埼玉物産【極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】他のラーメンの評判は微妙だけど…

スポンサーリンク

埼玉物産 油そば

油そばリベンジのために【もっちもち極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】を買ってきました。

銘店伝説の兎に角マルちゃんの珍々亭と、油そばの見た目が大好きなのに食べると「微妙」ということが続いている中で「油そばはアレンジするものである」と学習したはちこ。

今度こそ美味しい油そばにありつけるのか?

メーカーは埼玉物産になります。

って、聞いたことない!!!

売っていたのは、格安スーパー ロピア

なんと販売価格は3食入りで199円(税抜)という激安です!

スポンサーリンク

埼玉物産って?

〇〇物産というと、あの大手総合商社を思い浮かべてしまうのですが


うどん、蕎麦、中華麺を中心に販売している会社で、ツイッターでの口コミもなかなか良かったりします。

プロ級の生ラーメンって見たことない(気がする)けど、気になりますね~。

ツイートを見ていたら、【極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】は3月1日発売の新商品だったようです。

埼玉物産公式サイトのトップページには「麺ひとすじ」の文字が。

これは期待できそうなんですが…。

埼玉物産を知っている人が少ない中で…

はちこと同じく「埼玉物産」を知らない方は多いのか、記事を書いている人がほとんどいません。

書いている方の記事をチェックすると、どちらも残念な投稿でした⤵

食べているのがラーメンだったので、油そばは違うかも?

では、油そばを作って、お味を確かめてみましょう。

埼玉物産【極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】を作ってみよう

パッケージの中身はこんな感じ。

スープが透明な袋に入っているので、ラードの塊が大量に見えてますね。

油そばヘルシー説なるものを唱えている方もいるのですが、これを見てしまうと、やはり無理を感じます。

油そばは、油脂をとる覚悟で食べるべし!

麺はもちろん”極太麺”

商品名に偽りなしの、うどんのような太さの中華麺です。

油そばの作り方

  1. タレを温める
  2. めんをゆでる(7~8分)
  3. めんを盛る
  4. できあがり

ラー油とお酢は自分で用意!

卵黄を入れるとまろやかになりますが、これは全卵をいれるお店もありますよ。

下準備1:トッピングの用意

ラー油などの調味料の他に、トッピングをする場合は前もって用意しておくのがおすすめ。

今回の油そばは茹で時間が7~8分と長いので、その間に準備しても良いですね。

はちこは自家製チャーシュー、こねぎ、メンマ、味玉をトッピングしていきます。

大勝軒のレシピなら本格的チャーシューが簡単に↓

大勝軒のレシピで自作チャーシュー|作り方簡単でプロの味!アレンジ方法も紹介
つけ麺で有名な【東池袋 大勝軒】のレシピを参考に、自家製チャーシューを作ってみました。大勝軒は八王子にもあるラーメン店です。少ない材料で、簡単においしく出来ちゃいます!ぜひお試しを♪

1:タレを温める

どんぶりにお湯を入れて、タレの袋を温めます。

タレの袋は直火にかけたお鍋の中に入れるのは厳禁。

器を温める目的もあるので、しっかりどんぶりの中で温めていきます。

固まった脂が溶けるくらい温まったら、どんぶりのお湯を捨てます。

2:麺を7~8分茹でる

たっぷりのお湯を沸騰させ、麺をほぐしながら入れ、7~8分茹でます。

コシがある麺が好きな場合は、短めに茹でた方がいいですね。

3:盛り付ける

茹で上がった麺をよく湯切りしてから、温めておいたどんぶりに麺を入れ、あらかじめ用意してあったトッピングを盛りつけたら完成です。

普通のラー油ではなく、業務スーパーの食べるラー油をのせてみました。

食べるラー油@業務スーパー|値段が安い!桃屋とどう違う?
業務スーパーで食べるラー油を見つけました。 市販の食べるラー油の中でも、有名で美味しいのは、やっぱり桃屋だと思います。 でも、以外と高いし、油の量が多いですよね。 業務スーパーの棚で、この食べるラー油を見つけた時 ...

埼玉物産【極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】を食べてみよう

温めておいたタレをまわしかけて、まぜあわせてからいただきます!

麵もっちり!

はちことしては、マルちゃんの珍々亭 油そばより美味しく感じます!

にんにくが効いていることもあって、味がはっきりしているのもいいですね。

業務スーパーの食べるラー油は、桃屋のよりもパンチが効いているので、そんなにたくさん使わなくても辛みがしっかり出るんですよね。

それも良かった気がします。

辛いのが苦手でないなら、ラー油はしっかりきかせるのがおすすめですよ。

麺の量は130gで、マルちゃんのよりは少なめですが、しっかり噛んで食べる極太麺なので、食べ応えがあります。


埼玉物産としても、かなりの自信作のよう。

Twitterでも

外で700円とかで油そば食べるより、これ食べた方が絶対美味しい(もぼさん)

あまりにもおいしかったので、近くに住む姉にも買ってプレゼントしました(ピグレットのお友達さん)

といった声があがっています。

はちこも後ほど、Twitterで「美味しかった」と呟きたいと思いますよ✌

埼玉物産【極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】カロリーや原材料をチェック

【極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】1食分のカロリーは446キロカロリーです。

脂がどっさりに見えた割には、平均的なカロリーです。

銘店伝説シリーズの兎に角の油そばの700.5キロカロリーに比べたら、かなりカロリーは低めですね。

埼玉物産【極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】1食あたりの栄養成分

エネルギー(カロリー)446キロカロリー
たんぱく質12.2g
脂質7.6g
炭水化物(≒糖質)81.7g
食塩相当量5.4g

名称:なま中華麺

原材料名
めん:小麦粉、食塩、全卵粉、小麦たん白/酒精、かんすい、乳酸Na、加工デンプン
たれ:醤油、ラード、砂糖、ポーク風味調味料、粉末水飴、食塩、ガラスープ(チキン・ポーク)、でん粉、ごま油、にんにく、醸造酢、発酵調味料、生姜、唐辛子/調味料(アミノ酸など)、カラメル色素、ビタミンB1、D-キシロース、酸化防止剤(V.E.)

内容量:480g(めん 130g×3、たれ 30g×3)

製造者:埼玉物産株式会社

埼玉物産【極太麵とからむ特製醤油だれが濃厚すぎる油そば】後記

藤原製麺の【山頭火 本店のまかないラーメン あわせ】の記事を書く時に「タイトル長すぎ」と冒頭から文句を言っていたはちこでしたが、その上をいくチルド麺が出てきてしまいました!

店名や商品名は「検索しやすい日本語にする」「適度な長さにする」方がおすすめです。

お客さんは「この商品やお店はどんなかな?」と思った時に、どんな風に検索するかというと商品名や店名を入れます。

それが長かったり、入力しにくかったりすると、面倒になってしまうし、リアルな口コミでも広がりにくい(なぜなら名前を忘れるから)

ブロガーとしても、タイトルにはメーカー+商品名に、ちょっとした説明やアピールの言葉も入れたいので、ほどよい長さの方が助かります(笑)

埼玉物産のTwitterを調べている時に「いいね」をしておいたら、お返しに「いいね」をもらったので、消費者に密着しようとしている会社だと思い、読んでもらえるかはわかりませんが、ラストにこんな感想を入れてみました。

199円で3食入りだったら、リピするつもりでいるので、いろんなスーパーに出回ってくれると嬉しいです。

ではでは、ごちそうさまでした~♪

タイトルとURLをコピーしました