。

ケーブルテレビ会社に連絡させないようにしている?

注意事項として、こんなことも言われました。

工事が終了してから、ケーブルテレビ会社にインターネット契約の廃止の連絡をしてください。

前もってケーブルテレビ会社に連絡をしてしまうと、インターネットが使えなくなってしまうので注意してください。

その時は「そりゃそうだ(笑)」とか思ったんですが、これさえも「前もってケーブルテレビ会社に連絡させないようにしていたのかもしれない?」と今は疑ってしまいます。

不安を取り除く工夫が侮れない

「敵ながらあっぱれ」という感じなんですけど、こちらの不安を取り除く工夫が本当に侮れませんでした。

よく携帯の契約であるように、今回の契約もオプションをつけていただくことによって割引がされます。

翌月に全て解約していただけば大丈夫です。

忘れてしまわないように「ご解約はすみましたか?」と、こちらからご連絡をさしあげますので、ご安心ください。

実際ありますよね。

携帯にくっついてくるオプション。

あれ、忘れちゃいそうで、すっごく嫌じゃないですか?

それをわざわざ、連絡してくれるなんて…親切!と、その時は思ってしまいました。

お金の引き落としについては抜かりがない

そういえば、こんな事も言ってました。

工事が終わったら、9月中に銀行がクレジットカードの引き落としの手続きをしていただかないと、割引が適用されなくなってしまいます。

工事そのものは月中の予定だったので「そりゃ9月中には手続きするよなぁ」と思ったんですが、これもよく考えると胡散臭い気がしてしまいます。

会社の営業時間が遅い!

息子ちゃんにラインでこの話を伝えたら、最初は速度が速くなることに喜んでくれたんですが、その後Twitterで色々調べてくれたらしいんです。

それで「なんかここの会社、怪しくない?」って言われたんですね。

で、はち夫にも相談したところ「正直うますぎる話だとは思う」という事になって、翌日業者から聞いていたカスタマーサポートにつながるはずのフリーダイヤルへ電話をかけてみました。

すると「当社の営業は12時から…」って自動の営業時間アナウンスが…。

あまりの営業時間開始の遅さに驚きました。

常識的に考えて、この手のサービスをやってる会社って遅くても10時には受付はじまりませんか?

仮に詐欺じゃなかったとしても、カスタマーサポートの営業が12時からなんて業者と正直契約したくないです。

「何かご不明なことがあったら、いつでもおかけになってください」って言ってたはずなのに、一体何だったんでしょうか?

消費者苦情受付窓口つながらない

「12時まで待ってられない」と思ったので、ネットで検索したところホームページに「消費者苦情受付窓口」の番号を見つけました。

それもフリーダイヤルだったのですが、受付時間が9:00〜21:00(年中無休/年末年始をのぞく)となっていたので、9:00を待ってかけてみました。

が、鳴らせど鳴らせど呼び出し音がなるだけ…自動アナウンスへの切り替えさえありませんでした。

詐欺だと思った決定的な理由とは?

たとえアプローチが怪しくても「本当にお得」だったら、まだ良かったんです。

でも「これは、詐欺と言っても過言ではない悪質な業者だ」と思った決定的な理由があります。

実は、2番目にかけてきた若い男性に質問したことがあって、その回答がでたらめだったんです。

はちこ
はちこ

この工事をした場合、古い機種(ルーターやモデム)は、その場で引き取ってくれるんですか?

その場では回収しませんが、解約の電話をケーブルテレビ会社にすれば、箱を送ってもらえるので、その中に入れてコンビニなどで送り返せば大丈夫です。

全くお客様へのご負担はありません。

このようなやりとりがあったんですが、先にも書いたように我が家では一度機器の変更をしているんですね。

その時にちょっとしたトラブルがあって、わざわざケーブルテレビ会社に機器を持って行かなければならなかったという経験をしたことがあったんです。

なので「あれ?本当かな?」と疑問に思いました。

その時のトラブルと言うのは、変更の手続きをした営業マンの話と、実際の手続き方法が食い違っていたというものだったので、はっきりと記憶に残っていたんです。

ですから、まずはこの点をケーブルテレビ会社に確認して、もしも違っていたら『〇〇光』という業者は詐欺会社と思っても良いだろうという判断基準にしました。

みなさん、もうおわかりですよね。

『〇〇光』の言った事はでたらめでした。

ケーブルテレビ会社の説明によると「ホームページに注意勧告は出している」との事だったのですが、軽くチェックしてみても見つかりませんでした。

ちょっと回答が煮え切らない部分もあったので、おおっぴらに批判出来ない何らかの事情があるのかもしれません。

その時に「他の業者から電話をさせるという事はしてないので、個人情報などは決して漏らさないでください」と言われたのですが、もはや手遅れですって感じです。

今回の『〇〇光』という会社とのやりとりと、対応した人の名前なども全て報告しておいたので、何らかの対処はするのかもしれませんが、基本的には消費者である私たちが気をつけるべきなんだろうと思います。

回線工事のキャンセルは出来ました

ケーブルテレビ会社との電話の後、12時になるや否や、再びフリーダイヤルに電話をしてみたところ、すぐにつながりました。

ケーブルテレビ会社に連絡をとったことをまず伝えてから「昨日受けた説明と内容が違っていたので、回線工事をキャンセルしたい」と言ったところ、あっさりキャンセルはしてもらえました。

電話でのお得な申し出は全て詐欺だと疑ってみる

今後はどこから電話がかかってこようと書面がない契約の変更などは一切受け付けないという決意を固めた次第です。

それが既に契約している業者であろうと…。

はちこ
はちこ

電話でのお得な申し出は全て詐欺だと疑ってみることに決めました!

光回線業者とのトラブルはかなり多く「光回線 詐欺」といったキーワードで検索すると、たくさんの記事が出てきます。

その中で、代理店から実際に工事を請け負っている方がこんなことを書いているのを見つけました。

ひどい売り方をする代理店も問題だが、自分を守る術を知らないお客さんにも問題があると思う。

電話がかかってきたら、一度切って調べてみたり、わかる人に聞いてみるのがおすすめ。

たしかに、その通りだと思いました。

今回の記事を書くにあたって、光回線業者の闇もわかりましたし、未然に防げて良かったです。

万が一、工事してしまい契約が完了していた場合、本当にお得になったかどうかさえ怪しいという事も判明しました。

しかも、この光回線業者は違約金が20,000円と他の業者の倍近い金額を設定しています。

嫌になったからと言って簡単にはやめられないのです(2年縛りがあります)

世の中、便利になった反面、把握すべき情報が多すぎて、手に余ることもありますが、家族や友人で情報を共有し、悪質な業者に騙されないように気をつけていきましょう!